557件中 21 - 30件表示
  • アルゼンチン

    アルゼンチンから見た新評論

    松下マルタ「ブエノスアイレス──南米のパリからラテンアメリカ型首都へ」『ラテンアメリカ都市と社会』 国本伊代、乗浩子編、新評論、1991年9月。ISBN 4-7948-0105-X。アルゼンチン フレッシュアイペディアより)

  • アルゼンチン

    アルゼンチンから見たアントニオ・ホセ・デ・スクレ

    独立戦争が難航する中、1816年7月9日にはで正式に独立を宣言したが、まだこの時点では独立の方向も定まっておらず、インカ皇帝を復活させて立憲君主制を導入しようとしていたベルグラーノ将軍のような人物から、のようにアメリカ合衆国のような連邦共和制を求める勢力もあり、ブエノスアイレスは自由貿易、貿易独占を求めるなど、独立諸派の意見は全く一致しなかった。ベルグラーノ将軍がに失敗し、司令官を辞任すると、後を継いだ司令官のホセ・デ・サン・マルティン将軍が''を行い、王党派の牙城リマを攻略するために遠征を重ね、王党派軍を破ってチリ(、)、解放者シモン・ボリーバルのコロンビア共和国解放軍から派遣されたアントニオ・ホセ・デ・スクレがペルー()を解放していったが、本国ではブエノスアイレスの貿易独占に反対する東方州やリトラル三州のアルティーガス派(連邦同盟)とブエノスアイレス(トゥクマン議会派)の対立が激しさを増し、内戦が続いた。内戦の末、1821年にが失脚すると中央政府は崩壊したが、中央政府が存在しないことは外交上不利であったため、各州の妥協により1825年にブエノスアイレス州が連合州の外交権を持つことを認められた。アルゼンチン フレッシュアイペディアより)

  • アルゼンチン

    アルゼンチンから見たベルナルド・ウサイ

    ベルナルド・ウサイのような優れた研究者の残した業績の伝統もあって、現在でも医療の研究や、その他には原子力の研究なども進んでいる。アルゼンチン フレッシュアイペディアより)

  • アルゼンチン

    アルゼンチンから見たホセ・エルナンデス

    アルゼンチン文学は1850年代からラテンアメリカ文学のリーダーであった。国家形成の時代の連邦派と統一派の争いが、当時のアルゼンチン文学のロマン主義文学のトーンを印象付けた。アルゼンチンにロマン主義を導入した自由主義者のエステバン・エチェベリーアの『エル・マタデーロ』(1840)ではロサスの圧政を寓意的に描き、同じく欧化主義者のドミンゴ・ファウスティーノ・サルミエントによって亡命先で著された『ファクンド』(1845)は、統一派の視点でラ・リオハ州の連邦派カウディージョ、フアン・ファクンド・キロガを野蛮の象徴として描き、ガウチョやインディオは近代化のための巨大な障害物と見做された。それに対しての傑作となったホセ・エルナンデスの叙事詩『』(1874)は、連邦派の視点でガウチョをアルゼンチンの精神を体現する象徴として描き、現在後者の『マルティン・フィエロ』はアルゼンチンの聖書と呼ばれ、国民文学の基礎だと位置づけられている。アルゼンチン フレッシュアイペディアより)

  • アルゼンチン

    アルゼンチンから見たパジャドール

    このように、アルゼンチンといえばブエノスアイレスのヨーロッパ風のイメージとともに、まず第一にタンゴが連想されるが、しかしタンゴはやはりラ・プラタ川流域の音楽であり、内陸部ではサンバ、パジャドール、チャカレーラ、チャマメ、カルナバリート(実質ワイニョ)などのさまざまなフォルクローレ(民謡)が存在する。こうしたフォルクローレはいくつか隣国のウルグアイとも共通しており、タンゴの元になった黒人音楽カンドンベも元々はアルゼンチン・ウルグアイに共通する音楽だったが、アルゼンチンでの黒人人口の減少と共にアルゼンチンでは廃れていき、現在カンドンベはウルグアイの国民音楽になっている。アルゼンチン フレッシュアイペディアより)

  • アルゼンチン

    アルゼンチンから見たグラシェラ・スサーナ

    アンデスのフォルクローレの代表曲である花祭り (ウマウアカの男)はウマウアカのカルナバルを歌ったものだが、特にアンデス地方のフォルクローレではアルゼンチンのものが日本に最も早く紹介されたこともあり、世界の人々にとってフォルクローレと言えば本場のボリビアと並んでアルゼンチンのものが連想される要因ともなっている。アルゼンチンでの海外の声の代表を自認したアタウアルパ・ユパンキや、メルセデス・ソーサ、ウニャ・ラモスらは世界的に有名であり、日本限定だがグラシェラ・スサーナも有名である。チャランゴ奏者のハイメ・トーレスのように伝統的なフォルクローレを展開する表現者以外にも、近年は新世代のミュージシャンが、欧米のシンガー・ソングライターやジャズ、エレクトロニカなどに影響を受けた新しいフォルクローレを続々と生み出している。代表的なアーティストは、リリアナ・エレーロ、アカ・セカ・トリオ、マリアナ・バラフ、カルロス・アギーレなど。日本でも徐々に注目されており、『オーガニック・ブエノスアイレス』というコンピレーション・アルバムも発表された。アルゼンチン フレッシュアイペディアより)

  • アルゼンチン

    アルゼンチンから見たアンドレス・ノシオーニ

    バスケットボールも第1回世界選手権の開催国ということもあり人気が高く、マヌ・ジノビリ、ファブリシオ・オベルト、アンドレス・ノシオーニらNBAプレイヤーも輩出している。アテネ五輪では金メダルを獲得している。アルゼンチン フレッシュアイペディアより)

  • アルゼンチン

    アルゼンチンから見たアストル・ピアソラ

    世界的にウルグアイのモンテビデオと共に、ブエノスアイレス、特にラ・ボカとサン・テルモはタンゴ・リオプラテンセ(ラ・プラタ川風タンゴ。日本に限らず世界ではアルゼンチン・タンゴと呼ばれることが多い)の中心として知られるが、1850年代からカンドンベを下敷きにして、ハバネラ、ミロンガなどの影響を受けてボカで育ったこのリズムは、1920年代以降、カルロス・ガルデルのフランス公演が大成功するとヨーロッパでも大流行し、コンチネンタル・タンゴにもなった。1930年代の最盛期を過ぎるとこの流行は長くは続かずに1950年代ごろには下火になり、その後タンゴはアルゼンチンでも衰退をたどるが、アストル・ピアソラの登場により持ち直した。アルゼンチン フレッシュアイペディアより)

  • アルゼンチン

    アルゼンチンから見たチェ・ゲバラ

    正統な文学者ではないが、キューバ革命の指導者の一人であり、ラテンアメリカにおける社会主義理論家として知られ、文学でも『モーターサイクル・ダイアリーズ』や、革命中のゲリラ戦の経験をまとめた『ゲリラ戦争』(1961)、『ゲバラ日記』(1968)などを残し、キューバの閣僚を務めたこともあるエルネスト・チェ・ゲバラもアルゼンチン出身の文筆家として名高い。アルゼンチン フレッシュアイペディアより)

  • アルゼンチン

    アルゼンチンから見たアルベルト・ヒナステラ

    そしてそれだけがこの国の音楽の全てではなく、クラシックやジャズやポップスの分野でも、作曲家のアルベルト・ヒナステラ、ピアニストのマルタ・アルゲリッチ、イングリット・フリッター、ラロ・シフリン等、時折注目すべき人物を輩出することもある。1960年代生まれからは、作曲や指揮の領域でも傑出した人材を輩出している。その他に特筆されるべき音楽家としては、扇情的なサクソフォーンとフリージャズを構成するガトー・バルビエリが存在する。アルゼンチン フレッシュアイペディアより)

557件中 21 - 30件表示

「アルゼンチン」のニューストピックワード