864件中 71 - 80件表示
  • 極東学園天国

    極東学園天国から見たアルコール依存症アルコール依存症

    アルコール依存症の父親の家庭内暴力がトラウマになり、自身もアルコール依存症に陥って五色台学園に入学する。正義感が強く弱者の感情をよく理解でき、また自身も精神的な脆さを持ち合わせている。信号の転校以前から2年生のリーダー格だった。信号が来てからも周囲の信頼は変わらなかったが、考えの違いから時に信号に厳しい意見をすることもあった。有名な芸術家の血筋で、自身も画の才能を持つ。身長178センチ 体重59キロ A型。極東学園天国 フレッシュアイペディアより)

  • ラストタンゴ・イン・アカプルコ

    ラストタンゴ・イン・アカプルコから見たアルコール依存症アルコール依存症

    ジョーはアルコール依存症のために職を失う。生計を立てるためスージーは成り行きから売春に手を染める。若く美しいスージーは売れっ子となり、自分自身の「商品価値」を自覚していく。ある客からメキシコのアカプルコでの密会を持ちかけられ、了承したスージーはアカプルコに向かう。機内でスージーはハンサムな闘牛士ミゲールに出会った。ミゲールのアカプルコの別荘に招待され、二人は愛し合う。スージーは父親以外との行為で初めてオーガズムに達する。彼女を誘った「客」から、妻がお目付け役として同行したため、スージーと会えなくなった旨の連絡が入り、スージーとミゲールは心置きなく愛し合った。ラストタンゴ・イン・アカプルコ フレッシュアイペディアより)

  • ベンゾジアゼピン

    ベンゾジアゼピンから見たアルコール依存症アルコール依存症

    アルコール依存症、[1、不安、パニック、興奮、また不眠症のような様々な適応がある。一般的に経口投与される;しかしまた点滴、筋肉注射、直腸投与される。 一般的に、ベンゾジアゼピン系は、短期間において忍容性が良好で、幅広い症状に安全で有効な薬剤である。ベンゾジアゼピン フレッシュアイペディアより)

  • マイ・ビューティフル・ランドレット

    マイ・ビューティフル・ランドレットから見たアル中アルコール依存症

    アル中の父親と共にロンドンに住むパキスタン系のオマルは、イングランドも政治も好きではなかった。一方、ロンドンで成功する実業家の叔父ナーセルは、オマルの父親に頼まれ、コインランドリーの経営をオマルに任せるようになる。マイ・ビューティフル・ランドレット フレッシュアイペディアより)

  • マリマリゾンビ

    マリマリゾンビから見たアルコール依存症アルコール依存症

    マリに脳みそにチップを埋め込まれ、喋れるようになった犬。アル中。性欲だけは一人前。愛読書は週刊大衆。マリマリゾンビ フレッシュアイペディアより)

  • ジャンパー (小説)

    ジャンパー (小説)から見たアルコール依存症アルコール依存症

    普通の高校生であるデイヴィッドは、読書好きの目立たない青年だった。しかし、ある出来事をきっかけに、彼は自分が特殊な能力を持っていることを知る。この能力こそ、空間を瞬時に移動することができる「ジャンプ(瞬間移動)」と呼ばれるものだった。その後、彼はアルコール依存症の父がいる家を出て、ニューヨークに向かう。ジャンパー (小説) フレッシュアイペディアより)

  • 仙波龍英

    仙波龍英から見たアルコール依存症アルコール依存症

    その後も歌人として将来を嘱望されたが、次第に短歌から離れ、ホラー小説をメインジャンルに活動することになった。晩年はアルコール依存症に陥り、栄養失調で闘病生活に入っていた。2000年病没。仙波龍英 フレッシュアイペディアより)

  • 良純入道親王

    良純入道親王から見た酒乱アルコール依存症

    元和5年9月17日(1619年10月24日)16歳の時、満誉尊照を戒師として出家・得度を行って、良純と名乗る。ところが、寛永20年11月11日(1643年12月21日)に突如甲斐国天目山に配流される。理由としては寺務を巡る大衆との対立、酒乱による乱行、江戸幕府の朝廷および寺院への介入を非難する言辞を行った、待遇に不満、出家に不満等、諸説が伝わるが飾り物である門跡の地位への不満と江戸幕府からの圧迫に対する不満があったとする見方では一致している。後に甲府の興因寺(甲府市下積翠寺町)に移されて幽閉された。良純入道親王 フレッシュアイペディアより)

  • 交響曲第1番 (ポポーフ)

    交響曲第1番 (ポポーフ)から見たアルコール依存症アルコール依存症

    ポポーフは、1936年の災難を受けて、その後のソヴィエト政府からの呪詛を恐れるあまり、作曲様式を切り替えた。内面での葛藤やアルコール依存症の悪化に苦しみながらも5つの交響曲を書き上げたが、これらは初期の独創性を喪った妥協の産物と見なされている。交響曲第1番 (ポポーフ) フレッシュアイペディアより)

  • サマンサ・フォックス (ポルノ女優)

    サマンサ・フォックス (ポルノ女優)から見たアルコール依存症アルコール依存症

    1979年の映画『スワッピング/人妻 (Jack 'n' Jill)』と1980年の『This Lady Is a Tramp』で成人映画の最優秀主演女優賞を獲得した(いずれもヴィンセント監督作品)。ポルノ映画が1980年代にビデオに移行しはじめると、フォックスの細身でナチュラルな肉体は受け入れられなくなり、仕事は次第に減っていった。しかし彼女は肉体の人為的改造には否定的であった。ストレスからアルコール依存症にもなり、克服するには長い時間を要した。サマンサ・フォックス (ポルノ女優) フレッシュアイペディアより)

864件中 71 - 80件表示

「アルコール依存症」のニューストピックワード