1 2 3 4 5 6 次へ
55件中 51 - 55件表示
  • 日本の経済

    日本の経済から見たアルセロール・ミッタルアルセロール・ミッタル

    2006年になり、インドのミッタル・スチールがルクセンブルクのアルセロールをTOBで統合し、アルセロール・ミッタル(世界首位、116.4百万トン)が設立され、生産規模の面で大きく水をあけられるようになった。さらに近年は中国メーカーの国主導での再編が進み、国内メーカーには危機感が広がっている。日本の経済 フレッシュアイペディアより)

  • スコピエ

    スコピエから見たアルセロール・ミッタルアルセロール・ミッタル

    2002年のスコピエの失業率は14.0%でマケドニア国内の19%に比べると低くなっている。2002年現在、おおよそ64,000の企業が市内にある。市では経済的な課題を解決するために、統合した経済特区に頼っている。浄化された工場、教育、観光開発、無関税経済地区で、スコピエ郊外のブナルズキ(Bunardzik)などに立地する。スコピエには多くの工場も立地する。もっとも重要な産業は金属加工、化学、繊維、印刷などの工業である。 スコピを拠点としている著名な企業にはアルセロール・ミッタル・スコピエ、オイル・ラフィネリ、タイタン・セメント工場、スコヴィン・ワイナリーなどが含まれる。スコピエ フレッシュアイペディアより)

  • JFEスチール

    JFEスチールから見たアルセロールミッタルアルセロール・ミッタル

    6月6日 - ブラジルの鉄鋼メーカー・ツバロン製鉄の株式をアルセロール(現・アルセロールミッタル)に売却。JFEスチール フレッシュアイペディアより)

  • 新日本製鐵

    新日本製鐵から見たアルセロール・ミッタルアルセロール・ミッタル

    新日鉄は、高炉を構え、鉄鉱石を原料に銑鉄から鋼材までを一貫して製造する銑鋼一貫製鉄所を持つ「高炉メーカー」の一つである。鉄鋼業の指標となる粗鋼の生産量は年間2,750万トン(2009年度実績)で、日本国内ではシェア首位。イギリスの金属情報誌によれば、粗鋼の生産量は世界第6位(2009年時点)である。世界シェア首位のアルセロール・ミッタルとは粗鋼生産量でおよそ3倍の差があり、敵対的買収の脅威が高まっているとされているが、これに対し新日鉄では、同業や川下メーカー、商社との株式持ち合いや、日本国外の製鉄所建設を含めた増産計画などの対抗策を打ち出している。一方、国内シェアは2位のJFEスチールと拮抗するが、国内シェア3・4位の住友金属や神戸製鋼所と株式の持ち合いを進めるなど緩やかなグループ形成をしている。新日本製鐵 フレッシュアイペディアより)

  • インドの財閥

    インドの財閥から見たアルセロール・ミッタルアルセロール・ミッタル

    アルセロール・ミッタル(旧アルセロール社とミッタル・スチール社が合併) - 世界最大の鉄鋼企業インドの財閥 フレッシュアイペディアより)

1 2 3 4 5 6 次へ
55件中 51 - 55件表示

「アルセロール・ミタル」のニューストピックワード