4213件中 31 - 40件表示
  • アイルランド人

    アイルランド人から見たアルゼンチンアルゼンチン

    アイリッシュ・ディアスポラ''''とはアイルランド島外に移住したアイルランド人たちをさす言葉である。ジャガイモ飢饉による食糧事情などの悪化によって移民になる者が急激に現れ、世界各国に移住した。移住先としてはアメリカ合衆国、イギリス、カナダ、オーストラリア、ニュージーランド、アルゼンチン、南アフリカ共和国そして西インド諸島などである。これらの国々においてアイルランド系と見なされる人々の数は合計8000万人にもおよぶ。その成功例がジョン・F・ケネディ大統領らを輩出したケネディ家である。アイルランド人 フレッシュアイペディアより)

  • ガストン・ガウディオ

    ガストン・ガウディオから見たアルゼンチンアルゼンチン

    ガストン・ガウディオ(Gastón Gaudio, 1978年12月9日 - )は、アルゼンチン・ブエノスアイレス出身の男子プロテニス選手。El Gato(エル・ガト、スペイン語で「猫」の意味)というニックネームを持っている。右利き、バックハンド・ストロークは片手打ち。シングルス自己最高ランキングは5位。ATPツアーでシングルス8勝、ダブルス3勝を挙げた。ガストン・ガウディオ フレッシュアイペディアより)

  • エットレ・パニッツァ

    エットレ・パニッツァから見たアルゼンチンアルゼンチン

    エットレ・パニッツァ(Ettore Panizza, 1875年8月12日 - 1967年11月27日)は、アルゼンチン出身のイタリア人指揮者、作曲家。イタリア・オペラ指揮の名手として知られ、特にジュゼッペ・ヴェルディの指揮に関しては他の追随を許さない最高の演奏を行ったとして評価されている。エットレ・パニッツァ フレッシュアイペディアより)

  • リオグランデ・ド・スル州

    リオグランデ・ド・スル州から見たアルゼンチンアルゼンチン

    リオグランデ・ド・スル州(Estado de Rio Grande do Sul)は、ブラジルの最南端に位置する州である。北にサンタ・カタリーナ州、南にウルグアイ、西にアルゼンチンと国境を接しており、東は大西洋に面する。州都はポルト・アレグレ。ブラジル国内での発音は「リオグランジ・ド・スウ」リオグランデ・ド・スル州 フレッシュアイペディアより)

  • イネス・ゴロチャテギ

    イネス・ゴロチャテギから見たアルゼンチンアルゼンチン

    イネス・ゴロチャテギ(Ines Gorrochategui, 1973年6月13日 - )は、アルゼンチン・コルドバ出身の元女子プロテニス選手。1993年の全米オープン女子ダブルスで、南アフリカのアマンダ・クッツァーとペアを組んで準優勝した選手である。自己最高ランキングはシングルス19位、ダブルス9位。WTAツアーでシングルスの優勝はなかったが(準優勝2度)、ダブルスで7勝を挙げた。イネス・ゴロチャテギ フレッシュアイペディアより)

  • バローロ宮殿

    バローロ宮殿から見たアルゼンチンアルゼンチン

    バローロ宮殿()は、アルゼンチン・ブエノスアイレスにある高層建築物。高さは100メートル。設計はであり、1923年に竣工した。バローロ宮殿 フレッシュアイペディアより)

  • ベネズエラの歴史

    ベネズエラの歴史から見たアルゼンチンアルゼンチン

    スペインの没落による制海権喪失は、ベネズエラとスペインの貿易量を減少させ、代わりにフランス、オランダ、イギリスとの密貿易が横行するようになった。スペイン当局は密輸の阻止のために1728年にバスク商人によってカラカス会社(ギプスコア会社)が設立させるとスペインとの貿易が拡大し、綿花や藍をも輸出するようになった。しかし、もはやスペインのみとの貿易に飽き足らなかったボリーバル家をはじめとする現地ブルジョワジーはイギリス、オランダ、フランスとの更なる貿易を望んだ。その代価としての富と共に自由主義思想が流入することになった。ベネズエラとアルゼンチンはスペイン帝国内でも政治的には僻地だったためにスペイン当局の思想統制は弱く、密貿易による自由主義思想の流入には基本的には歯止めはかからなかった。そうして生まれた富裕層がルソーらのフランス自由主義知識人の影響を受けて、後のラテン・アメリカ独立運動において指導的な役割を果たすようになった。1800年にはカラカスの人口は約4万人に達していた。ベネズエラの歴史 フレッシュアイペディアより)

  • フェアウェイ (競走馬)

    フェアウェイ (競走馬)から見たアルゼンチンアルゼンチン

    この後しばらくフェアウェイはエプソムダービーのことを引きずり神経質になっていたが、バタース調教師の努力で少しずつ回復すると、7月のエクリプスステークスに挑んだ。このレースは名牝ブックロウなどが出走していたが、フェアウェイは2着馬に8馬身の着差をつけ優勝した。9月には最後のクラシックとなるセントレジャーステークスに出走。フランスから遠征して来たパリロイヤルを破って優勝し、最後のチャンスをものにしてクラシック優勝馬となった。その後10月にチャンピオンステークスに出走。アルゼンチン馬フォリエイションを下し優勝し、5戦4勝でこの年のシーズンを終えた。フェアウェイ (競走馬) フレッシュアイペディアより)

  • ウシュアイア

    ウシュアイアから見たアルゼンチンアルゼンチン

    '(Ushuaia'、。IPA: 1~2~3)は、アルゼンチン南端、フエゴ島に位置する都市。同国ティエラ・デル・フエゴ州の州都である。2014年現在の人口は約70,000人。ウシュアイアはに位置し、世界最南端の都市であるとされている。市はビーグル水道に面している。後背地の山が海に迫る地形であるため、市街地はビーグル水道に沿って発展している。ウシュアイア フレッシュアイペディアより)

  • ペルーの歴史

    ペルーの歴史から見たアルゼンチンアルゼンチン

    15世紀になりクスコ周辺の南部の山岳地帯が、1438年に即位したケチュア族の王パチャクテクによって軍事的に統一されると、以降は征服戦争を繰り広げて急速に勢力を拡大してきた、ケチュア族によるタワンティン・スウユ(インカ帝国)によってペルー、及び周辺のアンデス地域は統合された。続くトゥパク・インカ・ユパンキの代になると、チムー王国も1476年頃に征服されて、その支配体制に組み込まれた。続くワイナ・カパックの征服によりアンデス北部にも進出し、アンデス北部最大の都市だったキトを征服することになる。またワイナ・カパックはマプーチェ族と戦ってチリの現サンティアゴ・デ・チレ周辺までと、アルゼンチン北西部を征服し、ユパンキの代から続いていた征服事業を完成させ、コジャ・スウユ(、「南州」)の領域を拡大させると共にインカ帝国の最大版図を築いた。ペルーの歴史 フレッシュアイペディアより)

4213件中 31 - 40件表示

「アルゼンチン」のニューストピックワード