3212件中 81 - 90件表示
  • ボマルツォ (オペラ)

    ボマルツォ (オペラ)から見たアルゼンチンアルゼンチン

    ボマルツォ(Bomarzo)作品34は、アルゼンチンの作曲家、アルベルト・ヒナステラによるオペラ作品。スペインの作家、マヌエル・ムヒカ=ライネス(Manuel Mujica Láinez)が1962年に発表した同名小説をもとに、1967年に作曲された。ボマルツォ (オペラ) フレッシュアイペディアより)

  • ネリー・プンピード

    ネリー・プンピードから見たアルゼンチンアルゼンチン

    ネリー・プンピード(Nery Pumpido,1957年7月30日)は、アルゼンチン出身の元サッカー選手、現サッカー指導者。アルゼンチン代表であった。ポジションはゴールキーパー。ネリー・プンピード フレッシュアイペディアより)

  • シリーン

    シリーンから見たアルゼンチンアルゼンチン

    種牡馬としてもイギリスで2回、アルゼンチンで1回リーディングサイアーとなった。馬名は母アルカディアにちなみ、ギリシア神話に登場するヘルメースのキュレーネー山からとられたものである。シリーン フレッシュアイペディアより)

  • ブラジル領南極

    ブラジル領南極から見たアルゼンチンアルゼンチン

    ブラジル領南極(ブラジルりょうなんきょく、もしくは)とは、1986年にブラジルが興味ある区域(「利益圏」)として提案した地域。南極大陸の西経28度から西経53度の間、南緯60度以南の範囲で南極点を中心とした扇形をなしている。その実態について正確に定義されたことはないが、この地域と地理的に重複するアルゼンチンやイギリスの領有権主張に対して公式に反論してはいない。1975年5月16日に南極条約を締結した際、「正面理論」という理屈に言及し、南極大陸における領有権を表明した。ブラジル領南極 フレッシュアイペディアより)

  • パオラ・スアレス

    パオラ・スアレスから見たアルゼンチンアルゼンチン

    パオラ・スアレス(Paola Suárez, 1976年6月23日 - )は、アルゼンチン・ペルガミーノ出身の女子プロテニス選手。ダブルスの名手としてよく知られる。長年にわたり、スペインのビルヒニア・ルアノ・パスクアルとペアを組んで活躍してきた。WTAツアーでシングルス4勝、ダブルス44勝(うち4大大会女子ダブルス8勝)を挙げた。自己最高ランキングはシングルス9位、ダブルス1位。シングルスでも2004年の全仏オープンでベスト4進出がある。身長170cm、体重62kg。右利き、バックハンド・ストロークは両手打ち。パオラ・スアレス フレッシュアイペディアより)

  • ウルグアイの歴史

    ウルグアイの歴史から見たアルゼンチンアルゼンチン

    1776年にはカルロス3世によるボルボン改革によって、ペルー副王領から現在のアルゼンチン、ウルグアイ、パラグアイ、ボリビアを包括する地域がブエノスアイレスを主都としたリオ・デ・ラ・プラタ副王領として分離され、モンテビデオはブエノスアイレスに次ぐ副王領内で第二の港として成長することになった。18世紀後半になると、ブエノスアイレスのクリオーリョ達は自由貿易を望むようになった。ウルグアイの歴史 フレッシュアイペディアより)

  • 2010年の経済

    2010年の経済から見たアルゼンチンアルゼンチン

    12日 - フィッチはアルゼンチンの外貨建て長期発行体デフォルト格付けを「RD(一部債務不履行)」から「B」に引き上げた。見通しは「安定的」。2010年の経済 フレッシュアイペディアより)

  • 連邦同盟

    連邦同盟から見たアルゼンチンアルゼンチン

    連邦同盟,Liga Federal または Liga de los Pueblos Libres(自由な人民による同盟), アルゼンチン連邦派,とは、バンダ・オリエンタル(現代のウルグアイ出身の自由主義派カウディージョ、ホセ・アルティガスによる、旧リオ・デ・ラ・プラタ副王領全体を統括するアメリカ合衆国のような連邦国家を建設しようとの構想の中から生まれた、バンダ・オリエンタルとアルゼンチン東部の連邦派諸州の同盟のことである。この同盟は1814年から1820年まで続いた。連邦同盟 フレッシュアイペディアより)

  • 平木理化

    平木理化から見たアルゼンチンアルゼンチン

    平木はWTAツアーでシングルスの優勝はないが、長年にわたりダブルスの名手として活躍してきた。彼女も伊達公子、遠藤愛、神尾米、沢松奈生子など、日本女子テニスの黄金時代を彩った名選手たちと同世代に位置している。1997年の全仏オープン混合ダブルスで、平木はインドのマヘシュ・ブパシとコンビを組み、6月7日の決勝でパトリック・ガルブレイス&リサ・レイモンド(ともにアメリカ)組を 6-4, 6-1 で破り、初優勝を飾った。ブパシは身長185cmの選手で、身長157cmの小柄な平木とのコンビは“凹凸ペア”とも形容された。日本人選手を含むペアが4大大会の混合ダブルス部門で優勝したのは、1934年のウィンブルドン選手権大会における、三木龍喜(1904年 - 1966年)とドロシー・ラウンド(イギリス、1908年 - 1982年)組以来「63年ぶり」の快挙であった。日本女子テニスの第一人者だった伊達公子が1996年11月に現役引退した直後の出来事でもあり、平木とブパシの偉業は大きな反響を呼んだ。(その前月、1997年5月にドイツ・ベルリンで行われた「ドイツ・オープン」のダブルス1回戦で、平木はフロレンシア・ラバト(アルゼンチン)と組み、シュテフィ・グラフとイネス・ゴロチャテギ(アルゼンチン)の組に勝っていた。)平木理化 フレッシュアイペディアより)

  • TEX & Sun Flower Seed

    TEX & Sun Flower Seedから見たアルゼンチンアルゼンチン

    2012年11月:CAPITAN TIFUS(アルゼンチン)のツアーサポートを行う、自主企画『RITMO SOLAR<MESTIZO FIESTA PARTY> vol.02』を開催TEX & Sun Flower Seed フレッシュアイペディアより)

3212件中 81 - 90件表示

「アルゼンチン」のニューストピックワード