前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
482件中 1 - 10件表示
  • アルゼンチン

    アルゼンチンから見たクリスティーナ・フェルナンデス・デ・キルチネル

    2007年10月、正義党からキルチネルの妻のクリスティーナ・フェルナンデス・デ・キルチネルが同国史上初の「選挙による」女性大統領に就任した。就任演説で「雇用と工業・輸出・農業を基礎とする新しい多様化した経済基盤」を構築すると述べた。2007年の経済成長率は8%を記録し、近年のアルゼンチンは予断を許さないものの、リーマンショック以降の世界的不況とは裏腹に好調を維持している。アルゼンチン フレッシュアイペディアより)

  • アルゼンチン

    アルゼンチンから見たディエゴ・マラドーナ

    例えばディエゴ・マラドーナのように純粋な南欧系と比較すると小柄で、風貌も若干異なる人が少なくないことから、先住民系の血も少なからず受け継がれていることがわかるが、それでも現在のところアルゼンチン人の主要意識は白人国家、南米のヨーロッパであることに変わりはない。ただし、マルビーナス戦争でヨーロッパ(EC)と敵対し、反対にラテンアメリカ諸国の支援を受けたことから、状況は多少変わって来ている。アルゼンチン フレッシュアイペディアより)

  • アルゼンチン

    アルゼンチンから見たブエノスアイレス

    アルゼンチン共和国(アルゼンチンきょうわこく、)、通称アルゼンチンは、南アメリカ南部に位置する連邦共和制国家である。西と南にチリ、北にボリビア・パラグアイ、北東にブラジル・ウルグアイと国境を接し、東と南は大西洋に面する。ラテンアメリカではブラジルに次いで2番目に領土が大きく、世界全体でも第8位の領土面積を擁する。首都はブエノスアイレス。2009年のGDPは約3100億ドル(約27兆円)であり、神奈川県よりやや小さい経済規模である。アルゼンチン フレッシュアイペディアより)

  • アルゼンチン

    アルゼンチンから見たマルビーナス諸島

    チリと共に南アメリカ最南端に位置し、国土の全域がコーノ・スールの域内に収まる。国土南端のフエゴ島には世界最南端の都市ウシュアイアが存在する。アルゼンチンはイギリスが実効支配するマルビーナス諸島(英語ではフォークランド諸島)の領有権を主張している。また、チリ・イギリスと同様に南極の一部に対して領有権を主張しており、アルゼンチン領南極として知られる。アルゼンチン フレッシュアイペディアより)

  • アルゼンチン

    アルゼンチンから見たフアン・ペロン

    クーデターによって1930年に大統領に就任したウリブルはアルゼンチンにファシズム体制を築こうとしたが、この試みは失敗した。ファシズム体制の失敗もあって1932年にフストが大統領に就任すると、伝統的な寡頭支配層の政治が復活した。国際協調を旨としたフスト政権は1933年にイギリスとのロカ=ランシマン協定で、アルゼンチンをイギリスのスターリング・ブロックに組み込んでもらうことに成功したが、見返りに多くの譲歩を強いられてアメリカ市場も失ってしまい、アルゼンチンはまるでイギリスの属国のような様相を呈するようになった。1930年代には19世紀の不正選挙の伝統も復活し、1930年代は「忌まわしき10年間」と形容された。このような潮流から次第に国民主義的な意識が国民の間に高まり、第二次世界大戦の最中にイギリスと戦う枢軸国への好意的な中立を標榜した統一将校団(GOU)のフアン・ペロン大佐は徐々に人気を集め、ペロンは戦後1946年の選挙で大統領に就任した。アルゼンチン フレッシュアイペディアより)

  • アルゼンチン

    アルゼンチンから見た国本伊代

    松下マルタ「ブエノスアイレス──南米のパリからラテンアメリカ型首都へ」『ラテンアメリカ都市と社会』 国本伊代、乗浩子編、新評論、1991年9月。ISBN 4-7948-0105-X。アルゼンチン フレッシュアイペディアより)

  • アルゼンチン

    アルゼンチンから見たウゴ・チャベス

    アルゼンチンの最大のライバルはやはりブラジルであり、オリンピックやサッカーの大会があるたびにお互いに強烈な対抗意識を持って争っていたが、ラウル・アルフォンシンの融和政策が功を奏し、現在ではお互いにメルコスールに加盟するなどの経済統合が進んでいる。以上のような事情により、現在アルゼンチンはブラジルを軸としたラテンアメリカ統合の主要国として影響力を保っている。対外政策では一線を画しながらも、石油・天然ガスを軸にしたベネズエラのチャベス政権との友好関係がキルチネル政権以来続いている。アルゼンチン フレッシュアイペディアより)

  • アルゼンチン

    アルゼンチンから見たマーガレット・サッチャー

    ビデラ政権は1966年の軍事政権よりもさらに強い抑圧、弾圧を進め、周辺の軍事政権と協調した「汚い戦争」、コンドル作戦によりペロニスタや左翼を大弾圧したことで治安回復には成功したものの、ブラジル風に外資を導入して経済全体を拡大しようとした経済政策には大失敗し、天文学的なインフレーションを招いた。軍事政権は行き詰まり、1982年に就任したガルティエリ大統領は、イギリスが1833年以来実効支配を続けているマルビーナス諸島(英:フォークランド諸島)を奪還しようと軍を派遣して占領したが、当初うまくいくと思われたこの行動はサッチャー首相の決断によりマルビーナス戦争に発展し、イギリスの反撃に遭い失敗した。建国以来初めての敗戦によって高まった国民の不満を受けたガルティエリ大統領は失脚し、軍事政権は崩壊した。しかし、この戦争はアルゼンチンと他のラテンアメリカ諸国との絆を強め、ラテンアメリカの一員としてのアルゼンチンのアイデンティティのあり方に影響をも与えた。アルゼンチン フレッシュアイペディアより)

  • アルゼンチン

    アルゼンチンから見たネストル・キルチネル

    経済の崩壊後、アルゼンチンの国際的な評価は地に落ちた。政治面では大統領が次々と入れ替わる大混乱に陥り、社会的にもデモや暴動が多発する異常事態に陥った。しかし、2003年に正義党左派から就任したネストル・キルチネルの下で政治は安定を取り戻し、それまでの新自由主義、市場原理主義と決別。富裕層優遇をやめ、国民の大多数を占めている貧困層を減らし中間層へと移行させるなどより公正な社会を目指す政策を実行した。経済的な再建も進んだ。アルゼンチン フレッシュアイペディアより)

  • アルゼンチン

    アルゼンチンから見た国際通貨基金

    IMFの統計によると、2009年のGDPは約3100億ドル(約27兆円)であり、日本の6%、神奈川県よりやや小さい経済規模である。アルゼンチンはメルコスール、南米共同体の加盟国である。アルゼンチン フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
482件中 1 - 10件表示

「アルゼンチン」のニューストピックワード