66件中 21 - 30件表示
  • アルコール依存症

    アルコール依存症から見たアルコール

    アルコール依存症(アルコールいそんしょう、アルコールいぞんしょう)とは、薬物依存症の一種で、飲酒などアルコール(特にエタノール)の摂取(以下「飲酒」とする)によって得られる精神的、肉体的な薬理作用に強く囚われ、自らの意思で飲酒行動をコントロールできなくなり、強迫的に飲酒行為を繰り返す精神疾患である。患者は、アルコールによって自らの身体を壊してしまうのを始め、家族に迷惑をかけたり、様々な事件や事故・問題を引き起こしたりして社会的・人間的信用を失ったりすることがある。アルコール依存症 フレッシュアイペディアより)

  • アルコール依存症

    アルコール依存症から見たサイアミン

    サイアミン(ビタミンB1)の欠乏によって発症する疾患で、急性症状をウェルニッケ脳症(アルコール性脳症)、慢性状態をコルサコフ症候群という。ウェルニッケ脳症は可逆的で数週間以内に自然に消失することがあるが、コルサコフ症候群に進展すれば80パーセントが回復しないが、生命の危険は少ない。意識障害、外眼筋麻痺、記憶力障害、小脳失調、失見当識(場所や時間が分からなくなる)の症状がでる。コルサコフ症候群では記憶障害の結果として、記憶の不確かな部分を作話で補おうとすることが知られる。サイアミン投与が有効である。アルコール依存症 フレッシュアイペディアより)

  • アルコール依存症

    アルコール依存症から見たベンゾジアゼピン離脱症候群

    アルコール依存はその他の向精神薬中毒治療が必要なことがある。患者に最も多く共通した依存はベンゾジアゼピン依存症であり、研究では10-20パーセントのアルコール依存患者がベンゾジアゼピン乱用であった。ベンゾジアゼピンはアルコールへの欲求を増加させ、量を増やさせる。ベンゾジアゼピン依存はベンゾジアゼピン離脱症候群やその他の健康問題を避けるために注意深く減薬を行う必要がある。アルコール依存症 フレッシュアイペディアより)

  • アルコール依存症

    アルコール依存症から見た小脳

    文字通り小脳がアルコールの影響で変性することで発症する。歩行障害など下肢の失調が起こる。アルコール依存症 フレッシュアイペディアより)

  • アルコール依存症

    アルコール依存症から見た共依存

    さらに、アルコール依存症者の配偶者などには、アルコール依存症者に必要とされることを必要とする共依存(co-dependency)の状態に陥っている人もいる。そのため、アルコール依存症者本人以外の家族も問題となっている可能性もあり、アルコール依存症者本人の治療だけでなく、その配偶者などに対しても正しいカウンセリングなどが必要となるケースもある。アルコール依存症 フレッシュアイペディアより)

  • アルコール依存症

    アルコール依存症から見た失調

    文字通り小脳がアルコールの影響で変性することで発症する。歩行障害など下肢の失調が起こる。アルコール依存症 フレッシュアイペディアより)

  • アルコール依存症

    アルコール依存症から見た妄想

    ニコチン酸(ナイアシン)の欠乏によって発症する。幻覚・妄想やせん妄の症状がでる。アルコール依存症 フレッシュアイペディアより)

  • アルコール依存症

    アルコール依存症から見た眼筋麻痺

    サイアミン(ビタミンB1)の欠乏によって発症する疾患で、急性症状をウェルニッケ脳症(アルコール性脳症)、慢性状態をコルサコフ症候群という。ウェルニッケ脳症は可逆的で数週間以内に自然に消失することがあるが、コルサコフ症候群に進展すれば80パーセントが回復しないが、生命の危険は少ない。意識障害、外眼筋麻痺、記憶力障害、小脳失調、失見当識(場所や時間が分からなくなる)の症状がでる。コルサコフ症候群では記憶障害の結果として、記憶の不確かな部分を作話で補おうとすることが知られる。サイアミン投与が有効である。アルコール依存症 フレッシュアイペディアより)

  • アルコール依存症

    アルコール依存症から見た大脳皮質

    アルコール自体が痴呆の原因となりうるのかは今のところ不明。ただし、臨床的にはアルコール摂取が背景になっていると見られる痴呆が確かに存在する。画像検査では、脳室系の拡大と大脳皮質の萎縮が見られる。アルコール依存症 フレッシュアイペディアより)

  • アルコール依存症

    アルコール依存症から見た胎児性アルコール症候群

    母親がアルコール依存症で妊娠中も飲酒を繰り返した場合、胎児は先天異常をもつ胎児性アルコール症候群(FAS)として生まれてくる危険性が高まる。アルコール依存症の母親から生まれた子の約40パーセントがFASになってしまう。父親がアルコール依存症の場合も母親による影響ほど大きくはないが、胎児に障害が出る事例が報告されている。FASの発症頻度は、アメリカで分娩1千回あたり1例、日本では分娩1万回あたり1例と報告されているが、日本では医師の間でさえもFASの認識が極めて低いので多くの暗数があると考えられ、実際にはアメリカと同程度の発症率であると思われる。アルコール依存症 フレッシュアイペディアより)

66件中 21 - 30件表示

「アルコール依存症」のニューストピックワード