482件中 91 - 100件表示
  • アルゼンチン

    アルゼンチンから見た女性

    2007年10月、正義党からキルチネルの妻のクリスティーナ・フェルナンデス・デ・キルチネルが同国史上初の「選挙による」女性大統領に就任した。就任演説で「雇用と工業・輸出・農業を基礎とする新しい多様化した経済基盤」を構築すると述べた。2007年の経済成長率は8%を記録し、近年のアルゼンチンは予断を許さないものの、リーマンショック以降の世界的不況とは裏腹に好調を維持している。アルゼンチン フレッシュアイペディアより)

  • アルゼンチン

    アルゼンチンから見た近代オリンピック

    アルゼンチンの最大のライバルはやはりブラジルであり、オリンピックやサッカーの大会があるたびにお互いに強烈な対抗意識を持って争っていたが、ラウル・アルフォンシンの融和政策が功を奏し、現在ではお互いにメルコスールに加盟するなどの経済統合が進んでいる。以上のような事情により、現在アルゼンチンはブラジルを軸としたラテンアメリカ統合の主要国として影響力を保っている。対外政策では一線を画しながらも、石油・天然ガスを軸にしたベネズエラのチャベス政権との友好関係がキルチネル政権以来続いている。アルゼンチン フレッシュアイペディアより)

  • アルゼンチン

    アルゼンチンから見たFIFAワールドカップ

    サッカー大国であり、ディエゴ・マラドーナを筆頭にサッカー史上に残る名選手を多く輩出し、ブラジルと並ぶ南米の強豪として知られている。代表チームはFIFAワールドカップの常連であり、優勝2回、準優勝2回を誇る。1978年には、FIFAワールドカップ・アルゼンチン大会が行われた。国内リーグもリーベル・プレート、ボカ・ジュニオルス、CAサン・ロレンソ、ラシン・クラブなどの名門クラブが鎬を削っている。アルゼンチン フレッシュアイペディアより)

  • アルゼンチン

    アルゼンチンから見たワイナ・カパック

    その後15世紀後半に現ペルーのクスコを中心に発展したケチュア人の国家、タワンティンスーユ(インカ帝国)の皇帝トゥパック・インカ・ユパンキとワイナ・カパックの征服によって、北西部のアンデス山脈地域はタワンティンスーユに編入された。征服された地域はタワンティンスーユ内の四州の内の一州、コジャスーユの辺境の地となり、30万人ほどのケチュア人やアイマラ人が住むようになった。アルゼンチンにおけるコジャスーユの領域は北は現在のフフイ州から南はメンドーサ州、東はサンティアゴ・デル・エステロ州の北部にまで広がっていた。その一方でインカ帝国の権威が及ばなかったチャコやパンパやパタゴニアには、チャルーア人のような狩猟インディヘナが主に居住しており、パンパやチャコにもグアラニー人のような粗放な農耕を営むインディヘナがいたが、全般的にこの地域に住む人間の数は少なかった。アルゼンチン フレッシュアイペディアより)

  • アルゼンチン

    アルゼンチンから見た世界遺産

    アルゼンチン国内には、ユネスコの世界遺産リストに登録された文化遺産が4件、自然遺産が4件存在する。詳細は、アルゼンチンの世界遺産を参照。アルゼンチン フレッシュアイペディアより)

  • アルゼンチン

    アルゼンチンから見た反ユダヤ

    ユダヤ人はヨーロッパからのアシュケナジムがほとんどだが、シリアからのセファルディムも15-20%ほどいる(詳細はユダヤ系アルゼンチン人を参照)。経済的にユダヤ系の力が強いため、アルゼンチン社会、特に軍部の反ユダヤ主義は根強く、軍事政権下では「汚い戦争」の中で、ユダヤ人がイスラエルの兵器で弾圧されるという矛盾も起きた。アルゼンチン フレッシュアイペディアより)

  • アルゼンチン

    アルゼンチンから見たトウモロコシ

    主要輸出品目は小麦、トウモロコシ、牛肉、ワインなどの農産物に加え、パタゴニアの石油と、近年は天然ガスも有望視されている。アルゼンチン フレッシュアイペディアより)

  • アルゼンチン

    アルゼンチンから見た温泉

    パタゴニアを中心にいくつかの大きな湖が存在する。アルヘンティーノ湖とビエドマ湖がサンタ・クルス州に、ナウエル・ウアピ湖がリオ・ネグロ州に、ファグナノ湖がティエラ・デル・フエゴ州に、コルウエ・ウアピ湖とムステル湖がチュブ州に、ブエノスアイレス湖とオイギンス・サン=マルティン湖はチリとの国境を形成している。国内で最も大きい塩湖はチクキタ海である。アルゼンチンの多数の貯水池がダムによって作られている。エントレ・リオス州にはテルマス・デ・リオ・オンドなど、水温は30℃から65℃の温泉があり、川を挟んで対岸のウルグアイ北部にも温泉がある。アルゼンチン フレッシュアイペディアより)

  • アルゼンチン

    アルゼンチンから見た年金

    1989年に就任した正義党(ペロン党)のカルロス・メネムは、1990年の湾岸戦争に南アメリカで唯一軍を派遣し、1991年には非同盟諸国首脳会議から脱退するなど先進国との国際協調路線を標榜し、孤立していたアルゼンチンを国際社会に復帰させた。軍事面でもメネム時代には「汚い戦争」に携わった軍人の恩赦が認められた一方で、核軍縮や徴兵制の廃止など、軍部の権力の制限がさらに進んだ。一方経済面では当初公約で掲げていたペロニスモ路線(社会民主主義)とは180度異なる新自由主義政策を取った。社会インフラや年金をも民営化した新自由主義政策は成功したかに見え、メネム特有のネオ・ポプリスモ政策と対ドルペッグ固定相場政策で長年の懸念だったインフレを抑制し、アルゼンチン経済を持ち直したかに見えたが、1997年頃にはこの政策の無理が徐々に明らかになっていった。1999年の大統領選挙では急進党のフェルナンド・デ・ラ・ルアが勝利したが、すでに経済は危険な水準に達しており、IMFからの援助や公務員給与の削減なども効果はなく、最終的にはドルペッグ制の破綻をきっかけに2001年にデ・ラ・ルアはデフォールトを決行した。アルゼンチン フレッシュアイペディアより)

  • アルゼンチン

    アルゼンチンから見たノーベル賞

    化学部門で3人のノーベル賞受賞者を出している。ルイス・フェデリコ・レロイル(ルイ・ルロワール)はノーベル化学賞受賞者であり、この化学賞はラテンアメリカ全体でも初めてのものだった。アルゼンチン フレッシュアイペディアより)

482件中 91 - 100件表示

「アルゼンチン」のニューストピックワード