4213件中 71 - 80件表示
  • 2030 FIFAワールドカップ

    2030 FIFAワールドカップから見たアルゼンチンアルゼンチン

    1930年、南米のウルグアイで第1回となる1930 FIFAワールドカップが開催され、現在に至る世界最大級のスポーツイベントが始められた。それから100周年となる2030年の大会について、ウルグアイは隣国アルゼンチンとの共催による開催を希望し、立候補に向けた準備を進めている。もし実現すれば、ウルグアイは100年ぶり、アルゼンチンは1978年の1978 FIFAワールドカップ以来52年ぶりの大会開催となる。現在ではそれ以外の国で目だった動きは出ていない。2030 FIFAワールドカップ フレッシュアイペディアより)

  • 2017年

    2017年から見たアルゼンチンアルゼンチン

    アルゼンチン・アコンカグア付近で長距離バスが横転し、少なくとも18人が死亡、20人が怪我。2017年 フレッシュアイペディアより)

  • フランス

    フランスから見たアルゼンチンアルゼンチン

    1875年、フランス東インド会社の残務整理がおわってインドシナ銀行が設立された。1881年にオスマン債務管理局が設置され、ヨーロッパシステムの執念が実を結んだ。フランスは(1882年)と清仏戦争(1884年 - 1885年)に勝利した。ここにフランス領インドシナ(1887年 - 1954年)が成立した。国内ではブーランジェ将軍事件(1886年 - 1889年)が起きた。1890年、フランス銀行とロシア政府がベアリングス銀行の救済に参加した。ベアリング融資先のアルゼンチンとも関係が生まれた。1893年、シャムと。普仏戦争後のアルザス=ロレーヌの喪失と、50億フランという高額な賠償金を発端とする反独運動からドレフュス事件(1894年)が勃発。アフリカ分割の時代には、1895年にフランス領西アフリカ(モーリタニア・セネガル・マリ共和国・ギニア・コートジボワール・ニジェール・ブルキナファソ・ベナン)が成立した。1894年に露仏同盟を締結した。ソシエテ・ジェネラルなどがシベリア鉄道と露清銀行へ出資した。フランスはグレートゲームの裏方であった。ファショダ事件(1898年)は融和に向かい、日露戦争(1904年 - 1905年)は露清銀行の支配率を高めるのに必要な規模に収まった。三国協商は参加国の民衆がもつナショナリズムを封じた。1905年、フランスがモロッコ進出しドイツが反発した(第一次モロッコ事件)。1910年にフランス領赤道アフリカ(ガボン・コンゴ共和国・中央アフリカ共和国・チャド)が成立した。1911年、第二次モロッコ事件でフランスはイギリスとベルギーの利益を代表しドイツと対立した。1913年、アルザス・ロレーヌ地方(エルザス州・ロートリンゲン州)でツァーベルン事件が起こった。フランス フレッシュアイペディアより)

  • ボンボ

    ボンボから見たアルゼンチンアルゼンチン

    スペインの軍楽太鼓が原型とされ、アルゼンチンの平原地帯のフォルクローレで使われていたものがボリビアなどアンデス地方の音楽にも使われるようになったとされる。ボンボ フレッシュアイペディアより)

  • クロコクイナ

    クロコクイナから見たアルゼンチンアルゼンチン

    アメリカからメキシコにかけてと、ペルー、チリ、アルゼンチンに断続的に分布する。これらの周辺の国々でも稀に記録されることがある。クロコクイナ フレッシュアイペディアより)

  • ノドジロコクイナ

    ノドジロコクイナから見たアルゼンチンアルゼンチン

    コロンビア東南部からブラジル北西部にかけてと、アルゼンチン北部までの地域に分布する。ノドジロコクイナ フレッシュアイペディアより)

  • ヒメカイツブリ

    ヒメカイツブリから見たアルゼンチンアルゼンチン

    アメリカ南西部およびメキシコからチリ、アルゼンチンにかけて、またバハマ、大アンティル諸島 、トリニダード・トバゴに分布する。ヒメカイツブリ フレッシュアイペディアより)

  • グスタボ・バリャス

    グスタボ・バリャスから見たアルゼンチンアルゼンチン

    グスタボ・バリャス(Gustavo Ballas、男性、1958年2月10日 - )は、アルゼンチンのプロボクサー。コルドバ州出身。元WBA世界スーパーフライ級王者。グスタボ・バリャス フレッシュアイペディアより)

  • ディアナ・バルモリ

    ディアナ・バルモリから見たアルゼンチンアルゼンチン

    幼年期はほとんどスペインですごし、その後アルゼンチンに渡る。幼い頃から非常に想像力に長けた創造的な子供で、芸術性に富んでいたといわれるが、する彼女の両親が勧めたこともあり、、文学や詩、ラテン語やギリシャ語、絵画だけでなく、ピアノを弾き、踊り、歌うことを広く学んだ。 のちにデザイン界に進出彼女にとり、これらの影響は大きく彼女の独特のデザイン・スタイルを育み成功に導く助けとなりました。ディアナ・バルモリ フレッシュアイペディアより)

  • 1930 FIFAワールドカップ・グループA

    1930 FIFAワールドカップ・グループAから見たアルゼンチンアルゼンチン

    1930 FIFAワールドカップ グループAではアルゼンチン・チリ・フランス・メキシコの4チームが組んだ。7月13日から7月22日まで6試合行い、アルゼンチンが決勝トーナメントへ進出した。1930 FIFAワールドカップ・グループA フレッシュアイペディアより)

4213件中 71 - 80件表示

「アルゼンチン」のニューストピックワード