582件中 61 - 70件表示
  • フィル・カッツ

    フィル・カッツから見たアルコール依存症アルコール依存症

    カッツは長年に渡りアルコール依存症を患っていた。友人たちはカッツをアルコール中毒から助けようとしたが、それらは結局のところ全て拒絶された。そして、カッツは友人らに対して徐々に心を閉ざしていった。彼は飲酒運転で幾度か逮捕され、また、自宅よりもストリップクラブや安いモーテルで多くの時間を過ごすようになっていった1。フィル・カッツ フレッシュアイペディアより)

  • フィル・カッツ

    フィル・カッツから見た慢性アルコール中毒アルコール依存症

    2000年の4月14日に、彼はペパーミントシュナプスの空のボトルを握り締めたままの姿でホテルの一室で死体となって発見された。37歳であった。検死官のレポートでは、彼の死因は"慢性アルコール中毒により引き起こされた膵臓からの激しい出血"であるとされている。フィル・カッツ フレッシュアイペディアより)

  • 独立行政法人国立病院機構琉球病院

    独立行政法人国立病院機構琉球病院から見たアルコール依存症アルコール依存症

    統合失調症、うつ病患者等の治療やリハビリを行う一般病棟の他にアルコール依存症、認知症治療専門の病棟も存在する。独立行政法人国立病院機構琉球病院 フレッシュアイペディアより)

  • 道徳再武装

    道徳再武装から見たアルコール依存症アルコール依存症

    1935年には、アルコホーリクス・アノニマス(AA)と呼ばれる運動がビル・ウィルソンとDr Robert Smithらによって始められた。彼らは、MRAの前身であるオックスフォード・グループと医学的治療の組み合わせによって、アルコール依存症を克服した経験があった。アルコホーリクス・アノニマスという名称を採用する前は、"the alcoholic squadron of the Oxford Groups"(オックスフォード・グループのアルコール依存症部隊)と呼ばれていた。AAの12のステップの一部は、オックスフォード・グループの考え方に基づくものである。ただし、考え方の大きな変化も見られ、AAは「4つの絶対標準」を放棄し、「完璧ではなく進歩を」という原則を好んだ。AAは、「我々自身を超える力」("a power greater than ourselves")という標語とともに、多くのアルコール依存症患者に広がっていくこととなり、非キリスト教徒も加わった。オックスフォードグループやMRAと異なり、AAはアルコール依存症患者の克服支援に活動範囲を明確に限定した。また、AAは、あらゆる宗教、政党、その他組織から独立した運動であった。道徳再武装 フレッシュアイペディアより)

  • ジョン・ポラード

    ジョン・ポラードから見たアルコール依存症アルコール依存症

    5月に入って復帰できるほどに回復したが、6月23日に再び調教中の事故で足を骨折し、再び入院生活に逆戻りした。怪我の痛みと騎乗できない鬱憤を晴らすために酒浸りになり、アルコール依存症に陥ってしまった。ジョン・ポラード フレッシュアイペディアより)

  • スティグマ (ハンセン病)

    スティグマ (ハンセン病)から見たアル中アルコール依存症

    スティグマは、もともとはギリシアで奴隷・犯罪人・謀反人であることを示す焼き印・肉体上の「しるし」のことで、汚れた者・忌むべき者というマイナスイメージが肉体上に烙印されたものである。のちにカトリック教会では、十字架上で死んだキリストの五つの傷と同じものが聖人=カリスマにあらわれるということから、「聖痕」の意味に転化した。このような由来をもつため西欧では日常語として使われている。とくに学術用語としてはアーヴィング・ゴッフマン(Erving Goffman)が使った。彼によるとスティグマはスティグマを受ける個人をたいへん恥ずべき特性と考え、社会の同僚として受けるべき尊敬が否定され、その社会から受け入れない状態という。それには1)身体的変形 2)精神異常、投獄、麻薬常用、アル中、同性愛、失業、自殺企画、過激な政治運動などから推測される性格の異常3)民族、国家、社会の階級、宗教などにの特性がある。る。日本では大谷藤郎の「現代のスティグマ、ハンセン病・精神病・エイズ・難病の艱難」で知られるようになったが、ハンセン病に関しては古くは鶴崎澄則が記載している。スティグマ (ハンセン病) フレッシュアイペディアより)

  • マデレイン・レングル

    マデレイン・レングルから見たアルコール依存症アルコール依存症

    マデレイン・レングル・キャンプ(Madeleine L'Engle Camp)は1918年11月29日に生まれた。名前は曾祖母にちなんで付けられ、マド(Mado)と愛称された。母(同名)はピアニスト、父チャールズ・ワズワース・キャンプ(Charles Wadsworth Camp)は作家・批評家・海外特派員であった。彼は大戦中に吸ったマスタードガスのために肺を病んでいた(ただし2004年の「ザ・ニューヨーカー」誌で親類が主張したところによると、彼の肺病は戦傷ではなくアルコール中毒が原因である)。マデレイン・レングル フレッシュアイペディアより)

  • 奈良長女薬殺未遂事件

    奈良長女薬殺未遂事件から見たアルコール依存症アルコール依存症

    父親はアルコール依存症で、加害者はその父親から近親姦を受けていた。また、複数の男性からも性的虐待を受けていた。奈良長女薬殺未遂事件 フレッシュアイペディアより)

  • 末高信

    末高信から見たアルコール依存症アルコール依存症

    1945年(昭和20年)12月、SCAPによる軍人恩給禁止処分を検討する諮問機関として、厚生省保険局内に社会保険制度審議会が設置された。1946年(昭和21年)末までに500万人以上が復員、帰国した。当時、日本全体が意気消沈、混乱し、アルコール依存症、麻薬、犯罪などが蔓延していた。そのような終戦直後に医療費負担は厳しく、疾病が貧困に陥る最大の原因の一つとなっていた。さらに国民健康保険は一億八千万円もの赤字を抱えていた。末高信 フレッシュアイペディアより)

  • ジョン・デーリー

    ジョン・デーリーから見たアルコール依存症アルコール依存症

    ところが全英オープン優勝後、デーリーの私生活に数多くの波乱が訪れる。結婚と離婚を繰り返し(現在の妻は4人目)、アルコール依存症を患うなど、ゴルフに集中できないスランプ状態が長期間続いた。2004年2月、「ビュイック招待選手権」優勝で9年ぶりのツアー5勝目を挙げる。2008年からマックスフライとの契約が切れて、フリーとなっている。ジョン・デーリー フレッシュアイペディアより)

582件中 61 - 70件表示