3212件中 41 - 50件表示
  • マルコス・マイダナ

    マルコス・マイダナから見たアルゼンチンアルゼンチン

    マルコス・マイダナ(Marcos Maidana、男性、1983年7月17日 - )は、アルゼンチンのプロボクサー。サンタフェ州出身。元WBA世界スーパーライト級王者。元WBA世界スーパーライト級暫定王者。マルコス・マイダナ フレッシュアイペディアより)

  • 亘崇詞

    亘崇詞から見たアルゼンチンアルゼンチン

    ディエゴ・マラドーナに憧れ、岡山県立津山工業高等学校在学時、夏季休暇を利用してボカ・ジュニアーズに留学。本拠地ボンボネーラスタジアムに詰めかけたサポーターの熱狂に、アルゼンチンサッカーのすばらしさを知る。亘崇詞 フレッシュアイペディアより)

  • ボリビアの歴史

    ボリビアの歴史から見たアルゼンチンアルゼンチン

    1816年7月9日、ホセ・デ・サン・マルティンによってリオ・デ・ラ・プラタ連合州(アルゼンチン)が独立を果たした。サン・マルティンの率いるアンデス部隊はその後も活動を続け、1818年2月12日にはチリが独立、リマを攻略した1821年7月28日にはペルーが独立を果たした。一方でパナマをスペイン支配からの解放へ導いたシモン・ボリーバルも南下をはじめ、1822年にはボリーバルの副官であったアントニオ・ホセ・デ・スクレによってエクアドルの独立が達成され、アルト・ペルーの地域がスペインにとっての最後の牙城となった。ボリビアの歴史 フレッシュアイペディアより)

  • ペルーの歴史

    ペルーの歴史から見たアルゼンチンアルゼンチン

    15世紀になりクスコ周辺の南部の山岳地帯が、1438年に即位したケチュア族の王パチャクテクによって軍事的に統一されると、以降は征服戦争を繰り広げて急速に勢力を拡大してきた、ケチュア族によるタワンティン・スウユ(インカ帝国)によってペルー、及び周辺のアンデス地域は統合された。続くトゥパク・インカ・ユパンキの代になると、チムー王国も1476年頃に征服されて、その支配体制に組み込まれた。続くワイナ・カパックの征服によりアンデス北部にも進出し、アンデス北部最大の都市だったキトを征服することになる。またワイナ・カパックはマプーチェ族と戦ってチリの現サンティアゴ・デ・チレ周辺までと、アルゼンチン北西部を征服し、ユパンキの代から続いていた征服事業を完成させ、コリャスーユの領域を拡大させると共にインカ帝国の最大版図を築いた。ペルーの歴史 フレッシュアイペディアより)

  • アイルランド人

    アイルランド人から見たアルゼンチンアルゼンチン

    アイリッシュ・ディアスポラ''''とはアイルランド島外に移住したアイルランド人たちをさす言葉である。ジャガイモ飢饉による食糧事情などの悪化によって移民になる者が急激に現れ、世界各国に移住した。移住先としてはアメリカ合衆国、イギリス、カナダ、オーストラリア、ニュージーランド、アルゼンチン、南アフリカ共和国そして西インド諸島などである。これらの国々においてアイルランド系と見なされる人々の数は合計8000万人にもおよぶ。その成功例がジョン・F・ケネディ大統領らを輩出したケネディ家である。アイルランド人 フレッシュアイペディアより)

  • ニコライ・ダビデンコ

    ニコライ・ダビデンコから見たアルゼンチンアルゼンチン

    2005年にニコライ・ダビデンコは世界のトップ選手へと躍進し、全豪オープンで初めて準々決勝に進出した(アンディ・ロディックに敗退)。そして全仏オープンで、ダビデンコは準決勝に駒を進めたが、アルゼンチンのマリアノ・プエルタに 3-6, 7-5, 6-2, 4-6, 4-6 のフルセットで敗れ、決勝進出を逃した。同年末に、世界ランキング8位以内の選手しか出場できない男子テニス年間最終戦「テニス・マスターズ・カップ」にも初めて出場資格を獲得し、アルゼンチンのダビド・ナルバンディアンとの準決勝まで勝ち進んだ。ニコライ・ダビデンコ フレッシュアイペディアより)

  • 2011年のスポーツ

    2011年のスポーツから見たアルゼンチンアルゼンチン

    日本サッカー協会は本年7月にアルゼンチンで開催予定のサッカー南米選手権への日本代表チームの招待出場を辞退する決定を行った。理由は東北地方太平洋沖地震の影響による日本プロサッカーリーグの大幅な日程組み換えが行われたこと、並びにヨーロッパクラブに所属している日本人選手の招集交渉が纏まらなかった為。2011年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • ウシュアイア

    ウシュアイアから見たアルゼンチンアルゼンチン

    ウシュアイア(Ushuaia、現地ではウスアイアまたはウスアヤと発音する。IPA: 1?2)は、アルゼンチン南端、フエゴ島に位置する都市。同国ティエラ・デル・フエゴ州の州都である。2005年現在の人口は約64,000人。ウシュアイアはに位置し、世界最南端の都市であるとされている。市はビーグル水道に面している。後背地の山が海に迫る地形であるため、市街地はビーグル水道に沿って発展している。ウシュアイア フレッシュアイペディアより)

  • ダビド・ナルバンディアン

    ダビド・ナルバンディアンから見たアルゼンチンアルゼンチン

    ダビド・ナルバンディアン(David Nalbandian, 1982年1月1日 - )は、アルゼンチン・コルドバ出身の男子プロテニス選手。2002年のウィンブルドン男子シングルス準優勝者。シングルス自己最高ランキングは3位。これまでにATPツアーでシングルス11勝を挙げている。身長180cm、体重79kg。右利き、バックハンド・ストロークは両手打ち。ダビド・ナルバンディアン フレッシュアイペディアより)

  • ダビド・フェレール

    ダビド・フェレールから見たアルゼンチンアルゼンチン

    2006年1月、フェレールは世界ランキングを10位に上げ、初めての世界トップ10入りを果たす。全豪オープン終了後、フェレールは初めて男子テニス国別対抗戦・デビスカップのスペイン代表選手に抜擢された。スペイン・チームは2月10日-12日の「ワールドグループ」1回戦でベラルーシに1勝4敗で敗れたが、フェレールがシングルス第4試合で唯一の勝ち星を挙げている。同年のウィンブルドンでレイトン・ヒューイットとの4回戦に進出した後、フェレールは7月第3週に行われたドイツ・シュトゥットガルト大会の決勝でホセ・アカスソ(アルゼンチン)を 6-4, 3-6, 6-7, 7-5, 6-4 で破り、4年ぶりのツアー2勝目を挙げた。ダビド・フェレール フレッシュアイペディアより)

3212件中 41 - 50件表示

「アルゼンチン」のニューストピックワード