3212件中 91 - 100件表示
  • アントニオ・ロッカ

    アントニオ・ロッカから見たアルゼンチンアルゼンチン

    アントニオ・ロッカ(Antonio Rocca、1927年4月13日 - 1977年3月15日)は、アメリカ合衆国で活躍したアルゼンチンのプロレスラー。アントニオ・ロッカ フレッシュアイペディアより)

  • 鄭潔

    鄭潔から見たアルゼンチンアルゼンチン

    2000年にプロ入り。鄭潔が中国国外のトーナメントに初参加したのは、2001年7月前半のアメリカ・カリフォルニア州「ロス・ガトス」の大会であった。2002年から女子テニス国別対抗戦・フェドカップの中国代表選手となり、国外のテニス大会に活動の場を広げる。同年5月に福岡のトーナメントで初来日し、本戦の準々決勝まで進出した。2003年は「ジャパン・オープン」でベスト4進出があるが、この時は準々決勝で同僚の晏紫との“中国対決”を制した後、準決勝で当時16歳のマリア・シャラポワに敗れている。シャラポワにとっては、これがWTAツアー初優勝の大会だった。2004年の全仏オープン女子シングルスで、鄭潔は中国出身の女子テニス選手として史上初のベスト16入りを達成した。その4回戦では、アルゼンチンのパオラ・スアレスに 4-6, 5-7 で敗れている。鄭潔 フレッシュアイペディアより)

  • アナベル・メディナ・ガリゲス

    アナベル・メディナ・ガリゲスから見たアルゼンチンアルゼンチン

    メディナ・ガリゲスは12歳という遅い年齢から、家族とともにテニスを始めた。1998年1月にプロ転向。2001年7月にイタリア・パレルモ大会で女子ツアーのシングルスに初優勝を果たし、ダブルスで年間4勝を獲得。2002年の全豪オープンで4回戦に進出するが、モニカ・セレシュとの対戦中に右膝の前十字靭帯断裂を起こし、4-2 で途中棄権した。この故障で右膝の手術を受け、同年9月まで復帰できなかった。2004年から彼女はキャリアを軌道に乗せ、(ツアー初優勝を飾った)パレルモ大会で2004年-2006年の大会3連覇を果たす。この年は2004年アテネ五輪のスペイン代表選手にも選ばれたが、シングルス・ダブルスとも1回戦で敗退した。シングルス1回戦ではマリー・ピエルス(フランス)に敗れ、ベテランのアランチャ・サンチェス・ビカリオと組んだダブルスではアルゼンチン代表のパオラ・スアレス&パトリシア・タラビーニ組に敗れている。アナベル・メディナ・ガリゲス フレッシュアイペディアより)

  • フェルナンド・ベルダスコ

    フェルナンド・ベルダスコから見たアルゼンチンアルゼンチン

    2005年は、全米オープンで初の4回戦進出がある。この4回戦でもニエミネンに敗れたが、直前の3回戦で当時18歳のノバク・ジョコビッチ(当時セルビア・モンテネグロ)を破る勝利があった。2006年はウィンブルドンで4回戦に進出しているが、その過程では2回戦でベンヤミン・ベッカー(ドイツ)、3回戦で第3シードのダビド・ナルバンディアン(アルゼンチン)を破り、4回戦でラデク・ステパネク(チェコ)に 7-6, 3-6, 6-4, 4-6, 2-6 のフルセットで競り負けた。2007年には、ベルダスコは全仏オープンで初の4回戦進出を決める。2回戦でドミトリー・トゥルスノフ(ロシア)、3回戦で同じスペインのダビド・フェレールを破ったベルダスコは、4回戦で第6シードのジョコビッチに 3-6, 3-6, 6-7 のストレートで完敗した。フェルナンド・ベルダスコ フレッシュアイペディアより)

  • プッチェーロ

    プッチェーロから見たアルゼンチンアルゼンチン

    thumb|200px|プッチェーロプッチェーロ(Puchero)とは、主にアルゼンチンなどのスペイン語圏で作られるシチューである。ただし、具材については特に規定が存在しておらず、したがってプッチェーロを一言で説明すると「なんでもシチュー」となる。なお、「Puchero」というのは「シチュー用の深い鍋」を意味するスペイン語である。プッチェーロ フレッシュアイペディアより)

  • 三国同盟戦争

    三国同盟戦争から見たアルゼンチンアルゼンチン

    三国同盟戦争(さんごくどうめいせんそう、Guerra de la Triple Alianza、1864年-1870年)は、パラグアイと、アルゼンチン・ブラジル・ウルグアイの三国同盟軍との間で行なわれた戦争。ラテンアメリカの歴史の中で最も凄惨な武力衝突となった。パラグアイ戦争 (Guerra do Paraguai)と呼ばれる事があるが、この名称は主にブラジルでの使われ方である。開戦の直接のきっかけは、当時ブラジル・アルゼンチンの緩衝国であったウルグアイの内戦に、パラグアイの独裁者であり領土拡張主義者であったフランシスコ・ソラーノ・ロペス ()が介入したことによる。このため、ロペス戦争()とも呼ばれることがある。この開戦には、ラテンアメリカの植民地支配の歴史や、この地域へのイギリスの経済的関心も影響している。三国同盟戦争 フレッシュアイペディアより)

  • バーンスタイン (競走馬)

    バーンスタイン (競走馬)から見たアルゼンチンアルゼンチン

    バーンスタイン ('''') は、アメリカ産アイルランド調教の競走馬。引退後はアメリカとアルゼンチンで種牡馬として供用され、日本に輸出された直仔ゴスホークケンが2007年の朝日杯フューチュリティステークスを制したことで日本でもその名が広まった。名前はアメリカの指揮者・作曲家レナード・バーンスタインに由来。バーンスタイン (競走馬) フレッシュアイペディアより)

  • 日進 (装甲巡洋艦)

    日進 (装甲巡洋艦)から見たアルゼンチンアルゼンチン

    日露戦争開戦直前に、日本海軍がアルゼンチン海軍から買い取ったジュゼッペ・ガリバルディ級装甲巡洋艦2隻のうちの1隻である。アルゼンチン名は「モレノ」であった。日進 (装甲巡洋艦) フレッシュアイペディアより)

  • アンテ・ゴトヴィナ

    アンテ・ゴトヴィナから見たアルゼンチンアルゼンチン

    フランス当局の記録によると、1981年にゴトヴィナは強盗・誘拐に関わり逮捕状を発行されている。その結果2年の間服役したとの情報もあったが、彼の弁護士はそういった事実はないとを否定した。ゴトヴィナはフランスから南アメリカに移り、アルゼンチンやグアテマラで右翼系の準軍事組織への軍事訓練に携わった。また、この時期にコロンビアで最初の妻 Ximena と出会っている。アンテ・ゴトヴィナ フレッシュアイペディアより)

  • イェルバ・マテ

    イェルバ・マテから見たアルゼンチンアルゼンチン

    イェルバ・マテ (Yerba maté, Yerba mate, Erva mate, 学名:Ilex paraguariensis) は、ブラジル、パラグアイ、アルゼンチンにまたがるイグアスの滝周辺を原産とするモチノキ科の常緑喬木。この植物の葉や小枝がマテ茶の原料である。イェルバ・マテ フレッシュアイペディアより)

3212件中 91 - 100件表示

「アルゼンチン」のニューストピックワード