41件中 11 - 20件表示
  • イェケパ

    イェケパから見たアルセロール・ミッタルアルセロール・ミッタル

    内戦終結後、アルセロール・ミッタル社がこの鉱山の再開発を決定し、多くの議論の後2007年5月に再開発をスタートさせた。イェケパ フレッシュアイペディアより)

  • プリイェドル

    プリイェドルから見たアルセロール・ミッタルアルセロール・ミッタル

    プリイェドルには世界最大の鉄鋼メーカーアルセロール・ミッタルのボスニア・ヘルツェゴビナ本部がある他、酸化鉄の顔料を製造する化学メーカーのフェロックス(Ferrox)やボスニアを代表する鉄鋼メーカーで貯水場、機械生産設備、プラント類を手がけるボスナモンタザ(BosnaMontaza AD)が立地する。他にクロアチアの食品メーカーであるクラシュ(Kraš)は、ボスニア・ヘルツェゴビナでも最大規模の工場をプリイェドルに有し、ミラ(MIRA)やクラシュ(Kraš)のブランド名で菓子類を製造している。プリイェドルチャンカはボスニアを代表するラキアのブランドの一つで、セルビアやクロアチアなどでも扱われている。セルパク・プリェドル(Celpak Prijedor)もまた大きな企業の一つで、紙類やセルロースが輸出されている。プリイェドルでは果物や園芸品の生産、畜産、それらを基にした食品加工業が盛んである。サニチャニ湖(Saničani)では南ヨーロッパでは商業的には最大規模の魚の養殖が行われている。プリイェドル フレッシュアイペディアより)

  • セヴェルスターリ

    セヴェルスターリから見たアルセロール・ミッタルアルセロール・ミッタル

    2006年には西欧の鉄鋼企業であるアルセロールとの合併の話はあったが、これは実らず、アルセロールはインドのミッタル・スチールと合併して、アルセロール・ミッタルとなった。セヴェルスターリ フレッシュアイペディアより)

  • エシュ=シュル=アルゼット

    エシュ=シュル=アルゼットから見たアルセロール・ミッタルアルセロール・ミッタル

    現在、市鉄鋼産業有数の雇用主の一つは、アルセロール・ミッタルである。エシュ=シュル=アルゼット フレッシュアイペディアより)

  • グラヴリーヌ原子力発電所

    グラヴリーヌ原子力発電所から見たアルセロール・ミッタルアルセロール・ミッタル

    1974年3月5日、ピエール・メスメル内閣は90万kW級加圧水型原子炉12基の建設計画を承認する。これに基づきグラヴリーヌには4基の建設が認められ、発電所の建設は1974年5月から始まる。1980年3月に1号機の試運転が開始される。立地条件として、冷却水の確保が容易な沿岸部でなおかつ強い潮流が期待でき、電力の輸出を念頭にイギリスやドイツに近く、鉄鋼のアルセロール社やアルミニウム精錬のアルキャン社などの大企業の工場が近傍にあり、工業用および人口密集地の需要に応え、地震の危険性が低いと判断されたからであった。グラヴリーヌ原子力発電所 フレッシュアイペディアより)

  • 武漢鋼鉄

    武漢鋼鉄から見たアルセロールミタルアルセロール・ミッタル

    イギリスの金属情報誌によれば、グループの2009年の粗鋼生産量は3034万トンであり、アルセロールミタル・河北鋼鉄集団・宝鋼集団に次いで世界第4位、中国国内では第3位の規模を持つ。武漢鋼鉄 フレッシュアイペディアより)

  • FKルダル・プリイェドル

    FKルダル・プリイェドルから見たアルセロール・ミッタルアルセロール・ミッタル

    FKルダル・プリイェドル(Fudbalski klub Rudar Prijedor)は、ボスニア・ヘルツェゴビナ、プリイェドルを本拠地とするサッカークラブ。アルセロール・ミッタルの現地法人がメインスポンサーとなっている。FKルダル・プリイェドル フレッシュアイペディアより)

  • フラビオ・ブリアトーレ

    フラビオ・ブリアトーレから見たアルセロール・ミッタルアルセロール・ミッタル

    また、2007年11月にイングランドのサッカークラブであるクイーンズ・パーク・レンジャーズをバーニー・エクレストンと共に買収した。同年12月にアルセロール・ミッタルCEOのラクシュミー・ミッタルを共同オーナーに迎えたが、引き続き同クラブの会長を務めている。フラビオ・ブリアトーレ フレッシュアイペディアより)

  • 欧州連合の外交

    欧州連合の外交から見たアルセロール・ミッタルアルセロール・ミッタル

    2006年にはインド系資本のミッタル・スチールがルクセンブルクに本社を置くアルセロールの買収を模索していたことが話題となった。ミッタルの動きに対してフランスとルクセンブルクの両国政府は反対を唱えたが、欧州委員会は市場競争の観点のみで判断を下し、アルセロール・ミッタルの統合を認めた。欧州連合の外交 フレッシュアイペディアより)

  • 現代の世界の一体化

    現代の世界の一体化から見たアルセロール・ミッタルアルセロール・ミッタル

    また、中央アジアや東欧で破綻していった鉄鋼会社を次々と買収していったインドのミタルグループは、ルクセンブルクのアルセロールと合併し、アルセロール・ミタル)が誕生するなど、従来の常識では考えられない企業の発展が見受けられるようになった。インドは1991年には外貨危機を経験したものの、2003年には世界4位の外貨準備を持つ国に変貌した。現代の世界の一体化 フレッシュアイペディアより)

41件中 11 - 20件表示

「アルセロール・ミタル」のニューストピックワード