102件中 71 - 80件表示
  • アルコール依存症

    アルコール依存症から見たスウェーデン

    フランスやスウェーデンなど複数の先進国においては、企業がアルコール飲料をテレビCMによって販売促進することを法律によって禁止している。北欧諸国では、アルコールは国営企業による専売制である。なお酒類の自動販売機は日本にしか存在しない。アルコール依存症 フレッシュアイペディアより)

  • アルコール依存症

    アルコール依存症から見た専売制

    フランスやスウェーデンなど複数の先進国においては、企業がアルコール飲料をテレビCMによって販売促進することを法律によって禁止している。北欧諸国では、アルコールは国営企業による専売制である。なお酒類の自動販売機は日本にしか存在しない。アルコール依存症 フレッシュアイペディアより)

  • アルコール依存症

    アルコール依存症から見た嗜癖

    アダルトチルドレン(AC、Adult Children of Alcoholics アルコール依存症の親のもとで育ち、成人した人々)の語源となっているように、アルコール依存症者のいる家庭での家族に与える影響は多大なものであり、特に親から子へアルコール依存などの嗜癖問題が世代間で伝播する現象がよく見られる。そのため、アルコール依存症は患者本人だけの問題ではなく、家族全体を巻き込み、特に機能不全家族の形成を助長する。アルコール依存症 フレッシュアイペディアより)

  • アルコール依存症

    アルコール依存症から見た精神保健福祉センター

    精神科において自助グループへの参加を奨励すると共に、抗酒剤の使用により、アルコール摂取を禁止し治療を進める病院が多い。地元の都道府県の精神保健福祉センターや最寄りの保健所ではアルコール依存症に関する無料相談を受けており、専門の病院を紹介することもある。アルコール依存症 フレッシュアイペディアより)

  • アルコール依存症

    アルコール依存症から見た抗てんかん薬

    ゾニサミド - 抗てんかん薬、パーキンソン病治療薬。海外で有効性が報告されている。日本ではアルコール依存症を適応として持たない。アルコール依存症 フレッシュアイペディアより)

  • アルコール依存症

    アルコール依存症から見たドーパミン

    アルコール依存からの離脱は、適切な管理を伴わなければ、バルビツール酸系やベンゾジアゼピン系といった催眠鎮静薬と同様、致命的となる可能性がある。アルコールの主な作用は、GABAA受容体への刺激を増加させ、中枢神経の抑制を促すことである。アルコールの大量消費を繰り返すとこの受容体は感度が減少し、また数が減る。そのために薬物耐性と身体依存が起こる。アルコールを急速に断酒すると、中枢神経系はシナプス発火のコントロールを失う。これによって不安、致命的な発作、振戦、せん妄、幻覚、心不全などをまねく。その他の中枢神経系では、主にドーパミン、NMDA、グルタミン酸が関係している。アルコール依存症 フレッシュアイペディアより)

  • アルコール依存症

    アルコール依存症から見たロラゼパム

    急性期のアルコール離脱症候群の管理には、ベンゾジアゼピン(クロルジアゼポキシドやジアゼパム)、カルバマゼピンが用いられる。NICEはクロメチアゾールも選択肢の一つであるが、入院患者に限って注意深く使用すべきであり、乱用リスクがあるため外来では処方してはならないとしている。振戦せん妄の管理には、ロラゼパムが第一選択肢である。抗精神病薬は、精神病症状が出ている期間に限って使用できる。アルコール依存症 フレッシュアイペディアより)

  • アルコール依存症

    アルコール依存症から見たアセトアルデヒド脱水素酵素

    アセトアルデヒドデヒドロゲナーゼ(アセトアルデヒド脱水素酵素)の働きを阻害する薬品で、服用すると飲酒時に血中のアセトアルデヒド濃度が高まるため、不快感で多量の飲酒ができなくなる。つまり「少量の飲酒で悪酔いさせる薬」であり、「飲酒欲求そのものを抑える薬ではない」。抗酒剤を飲んで大量飲酒をすると命にかかわる危険があるため、医師の指導の下、本人への充分な説明と断酒の決意を行った上での服用が必須である。アルコール依存者に知られぬよう密かに投与するようなことは厳禁である。アルコール依存症 フレッシュアイペディアより)

  • アルコール依存症

    アルコール依存症から見たNMDA

    アルコール依存からの離脱は、適切な管理を伴わなければ、バルビツール酸系やベンゾジアゼピン系といった催眠鎮静薬と同様、致命的となる可能性がある。アルコールの主な作用は、GABAA受容体への刺激を増加させ、中枢神経の抑制を促すことである。アルコールの大量消費を繰り返すとこの受容体は感度が減少し、また数が減る。そのために薬物耐性と身体依存が起こる。アルコールを急速に断酒すると、中枢神経系はシナプス発火のコントロールを失う。これによって不安、致命的な発作、振戦、せん妄、幻覚、心不全などをまねく。その他の中枢神経系では、主にドーパミン、NMDA、グルタミン酸が関係している。アルコール依存症 フレッシュアイペディアより)

  • アルコール依存症

    アルコール依存症から見たチアミン

    ウェルニッケ脳症防止のため、チアミン100mgを毎日摂取する。アルコール依存症 フレッシュアイペディアより)

102件中 71 - 80件表示

「アルコール依存症」のニューストピックワード