3212件中 31 - 40件表示
  • ミラージュ5 (航空機)

    ミラージュ5 (航空機)から見たアルゼンチンアルゼンチン

    現在では既にフランスを含む多くの運用国で退役しているが、アルゼンチンやパキスタンなどでは現在でも第一線機として運用されている。特にパキスタンは各地で退役した機体を大量に入手しており、ミラージュIIIを含めて150機以上を保有している。ミラージュ5 (航空機) フレッシュアイペディアより)

  • キングジョージ島

    キングジョージ島から見たアルゼンチンアルゼンチン

    アルゼンチンではベインティシンコ・デ・マヨ島(、アルゼンチンの五月革命にちなむ)、チリではレイ・ホルヘ島(、キング・ジョージ島の訳)と呼ぶ。イギリスとアルゼンチンとチリが領有権を主張しているが、南極条約によりその行使は凍結されている。キングジョージ島 フレッシュアイペディアより)

  • FN FAL

    FN FALから見たアルゼンチンアルゼンチン

    アルゼンチンの国営造兵廠であるFM社(Fabrica Militar de Armas Portatiles)がライセンス生産したもの。FALはスペイン語でFusil Automatico Livianoと呼称され製造工場の名と合わせてFM FALとして呼称されている。フォークランド紛争にも使用され、敵対するアルゼンチンとイギリスの双方がFALを使用し、戦闘を行っている。FN FAL フレッシュアイペディアより)

  • エクアドルの歴史

    エクアドルの歴史から見たアルゼンチンアルゼンチン

    ナポレオン戦争の最中の1808年に、本国スペインにてフランス帝国軍の圧力の下でフェルナンド7世が退位させられ、フランス皇帝ナポレオン1世の兄、ジョゼフがスペイン王ホセ1世に据えられると、インディアス植民地は偽王への忠誠を拒否し、各地でフェルナンド7世を擁護することを名目に各地でクリオーリョ達によって自治運動が進められた。現在のエクアドルに相当する地域でも1809年8月10日にキトでクリオーリョを主体とした革命評議会により、イスパノアメリカ初の独立宣言がなされた。この運動はペルー副王フェルナンド・アバスカルが派遣した王党派軍によって鎮圧されたが、1820年にチリからアルゼンチン人のホセ・デ・サン=マルティン率いる解放軍がペルーに上陸すると、もはや副王政府の権威喪失は明らかとなり、1820年10月19日にはグアヤキルが、11月3日にはクエンカが独立を宣言した。エクアドルの歴史 フレッシュアイペディアより)

  • マリオ・ボラッティ

    マリオ・ボラッティから見たアルゼンチンアルゼンチン

    マリオ・ボラッティ(Mario Bolatti, 1985年2月17日 - )は、アルゼンチン・コルドバ州ラ・パラ出身で同国代表、SCインテルナシオナル所属のサッカー選手。ポジションはミッドフィルダー。マリオ・ボラッティ フレッシュアイペディアより)

  • フェアウェイ (競走馬)

    フェアウェイ (競走馬)から見たアルゼンチンアルゼンチン

    この後しばらくフェアウェイはエプソムダービーのことを引きずり神経質になっていたが、バタース調教師の努力で少しずつ回復すると、7月のエクリプスステークスに挑んだ。このレースは名牝ブックロウなどが出走していたが、フェアウェイは2着馬に8馬身の着差をつけ優勝した。9月には最後のクラシックとなるセントレジャーステークスに出走。フランスから遠征して来たパリロイヤルを破って優勝し、最後のチャンスをものにしてクラシック優勝馬となった。その後10月にチャンピオンステークスに出走。アルゼンチン馬フォリエイションを下し優勝し、5戦4勝でこの年のシーズンを終えた。フェアウェイ (競走馬) フレッシュアイペディアより)

  • ガストン・ガウディオ

    ガストン・ガウディオから見たアルゼンチンアルゼンチン

    ガストン・ガウディオ(Gastón Gaudio, 1978年12月9日 - )は、アルゼンチン・ブエノスアイレス出身の男子プロテニス選手。2004年の全仏オープン男子シングルス優勝者である。El Gato(エル・ガト、スペイン語で「猫」の意味)というニックネームを持っている。右利き、バックハンド・ストロークは片手打ち。シングルス自己最高ランキングは5位。ATPツアーでシングルス8勝、ダブルス3勝を挙げた。ガストン・ガウディオ フレッシュアイペディアより)

  • ベネズエラの歴史

    ベネズエラの歴史から見たアルゼンチンアルゼンチン

    スペインの没落による制海権喪失は、ベネズエラとスペインの貿易量を減少させ、代わりにフランス、オランダ、イギリスとの密貿易が横行するようになった。スペイン当局は密輸の阻止のために1728年にバスク商人によってカラカス会社(ギプスコア会社)が設立させるとスペインとの貿易が拡大し、綿花や藍をも輸出するようになった。しかし、もはやスペインのみとの貿易に飽き足らなかったボリーバル家をはじめとする現地ブルジョワジーはイギリス、オランダ、フランスとの更なる貿易を望んだ。その代価としての富と共に自由主義思想が流入することになった。ベネズエラとアルゼンチンはスペイン帝国内でも政治的には僻地だったためにスペイン当局の思想統制は弱く、密貿易による自由主義思想の流入には基本的には歯止めはかからなかった。そうして生まれた富裕層がルソーらのフランス自由主義知識人の影響を受けて、後のラテン・アメリカ独立運動において指導的な役割を果たすようになった。1800年にはカラカスの人口は約4万人に達していた。ベネズエラの歴史 フレッシュアイペディアより)

  • リオグランデ・ド・スル州

    リオグランデ・ド・スル州から見たアルゼンチンアルゼンチン

    リオグランデ・ド・スル州(Estado de Rio Grande do Sul)はブラジル南部の最南端に位置する州である。北にサンタ・カタリーナ州、南にウルグアイ、西にアルゼンチンと国境を接しており、東は大西洋に面する。州都はポルト・アレグレ。リオグランデ・ド・スル州 フレッシュアイペディアより)

  • 大城バネサ

    大城バネサから見たアルゼンチンアルゼンチン

    大城バネサ(おおしろバネサ、1981年11月26日 - )は、アルゼンチン・ブエノスアイレス出身の演歌歌手である。本名同じ。身長は153cm、血液型はO型。大城バネサ フレッシュアイペディアより)

3212件中 31 - 40件表示

「アルゼンチン」のニューストピックワード