55件中 41 - 50件表示
  • グループ・ブリュッセル・ランバート

    グループ・ブリュッセル・ランバートから見たアルセロール・ミッタルアルセロール・ミッタル

    戦間期のパウル・ファン・ゼーラント内閣による銀商分離政策により、1934年12月28日にブリュッセル銀行からは投資銀行ブリュフィナ(Brufina)が独立していた。ブリュフィナは、親であるブリュッセル銀行だけでなくシュナイダーやベルギー総合会社と並びアーベッドの主要株主であった。ブリュッセル銀行とブリュフィナは、ローノワ伯爵(Comte de Launoit)の金融グループである。第一次世界大戦後に鉄鋼会社ウーグレ・マリエ(Ougrée-Marihaye)が4分割された。その一つのコフィナンデュス(Cofinindus)も同伯爵の手中にあった。また一つの製鉄業本体は新ウーグレ社と呼ばれ、主にブリュフィナとコフィナンデュスを通じて伯爵にコントロールされながら、1955年にジョン・コックリルと合同しコックリル・ウーグレとなった。これがやがてアーベッドなどと合同し、現在のアルセロール・ミッタルとなった。2014年に死亡したローノワ伯爵のジャン・ピエールは、GBL副会長とアクサ・ベルギー会長を務めた。グループ・ブリュッセル・ランバート フレッシュアイペディアより)

  • FKルダル・プリイェドル

    FKルダル・プリイェドルから見たアルセロール・ミッタルアルセロール・ミッタル

    フドバルスキ・クルブ・ルダル・プリイェドル()は、ボスニア・ヘルツェゴビナ、プリイェドルを本拠地とするサッカークラブ。アルセロール・ミッタルの現地法人がメインスポンサーとなっている。FKルダル・プリイェドル フレッシュアイペディアより)

  • オリッサ州

    オリッサ州から見たアルセロール・ミッタルアルセロール・ミッタル

    しかし、鉄鉱石を初めクロムや石炭などの鉱物資源が豊富に存在することが判明するやいなや、アルセロール・ミッタルや韓国最大の製鉄会社であるポスコなど大手製鉄企業が進出してきた。製鉄企業は100億ドル規模の投資を行い、製鉄所などの建設を進めている。鉱物資源に関連する産業の急速な発展に伴い、過去10年にわたって平均的GDP成長はおよそ8?9%は保たれている。オリッサ州 フレッシュアイペディアより)

  • 現代の世界の一体化

    現代の世界の一体化から見たアルセロール・ミッタルアルセロール・ミッタル

    また、中央アジアや東欧で破綻していった鉄鋼会社を次々と買収していったインドのミタルグループは、ルクセンブルクのアルセロールと合併し、アルセロール・ミタル)が誕生するなど、従来の常識では考えられない企業の発展が見受けられるようになった。インドは1991年には外貨危機を経験したものの、2003年には世界4位の外貨準備を持つ国に変貌した。現代の世界の一体化 フレッシュアイペディアより)

  • 川崎製鉄

    川崎製鉄から見たアルセロール・ミッタルアルセロール・ミッタル

    操業開始後も取引・資本関係を持ち、JFEグループの発足後も資本関係があったが、2005年に当時約10%保有していたツバロン製鉄の株式をすべてアルセロール(現・アルセロール・ミッタル)に売却したため資本関係が解消された。その後ツバロン製鉄はアルセロール・ミッタルのグループ会社となり、2007年にアルセロールミッタル・ツバロン (ArcelorMittal Tubarão) に社名を変更している。川崎製鉄 フレッシュアイペディアより)

  • スマラガ

    スマラガから見たアルセロール・ミッタルアルセロール・ミッタル

    1885年、フスト・アルティスによってラタンの枝編み細工工場ができた。彼は次々とバスケットの工場をつくった(1930年代まで存続)。スペイン内戦以後工業が優勢となり、新たに設置された製鉄工業のエステバン・オルベゴソ工場は1950年代には小さなスマラガの人口の大半が勤めるようになった。現在、スマラガ最大の工場はアルセロール・ミッタル・スマラガである(旧エステバン・オルベゴソ工場を統合)。スマラガ フレッシュアイペディアより)

  • 日仏関係

    日仏関係から見たアルセロール・ミッタルアルセロール・ミッタル

    2001年 - カルロス・ゴーン、日産自動車の社長兼最高経営責任者(CEO)に就任。両国間の製鉄会社協力として、新日本製鐵とユジノール(2002年からアルセロール、2006年からアルセロール・ミッタル)が技術提携を開始。日仏関係 フレッシュアイペディアより)

  • ルクセンブルク

    ルクセンブルクから見たアルセロール・ミッタルアルセロール・ミッタル

    2006年、インドに本拠地を置くミタルスチール社がアルセロールを買収した。この事件は国内鉄鋼業の衰退を象徴したが、しかし合併後(アルセロール・ミッタル)も依然として同国に本社を置いている。ルクセンブルク フレッシュアイペディアより)

  • 同族経営

    同族経営から見たアルセロール・ミッタルアルセロール・ミッタル

    アルセロール・ミッタル - 旧ミッタル・スチールが財閥家でもあるミッタル家によって経営。現在も4割強が財閥家によって握られており、創業者でミッタル社元会長のラクシュミー・ミッタルが共同会長に就任している。同族経営 フレッシュアイペディアより)

  • シュナイダーエレクトリック

    シュナイダーエレクトリックから見たアルセロール・ミッタルアルセロール・ミッタル

    1838年には機械工場を設置して国産第一号の蒸気機関車を製作した。翌年シャロン=シュル=ソーヌ造船所を吸収合併した。石炭採掘高は1837年の5800トンから1847年に10万トンへ躍進した。銑鉄は5000トンから1万8000トンに、錬鉄は2500トンから1万6000トンに、機械は1000トンから4500トンにそれぞれ生産量を増やした。1853年と1855年にクルーゾから約20km北方のクレオ(Créot)・メズネ(Mézenay)・シャンジュ(Change)の鉄鋼山を買収した。これらの鉱山は年間30万トンの鉄鉱石を供給した。この間1854年にフランス銀行へ理事を輩出した。1860年に英仏間に通商条約が結ばれて、自由競争に耐えうるよう資本集中が進んだ。1867年で工場敷地120ヘクタール、建坪20ヘクタールの規模であった。普仏戦争のころになると大砲や装甲鋼板などの兵器の生産を初め、一定の評価を得た。1879年ドイツのヴァンデルと共同出資によりトーマス製鋼法の特許を80万フランで買収し、ミネット鉱が豊富なロレーヌへ進出した。1882年ボルドー付近でジロンド造船所(Forges et Chantiers de la Gironde)の創立するときに巨額を出資、また1897年には地中海性鉄造船(Forges et Chantiers de la Méditerranée)を買収した。19世紀末には現在の事業の基盤となる重電機分野にも進出した。ベル・エポックにパリが国際金融市場としてもてはやされる中で、サンゴバンと並ぶ大企業となった。具体的にはテール・ルージュ(Terres Rouges)の製鉄所を支配してアーベッド(現アルセロール・ミッタル)株を保有するようになった。1919年、ユニオン・パリジェンヌと合弁の持株会社、ユニオン・ユロペンヌを介し、ドイツと東ヨーロッパへシュナイダー製品を輸出するようになった。後者についてはシュコダ財閥などに手広く利権を獲得していた。その後、大手グローバル電気グループのウェスティングハウス・エレクトリックと提携し、発電所を建設したり、電気機関車用電気モーターやその他電気装置を製造したりするようになった。シュナイダーエレクトリック フレッシュアイペディアより)

55件中 41 - 50件表示

「アルセロール・ミタル」のニューストピックワード