66件中 11 - 20件表示
  • アルコール依存症

    アルコール依存症から見た吾妻ひでお

    吾妻ひでお -『失踪日記』では、自身のアルコール依存症を漫画で描写する。アルコール依存症 フレッシュアイペディアより)

  • アルコール依存症

    アルコール依存症から見た麻薬

    その他の鎮静催眠薬への依存、ゾルピデムやゾピクロン、麻薬や違法薬物などもアルコール依存症では一般的である。アルコール依存症 フレッシュアイペディアより)

  • アルコール依存症

    アルコール依存症から見た世界保健機関

    日本の飲酒人口は6,000万人程度と言われているが、このうちアルコール依存症の患者は230万人程度であると言われている。飲酒者の26人に1人がアルコール依存症という計算になり、精神疾患の中でも罹患率が高く、各人の性格や意志にかかわらず誰でもかかる可能性がある病気であるとも言える。なお、この230万人という人数はWHOの算出方法により割り出されたものである。2003年の精神科病院における「アルコール使用による精神及び行動の障害」による入院患者数は2,751人であった。アルコール依存症 フレッシュアイペディアより)

  • アルコール依存症

    アルコール依存症から見た企業

    フランスやスウェーデンなど複数の先進国においては、企業がアルコール飲料をテレビCMによって販売促進することを法律によって禁止している。アルコール依存症 フレッシュアイペディアより)

  • アルコール依存症

    アルコール依存症から見た妊娠

    妊娠中の母体と胎児は、胎盤とへその緒を通じて直接的につながっている。胎盤は一種のフィルターの役目を果たし有害物を遮断する機能を持つが、アルコールに関してはほぼ素通りしてしまう。このため、母体に取り込まれたアルコールは胎盤を通じて速やかに胎児にまで到達する。アルコール依存症 フレッシュアイペディアより)

  • アルコール依存症

    アルコール依存症から見たベンゾジアゼピン

    ベンゾジアゼピンは、急性アルコール離脱の管理に有用な一方、長期的に使用した場合はアルコール依存症を悪化させる。アルコール依存症に対して慢性的にベンゾジアゼピン系を処方した場合、服用していないケースよりもアルコール断絶を達成するための確率は低い。このクラスの薬は、一般的に不眠や不安の管理のためのアルコール依存症に処方されている。ベンゾジアゼピンまたは鎮静催眠薬が回復過程で投与された患者は、鎮静催眠薬を処方された後に再発する確率が高く、4倍以上であった。ベンゾジアゼピンの長期的服用者は急激な断薬をすべきではない。それは重度の不安とパニックが生じる可能性があり、アルコール乱用再発の危険因子であると知られている。6-12か月の減薬体制が、離脱強度を減少させ、最も成功しやすいことが判明している。アルコール依存症 フレッシュアイペディアより)

  • アルコール依存症

    アルコール依存症から見た鎮静催眠薬

    ベンゾジアゼピンは、急性アルコール離脱の管理に有用な一方、長期的に使用した場合はアルコール依存症を悪化させる。アルコール依存症に対して慢性的にベンゾジアゼピン系を処方した場合、服用していないケースよりもアルコール断絶を達成するための確率は低い。このクラスの薬は、一般的に不眠や不安の管理のためのアルコール依存症に処方されている。ベンゾジアゼピンまたは鎮静催眠薬が回復過程で投与された患者は、鎮静催眠薬を処方された後に再発する確率が高く、4倍以上であった。ベンゾジアゼピンの長期的服用者は急激な断薬をすべきではない。それは重度の不安とパニックが生じる可能性があり、アルコール乱用再発の危険因子であると知られている。6-12か月の減薬体制が、離脱強度を減少させ、最も成功しやすいことが判明している。アルコール依存症 フレッシュアイペディアより)

  • アルコール依存症

    アルコール依存症から見た精神疾患

    アルコール依存症(アルコールいそんしょう、アルコールいぞんしょう)とは、薬物依存症の一種で、飲酒などアルコール(特にエタノール)の摂取(以下「飲酒」とする)によって得られる精神的、肉体的な薬理作用に強く囚われ、自らの意思で飲酒行動をコントロールできなくなり、強迫的に飲酒行為を繰り返す精神疾患である。患者は、アルコールによって自らの身体を壊してしまうのを始め、家族に迷惑をかけたり、様々な事件や事故・問題を引き起こしたりして社会的・人間的信用を失ったりすることがある。アルコール依存症 フレッシュアイペディアより)

  • アルコール依存症

    アルコール依存症から見た膵炎

    膵臓の炎症で、慢性膵炎の約半数がアルコール性のものと言われている。腹部や背中の痛み、発熱等の症状。急性膵炎や慢性膵炎の急性増悪では、落命することもある。アルコール依存症 フレッシュアイペディアより)

  • アルコール依存症

    アルコール依存症から見た幻覚

    被害的内容の幻聴を主とする幻覚が、飲酒中止時や大量飲酒時に急性・亜急性に出現する。飲酒を中止することで、数週間以内に消失することが多い。幻覚により殺人に至るケースも起きている。アルコール依存症 フレッシュアイペディアより)

66件中 11 - 20件表示

「アルコール依存症」のニューストピックワード