102件中 21 - 30件表示
  • アルコール依存症

    アルコール依存症から見た膵炎

    膵臓の炎症で、慢性膵炎の約半数がアルコール性のものと言われている。腹部や背中の痛み、発熱等の症状。急性膵炎や慢性膵炎の急性増悪では、落命することもある。アルコール依存症 フレッシュアイペディアより)

  • アルコール依存症

    アルコール依存症から見た幻覚

    被害的内容の幻聴を主とする幻覚が、飲酒中止時や大量飲酒時に急性・亜急性に出現する。飲酒を中止することで、数週間以内に消失することが多い。幻覚により殺人に至るケースも起きている。アルコール依存症 フレッシュアイペディアより)

  • アルコール依存症

    アルコール依存症から見たサイアミン

    サイアミン(ビタミンB1)の欠乏によって発症する疾患で、急性症状をウェルニッケ脳症(アルコール性脳症)、慢性状態をコルサコフ症候群という。ウェルニッケ脳症は可逆的で数週間以内に自然に消失することがあるが、コルサコフ症候群に進展すれば80パーセントが回復しないが、生命の危険は少ない。意識障害、外眼筋麻痺、記憶力障害、小脳失調、失見当識(場所や時間が分からなくなる)の症状がでる。コルサコフ症候群では記憶障害の結果として、記憶の不確かな部分を作話で補おうとすることが知られる。サイアミン投与が有効である。アルコール依存症 フレッシュアイペディアより)

  • アルコール依存症

    アルコール依存症から見たジスルフィラム

    またNICEは、中重度のアルコール依存の場合は、離脱後にアカンプロサートもしくはナルトレキソンの投薬と、個人精神療法(認知行動療法、行動療法、社会ネットワーク・環境ベース療法)を組み合わせるとしている。ジスルフィラムはそれら薬物のセカンドラインとして提案している。アルコール依存症 フレッシュアイペディアより)

  • アルコール依存症

    アルコール依存症から見た認知行動療法

    英国国立医療技術評価機構 (NICE) は、軽度のアルコール依存の場合は心理療法を提供する。その場合は、認知行動療法では週1回60分のセッションを12週、行動療法では週1回60分のセッションを12週行うとされる。アルコール依存症 フレッシュアイペディアより)

  • アルコール依存症

    アルコール依存症から見た心理療法

    英国国立医療技術評価機構 (NICE) は、軽度のアルコール依存の場合は心理療法を提供する。その場合は、認知行動療法では週1回60分のセッションを12週、行動療法では週1回60分のセッションを12週行うとされる。アルコール依存症 フレッシュアイペディアより)

  • アルコール依存症

    アルコール依存症から見た精神疾患

    飲酒による問題行動により、その家族は常にストレスに苛まれることになる。家族は常に飲酒をやめさせることばかり考えるようになり、家族まで精神疾患を罹患してしまうケースも少なくない。家族との信頼関係の亀裂に始まり、別居や離婚へと発展して家族が崩壊する原因となったりする。アルコール依存症 フレッシュアイペディアより)

  • アルコール依存症

    アルコール依存症から見た小脳

    文字通り小脳がアルコールの影響で変性することで発症する。歩行障害など下肢の失調が起こる。アルコール依存症 フレッシュアイペディアより)

  • アルコール依存症

    アルコール依存症から見た共依存

    さらに、アルコール依存症者の配偶者などには、アルコール依存症者に必要とされることを必要とする共依存 (co-dependency) の状態に陥っている人もいる。そのため、アルコール依存症者本人以外の家族も問題となっている可能性もあり、アルコール依存症者本人の治療だけでなく、その配偶者などに対しても正しいカウンセリングなどが必要となるケースもある。アルコール依存症 フレッシュアイペディアより)

  • アルコール依存症

    アルコール依存症から見た妄想

    ニコチン酸(ナイアシン)の欠乏によって発症する。幻覚・妄想やせん妄の症状がでる。アルコール依存症 フレッシュアイペディアより)

102件中 21 - 30件表示

「アルコール依存症」のニューストピックワード