55件中 21 - 30件表示
  • プリイェドル

    プリイェドルから見たアルセロール・ミッタルアルセロール・ミッタル

    プリイェドルには世界最大の鉄鋼メーカーアルセロール・ミッタルのボスニア・ヘルツェゴビナ本部がある他、酸化鉄の顔料を製造する化学メーカーのフェロックス (Ferrox) やボスニアを代表する鉄鋼メーカーで貯水場、機械生産設備、プラント類を手がけるボスナモンタザ (BosnaMontaza AD) が立地する。他にクロアチアの食品メーカーであるクラシュ (Kraš) は、ボスニア・ヘルツェゴビナでも最大規模の工場をプリイェドルに有し、ミラ (MIRA) やクラシュ (Kraš) のブランド名で菓子類を製造している。プリイェドルチャンカはボスニアを代表するラキアのブランドの一つで、セルビアやクロアチアなどでも扱われている。セルパク・プリェドル (Celpak Prijedor) もまた大きな企業の一つで、紙類やセルロースが輸出されている。プリイェドルでは果物や園芸品の生産、畜産、それらを基にした食品加工業が盛んである。サニチャニ湖 (Saničani) では南ヨーロッパでは商業的には最大規模の魚の養殖が行われている。プリイェドル フレッシュアイペディアより)

  • フラビオ・ブリアトーレ

    フラビオ・ブリアトーレから見たアルセロール・ミッタルアルセロール・ミッタル

    2007年11月にイングランドのサッカークラブであるクイーンズ・パーク・レンジャーズFCをバーニー・エクレストンと共に買収した。同年12月にアルセロール・ミッタルCEOのラクシュミー・ミッタルを共同オーナーに迎えたが、引き続き同クラブの会長を務めた。フラビオ・ブリアトーレ フレッシュアイペディアより)

  • デグサ

    デグサから見たアルセロール・ミッタルアルセロール・ミッタル

    デグサ・ヒュルス(Degussa-Hüls AG)は、1998年にデグサ社(Degussa AG)とヒュルス社(Hüls AG)の合併した企業である。前者の歴史が長いためにデグサが通称である。2001年に電力会社VIAG の子会社SKW Trostberg AG と合併しエボニック・デグサとなった。2007年にE.ON、RWE、ティッセンクルップ、アルセロール・ミッタルの出資をともない、に吸収されてとなった。デグサ フレッシュアイペディアより)

  • アキュラ・TLX

    アキュラ・TLXから見たアルセロール・ミッタルアルセロール・ミッタル

    ボディはねじり剛性はTLより21%向上。ボディの52%を高張力鋼板とし、ドア開口部のワンピーススティフナーリング(2014MDXも同様)やボディの5%にはアルセロール・ミッタルのAl-Siめっきのホットスタンプボロン鋼USIBORを採用する。アキュラ・TLX フレッシュアイペディアより)

  • アイゼンヒュッテンシュタット

    アイゼンヒュッテンシュタットから見たアルセロール・ミッタルアルセロール・ミッタル

    以後、製鉄コンビナートである「東部製鉄コンビナート」( 通称:EKO 2017年現在はアルセロール・ミッタルグループの)の労働者のための住宅が整備されていき、式典が開催できる巨大広場・マギストラーレと呼ばれる大通り、7つの居住区、商業施設などが整備され、発展を遂げた。1960年代、この都市の労働者は優遇され、普通では10年は待たないと購入出来なかった大衆車・トラバントが5-6年で手に入り、自転車なども不足しなかったという。第二次大戦直後には人口わずか1,200人であった地域が、1988年には人口5万3千人を擁する工業都市になっていた。アイゼンヒュッテンシュタット フレッシュアイペディアより)

  • ブレーメン

    ブレーメンから見たアルセロール・ミッタルアルセロール・ミッタル

    造船および金属工業では21世紀にはいる頃から産業構造の変化が起きている。二大造船所のヴェーザー造船所とブレーマー・ヴルカン造船所をはじめとする多くの企業が生き残ることができなかった。ブレーメン製鋼所はアルセロール(2006年以降は アルセロール・ミッタル)に買収された。これに対して航空・宇宙産業では、ブレーメンは現在、その間接部門やハイテク研究部門の所在地となっている。約6,000人のきわめて優秀な人材が活発に研究を行うドイツ最大のテクノロジーパークが大学に設けられた。エアバス機の最終組み立て工程は、ブレーメンで行われている。EADSグループやOHBテクノロジー・グループの企業によって宇宙空間で使い勝手の良い研究室、推進ロケット、あるいは人工衛星システムのモジュールやその一部が制作されている。ラインメタルやアトラス・エレクトローニクは軍事用、民間用の電子技術開発をブレーメンで行っている。この他にゼーバルツブリュック地区にはメルセデスの工場やドイツ鉄道の大きな車両工場がある。ブレーメン フレッシュアイペディアより)

  • ゼニツァ

    ゼニツァから見たアルセロール・ミッタルアルセロール・ミッタル

    戦後、1945年鉄鋼業の発展によって町は急成長していく。労働者のための住宅が増加し、人口は急増した。1948年時点で12,000人であった人口は1961年には2倍以上の30,000人に増加し、1981年には63,000人へと増加している。ボスニア・ヘルツェゴビナ紛争前の最後の国勢調査である1991年時点での人口は96,027人であった。50年間でゼニツァは人口が6倍にも増加した。紛争前年の1991年に東ヨーロッパの国では最初の独立系民放ラジオ局Radio CD-CEMPが設立された。紛争時、他の地域からは多数のボシュニャク人が流入し、セルビア人はセルビア人支配地域に移って行き人口構成は変化している。今日、ゼニツァでは戦前の経済状態を取り戻すべく試みが行われている。南、中央ヨーロッパでは最大級の製鉄所は現在、民営化され世界最大の鉄鋼メーカーアルセロール・ミッタルの傘下に入っている。ゼニツァ フレッシュアイペディアより)

  • 湖南華菱鋼鉄集団

    湖南華菱鋼鉄集団から見たアルセロールミタルアルセロール・ミッタル

    傘下の湖南華菱鋼鉄股分有限公司(こなん-かりょう-こうてつ-こふんゆうげんこうし、略称「華菱鋼鉄」)は1999年4月29日成立の上場企業で、深圳証券取引所(コードは000932)に上場する。華菱集団が同社に対して33.92%出資するほか、世界最大手の鉄鋼メーカー・アルセロールミタル(中国語表記: )も33.02%出資する。湖南華菱鋼鉄集団 フレッシュアイペディアより)

  • 世界鉄鋼協会

    世界鉄鋼協会から見たアルセロール・ミッタルアルセロール・ミッタル

    2008年 - 2009年 : ラクシュミー・ミッタル (アルセロール・ミッタル)世界鉄鋼協会 フレッシュアイペディアより)

  • ベルギー国立銀行

    ベルギー国立銀行から見たアルセロール・ミッタルアルセロール・ミッタル

    1955年コックリル・ウーグレ(Cockerill-Ougrée、スラン工場とウーグレ・マリエの合同、現アルセロール・ミッタル)コンツェルンを引きつづき傘下におき、1957年ロスチャイルドをともないリオ・ティントをカナダへ進出させた。英米ドイツに対してはソルベーコンツェルンと出資により事業関係をもった。ソルベーは当時、アライド・ケミカル(現ハネウェル)の20%、インペリアル・ケミカル・インダストリーズの25%を支配し、またIG・ファルベンインドゥストリーとも結合していた。ベルギー国立銀行 フレッシュアイペディアより)

55件中 21 - 30件表示

「アルセロール・ミタル」のニューストピックワード