4213件中 91 - 100件表示
  • マルセロ・アルバレス

    マルセロ・アルバレスから見たアルゼンチンアルゼンチン

    マルセロ・アルバレス(Marcelo Álvarez、1962年2月27日 - )は、アルゼンチン出身のテノール歌手。リリコからスピントの役柄を歌うテノールとして、現在トップクラスの一人である。マルセロ・アルバレス フレッシュアイペディアより)

  • G4諸国

    G4諸国から見たアルゼンチンアルゼンチン

    G4の常任理事国入りに反対している国々は、コンセンサス連合を形成しており、主要な国としてイタリア、メキシコ、韓国、アルゼンチン、パキスタンがある。東アジアでは中国と韓国が日本に反対しており、ヨーロッパではイタリア、スペイン、オランダがドイツに反対している。南アメリカでは、アルゼンチン、コロンビア、メキシコがブラジルに反対しており、南アジアではパキスタンがインドに反対している。この際、いわゆる日本の戦争犯罪や、ドイツのホロコーストなどの歴史問題も、重要な争点になっている。G4諸国 フレッシュアイペディアより)

  • クイーン・エリザベス・ランド

    クイーン・エリザベス・ランドから見たアルゼンチンアルゼンチン

    この地域の領有を同様に主張するアルゼンチンは、この命名に反発を示している。クイーン・エリザベス・ランド フレッシュアイペディアより)

  • アメリカ大陸の脱植民地化

    アメリカ大陸の脱植民地化から見たアルゼンチンアルゼンチン

    南アメリカではシモン・ボリーバルとホセ・デ・サン・マルティンが独立闘争の最終段階を率いた。ボリバルはこの大陸のスペイン語圏を政治的に一つに纏めようとしたが、諸国は急速に他とは独立した形を取り、三国同盟戦争(パラグアイ対アルゼンチン・ブラジル・ウルグアイ)や太平洋戦争(チリ対ボリビア・ペルー)など幾つかの戦争が続いた。アメリカ大陸の脱植民地化 フレッシュアイペディアより)

  • ジョン・アレクサンダー (テニス選手)

    ジョン・アレクサンダー (テニス選手)から見たアルゼンチンアルゼンチン

    アレクサンダーはシングルスにおいても、全豪オープンで3度の準決勝進出がある。初の準決勝進出となった1974年全豪オープンでは第2シードのジミー・コナーズ(アメリカ)に6-7, 4-6, 4-6のストレートで敗れ、2度目の挑戦となった1977年全豪オープン (1月)では準々決勝で第3シードのアーサー・アッシュ(アメリカ)を6-3, 6-4, 4-6, 7-6のスコアで破る金星を挙げるものの、続く準決勝では第1シードのギレルモ・ビラス(アルゼンチン)に4-6, 6-1, 3-6, 4-6のスコアで敗れた。最後の準決勝進出となった1977年全豪オープン (12月)では準々決勝で当地の英雄である第4シードのケン・ローズウォールを7-6, 7-6, 4-6, 6-1のスコアで下しての進出であったが、またしても準決勝の壁を越えることは出来ず、第1シードのビタス・ゲルレイティス(アルゼンチン)1-6, 2-6, 4-6のストレートで敗れ去った。(結果として対戦した3人はいずれもそのまま優勝を成し遂げている)ジョン・アレクサンダー (テニス選手) フレッシュアイペディアより)

  • フェルナンド・カブサッキ

    フェルナンド・カブサッキから見たアルゼンチンアルゼンチン

    フェルナンド・カブサッキ(Fernando Kabusacki、1965年 - )は、アルゼンチン、ロサリオ出身の“アルゼンチン音響派”を代表するギタリスト。フェルナンド・カブサッキ フレッシュアイペディアより)

  • ナイト・オブ・ペンシルズ

    ナイト・オブ・ペンシルズから見たアルゼンチンアルゼンチン

    1976年3月24日、アルゼンチンにて、陸軍司令官のホルヘ・ラファエル・ビデラが、クーデターで政権を掌握し、その5日後の29日には「大統領」に就任した。その数ヵ月後より、活動家やその関係者らが、多数誘拐され殺害されたりしていたという「汚い戦争」(Guerra sucia)の悲劇がある。犠牲者の数は、1万3千人から3万人と言われ、その多くが死亡場所および死亡時刻が確定できない「行方不明者」とされている。ナイト・オブ・ペンシルズ フレッシュアイペディアより)

  • カンペオナート・スダメリカーノ・デ・カンペオネス

    カンペオナート・スダメリカーノ・デ・カンペオネスから見たアルゼンチンアルゼンチン

    1910年代初頭から、アルゼンチンとウルグアイのクラブはコパ・リオ・デ・ラ・プラタ(両国の国内トップリーグのチャンピオンによる大会)を争っていた。この大会の大きな成功により大陸選手権を開催する考えが生まれた。カンペオナート・スダメリカーノ・デ・カンペオネス フレッシュアイペディアより)

  • サンタマリアナイトクラブ火災

    サンタマリアナイトクラブ火災から見たアルゼンチンアルゼンチン

    サンタマリアナイトクラブ火災は、ブラジルのリオグランデ・ド・スル州サンタマリアにあるナイトクラブ「Kiss」で、2013年1月27日深夜2時?2時30分頃(現地時間)に発生した火災。239人の死者と169人の負傷者を出した。これはブラジルの火災史上、1961年に503名の死者を出したニテロイのサーカス会場火災に次ぎ、近年のナイトクラブ火災では、中国洛陽市で2000年のクリスマスに309人の死者を出した洛陽クリスマス火災に次ぐ惨事となった。屋内で演出用の花火を違法に使用した事に起因するものであり、過去にも2003年にアメリカ合衆国ロードアイランド州のナイトクラブ「Station」(死者100人)、2004年のアルゼンチンブエノスアイレスのナイトクラブ「República Cromañón」(死者194人)で同様の事例がある。被害者が拡大した理由は、防音のために天井に貼られていたポリウレタンフォームから発生したシアン化ガスと見られている。サンタマリアナイトクラブ火災 フレッシュアイペディアより)

  • シュードモナス・メンドシナ

    シュードモナス・メンドシナから見たアルゼンチンアルゼンチン

    デンプンおよびマルトースを炭素源として利用できず、この特徴はP. mendocinaの発見の理由となった。この特徴は、同じシュードモナス属菌であるP. stutzeriにはなく、デンプンまたはマルトースが唯一の炭素源である培地で両菌種を明確に区別することができる。1969年に、アルゼンチンのメンドーザでP. stutzeriとして単離された菌株の研究過程で上記の区別によりP. stutzeriとは異なる菌株としてP. mendocinaは発見された。シュードモナス・メンドシナ フレッシュアイペディアより)

4213件中 91 - 100件表示

「アルゼンチン」のニューストピックワード