前へ 1 2 3 4 5 6
55件中 1 - 10件表示
  • ウィアトン (ウェストバージニア州)

    ウィアトン (ウェストバージニア州)から見たアルセロール・ミッタルアルセロール・ミッタル

    ウィアトンはスチューベンビルと同様、鉄鋼の街として20世紀前半まで栄えたが、後半に入ると鉄鋼依存が災いして衰退した歴史を持っている。しかし、スチューベンビルが1786年に建てられたスチューベン砦を起源とし、1797年に創設された、長い歴史を持つ都市であるのとは対照的に、ウィアトンは20世紀初頭にウィアトン・スチール(現アルセロール・ミッタル傘下)の企業城下町として急速に市街化し、1947年に市として正式に法人化された、比較的若い都市である。ウィアトン (ウェストバージニア州) フレッシュアイペディアより)

  • ビスカヤ高炉

    ビスカヤ高炉から見たアルセロール・ミッタルアルセロール・ミッタル

    ビスカヤ高炉(, 略称AHV)は、スペイン・バスク自治州ビスカヤ県ビルバオに本社を置いていた鉄鋼メーカー。1902年、ビルバオ高炉製鉄、ビスカヤ金属工業、イベリア株式会社が合併して設立された。20世紀の何十年かに渡ってスペイン最大の企業だった。アルセロール・ミッタルの前身の企業のひとつである。ビスカヤ高炉 フレッシュアイペディアより)

  • アルセロール

    アルセロールから見たアルセロール・ミッタルアルセロール・ミッタル

    アルセロール (Arcelor) は、ルクセンブルクに本社を置く鉄鋼メーカーである。2006年にミッタル・スチールによる敵対的買収により、アルセロール・ミッタルになっている。ユーロネクストのコードは、LORを使っていた。アルセロール フレッシュアイペディアより)

  • アルセロール・ミッタル・オービット

    アルセロール・ミッタル・オービットから見たアルセロール・ミッタルアルセロール・ミッタル

    この事業には1910万ポンドかかったと考えられており、うち1600万ポンドはイギリス第一の富豪である鉄鋼王、すなわちアルセロール・ミッタル会長のラクシュミー・ミッタルによるもので、残りの310万ポンドはによるものである。この作品の公式名『アルセロール・ミッタル・オービット』は、カプーアとバルモンドのデザインに付けられた仮題『オービット』に、主たる後援者の名をつなげたものである。アルセロール・ミッタル・オービット フレッシュアイペディアより)

  • 新日鐵住金

    新日鐵住金から見たアルセロール・ミッタルアルセロール・ミッタル

    粗鋼生産量において日本国内最大手、世界ではアルセロール・ミッタル(ルクセンブルク)、河北鋼鉄(中国)に次ぐ第3位の規模を持つ。新日鐵住金 フレッシュアイペディアより)

  • アルセロールミッタル

    アルセロールミッタルから見たアルセロール・ミッタルアルセロール・ミッタル

    アルセロールミッタル フレッシュアイペディアより)

  • アルセロールミタル

    アルセロールミタルから見たアルセロール・ミッタルアルセロール・ミッタル

    アルセロールミタル フレッシュアイペディアより)

  • アルセロール・ミタル

    アルセロール・ミタルから見たアルセロール・ミッタルアルセロール・ミッタル

    アルセロール・ミタル フレッシュアイペディアより)

  • 欧州連合の外交

    欧州連合の外交から見たアルセロール・ミッタルアルセロール・ミッタル

    2006年にはインド系資本のミッタル・スチールがルクセンブルクに本社を置くアルセロールの買収を模索していたことが話題となった。ミッタルの動きに対してフランスとルクセンブルクの両国政府は反対を唱えたが、欧州委員会は市場競争の観点のみで判断を下し、アルセロール・ミッタルの統合を認めた。欧州連合の外交 フレッシュアイペディアより)

  • イェケパ

    イェケパから見たアルセロール・ミッタルアルセロール・ミッタル

    内戦終結後、アルセロール・ミッタル社がこの鉱山の再開発を決定し、多くの議論の後2007年5月に再開発をスタートさせた。イェケパ フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6
55件中 1 - 10件表示

「アルセロール・ミタル」のニューストピックワード