41件中 31 - 40件表示
  • オリッサ州

    オリッサ州から見たアルセロール・ミッタルアルセロール・ミッタル

    しかし、鉄鉱石を初めクロムや石炭などの鉱物資源が豊富に存在することが判明するやいなや、アルセロール・ミッタルなど大手製鉄企業が進出してきた。製鉄企業は100億ドル規模の投資を行い、製鉄所などの建設を進めている。オリッサ州 フレッシュアイペディアより)

  • ロッテルダム

    ロッテルダムから見たアルセロール・ミッタルアルセロール・ミッタル

    また世界的な大企業ミッタル・スチール(現:アルセロール・ミッタル)とユニリーバの本社がある。ロッテルダム フレッシュアイペディアより)

  • 新日本製鐵

    新日本製鐵から見たアルセロール・ミッタルアルセロール・ミッタル

    新日鉄は、高炉を構え、鉄鉱石を原料に銑鉄から鋼材までを一貫して製造する銑鋼一貫製鉄所を持つ「高炉メーカー」の一つである。鉄鋼業の指標となる粗鋼の生産量は年間2,750万トン(2009年度実績)で、日本国内ではシェア首位。イギリスの金属情報誌によれば、粗鋼の生産量は世界第6位(2009年時点)である。世界シェア首位のアルセロール・ミッタルとは粗鋼生産量でおよそ3倍の差があり、敵対的買収の脅威が高まっているとされているが、これに対し新日鉄では、同業や川下メーカー、商社との株式持ち合いや、日本国外の製鉄所建設を含めた増産計画などの対抗策を打ち出している。一方、国内シェアは2位のJFEスチールと拮抗するが、国内シェア3・4位の住友金属や神戸製鋼所と株式の持ち合いを進めるなど緩やかなグループ形成をしており、日本の鉄鋼業界は新日鉄とJFEの2系統にまとまったといえる。新日本製鐵 フレッシュアイペディアより)

  • 日本の経済

    日本の経済から見たアルセロール・ミッタルアルセロール・ミッタル

    2006年になり、インドのミッタル・スチールがルクセンブルクのアルセロールをTOBで統合し、アルセロール・ミッタル(世界首位、116.4百万トン)が設立され、生産規模の面で大きく水をあけられるようになった。さらに近年は中国・韓国メーカーが台頭し国内メーカーには危機感が広がっており、新日本製鐵と住友金属工業が2012年をめどに経営統合すると発表した。日本の経済 フレッシュアイペディアより)

  • スコピエ

    スコピエから見たアルセロール・ミッタルアルセロール・ミッタル

    2002年のスコピエの失業率は14.0%でマケドニア国内の19%に比べると低くなっている。2002年現在、おおよそ64,000の企業が市内にある。市では経済的な課題を解決するために、統合した経済特区に頼っている。浄化された工場、教育、観光開発、無関税経済地区で、スコピエ郊外のブナルズキ(Bunardzik)などに立地する。スコピエには多くの工場も立地する。もっとも重要な産業は金属加工、化学、繊維、印刷などの工業である。 スコピを拠点としている著名な企業にはアルセロール・ミッタル・スコピエ、オイル・ラフィネリ、タイタン・セメント工場、スコヴィン・ワイナリーなどが含まれる。スコピエ フレッシュアイペディアより)

  • 同族経営

    同族経営から見たアルセロール・ミッタルアルセロール・ミッタル

    アルセロール・ミッタル - 旧ミッタル・スチールが財閥家でもあるミッタル家によって経営。現在も4割強が財閥家によって握られており、創業者でミッタル社元会長のラクシュミー・ミッタルが共同会長に就任している。同族経営 フレッシュアイペディアより)

  • ルクセンブルク

    ルクセンブルクから見たアルセロール・ミッタルアルセロール・ミッタル

    かつてのルクセンブルクは大国に翻弄される貧しい農業国に過ぎなかったが、1960年代よりアルセロールに代表される鉄鋼業が経済を牽引し、経済大国の基礎を築いた。事実、前述のアルセロールは、鉄鋼業において世界首位の売り上げを誇る巨大企業に成長することになる。オイルショックを契機に低成長時代へ突入したが、産業構造の転換によって停滞期から抜け出すことに成功。現在では金融サービス業をはじめとする第三次産業がGDPの約80%を占めるようになった。特にインドに本拠地を置くミタルスチール社のアルセロール買収(2006年)は、同国における鉄鋼業の衰退を象徴する出来事と言えよう。とはいえ、合併後(アルセロール・ミッタル)も依然として同国に本社機能を置いている点では変わりはない。ルクセンブルク フレッシュアイペディアより)

  • ブレーメン

    ブレーメンから見たアルセロール・ミッタルアルセロール・ミッタル

    造船および金属工業では21世紀にはいる頃から産業構造の変化が起きている。二大造船所のヴェーザー造船所と ブレーマー・ヴルカン造船所をはじめとする多くの企業が生き残ることができなかった。ブレーメン製鋼所はアルセロール(2006年以降は アルセロール・ミッタル)に買収された。これに対して航空・宇宙産業では、ブレーメンは現在、その間接部門やハイテク研究部門の所在地となっている。約6,000人のきわめて優秀な人材が活発に研究を行うドイツ最大のテクノロジーパークが大学に設けられた。エアバス機の最終組み立て工程は、ブレーメンで行われている。EADSグループやOHBテクノロジー・グループの企業によって宇宙空間で使い勝手の良い研究室、推進ロケット、あるいは人工衛星システムのモジュールやその一部が制作されている。ラインメタルやアトラス・エレクトローニクは軍事用、民間用の電子技術開発をブレーメンで行っている。この他にゼーバルツブリュック地区にはメルセデスの工場やドイツ鉄道の大きな車両工場がある。ブレーメン フレッシュアイペディアより)

  • 三村明夫

    三村明夫から見たアルセロール・ミッタルアルセロール・ミッタル

    入社後、社内教育でハーバード大学へ留学し、1972年に同大学院ビジネススクールを卒業。大分製鐵所勤務などを経て、冷延鋼板輸出や営業総括、自動車用鋼板営業などあらゆる鉄鋼営業を経験した。早くから社長候補として期待され、2001年にはフランスの鉄鋼メーカー、ユジノール(現・アルセロール・ミッタル)との包括提携をまとめ上げて社長への道を拓いた。世界最大手の鉄鋼メーカーアルセロール・ミタルによる買収危機には、ソフトアライアンスと呼ばれる包括的提携(技術開発、資本業務提携など)を国内企業と結ぶことにより対抗した。三村明夫 フレッシュアイペディアより)

  • インドの財閥

    インドの財閥から見たアルセロール・ミッタルアルセロール・ミッタル

    アルセロール・ミッタル(旧アルセロール社とミッタル・スチール社が合併) - 世界最大の鉄鋼企業インドの財閥 フレッシュアイペディアより)

41件中 31 - 40件表示

「アルセロール・ミタル」のニューストピックワード