482件中 51 - 60件表示
  • アルゼンチン

    アルゼンチンから見たファブリシオ・オベルト

    バスケットボールも第1回世界選手権の開催国ということもあり人気が高く、エマヌエル・ジノビリ、ファブリシオ・オベルト、アンドレス・ノシオーニらNBAプレイヤーも輩出している。アテネ五輪では金メダルを獲得している。アルゼンチン フレッシュアイペディアより)

  • アルゼンチン

    アルゼンチンから見たファナ・モリーナ

    2000年代に入ってからは、アルゼンチン音響派がまるでかつてのブラジルにおけるトロピカリズモ運動のような新たなムーブメントとなっており、ファナ・モリーナやサンティアゴ・バスケス、フェルナンド・カブサッキ、アレハンドロ・フラノフなどは日本でも人気を博している。クラブシーンにおいてはコロンビア生まれのクンビアがブエノスアイレス近郊で発達を遂げ、デジタル・クンビアが生まれた。アルゼンチン フレッシュアイペディアより)

  • アルゼンチン

    アルゼンチンから見たリベルタ・ラマルケ

    世界初のアニメ映画は1917年に漫画家のキリーノ・クリスティアーニによってアルゼンチンで製作された。アルゼンチン映画は1930年代から1950年代にかけて黄金時代を迎え、現在、その時代の作品の多くはスペイン語による古典映画だとみなされている。映画産業はアルゼンチン映画初のスターとなり、タンゴの歌手でもある、リベルタ・ラマルケや、フローレン・デルベーネ、ティト・ルシアルド、ティタ・メレージョ、ロベルト・エスカラーダ、ウーゴ・デル・カリールのような俳優を輩出した。アルゼンチン フレッシュアイペディアより)

  • アルゼンチン

    アルゼンチンから見たエクトル・オリベラ

    その後も『ロス・インダドス』(1955)によりブラジルのネルソン・ペレイラ・ドス・サントスやキューバのフリオ・ガルシア・エスピノーサと共に新ラテンアメリカ映画運動の牽引者となったフェルナンド・ビッリや、アレハンドロ・アグリステ、エクトル・オリベラ、『スール/その先は……愛』(1988)のフェルナンド・E・ソラーナス、『ブエノスアイレスの夜』(2001)のフィト・パエスといった映画監督が活躍している。ラ・プラタ市とマル・デル・プラタで例年映画祭が催されている。アルゼンチン フレッシュアイペディアより)

  • アルゼンチン

    アルゼンチンから見たホルヘ・ルイス・ボルヘス

    その他にもフアン・バウティスタ・アルベルディ、ロベルト・アルルト、エンリケ・バンチス、アドルフォ・ビオイ・カサレス、エウヘニオ・カンバセレス、レオポルド・ルゴネス、エドゥアルド・マジェーア、エセキエル・マルティネス・エストラーダ、トマス・エロイ・マルティネス、ビクトリア・オカンポ、エルネスト・サバト、オスバルド・ソリアーノ、アルフォンシナ・ストルニ、マリア・エレーナ・ワルシュ、ホルヘ・ルイス・ボルヘス、フリオ・コルタサル、マヌエル・プイグのように、アルゼンチンは国際的に特筆される作家、詩人、知識人を生み出している。 キノ(ホアキン・サルバドール・ラバード)は世界中で多くの読者を楽しませている。文学においてもブエノスアイレスかそれ以外かという対立は、後のモデルニスモ文学や20世紀の文学においても続いた。アルゼンチン フレッシュアイペディアより)

  • アルゼンチン

    アルゼンチンから見たマルタ・アルゲリッチ

    そしてそれだけがこの国の音楽の全てではなく、クラシックやジャズやポップスの分野でも、作曲家のアルベルト・ヒナステラ、ピアニストのマルタ・アルゲリッチ、イングリット・フリッター、ラロ・シフリン等、時折注目すべき人物を輩出することもある。1960年代生まれからは、作曲や指揮の領域でも傑出した人材を輩出している。その他に特筆されるべき音楽家としては、扇情的なサクソフォーンとフリージャズを構成するガトー・バルビエリが存在する。アルゼンチン フレッシュアイペディアより)

  • アルゼンチン

    アルゼンチンから見たカルロス・モンソン

    ボクシングにおいても、70年代の世界ミドル級王座に長期政権を築いた名王者カルロス・モンソン、ジュニア・ウェルター級の世界王者ニコリノ・ローチェらを輩出している。2000年代にもフライ級でオマール・ナルバエスが長期政権を築いている。アルゼンチン フレッシュアイペディアより)

  • アルゼンチン

    アルゼンチンから見たホセ・デ・サン・マルティン

    独立戦争が難航する中、1816年7月9日にはトゥクマンの議会で正式に独立を宣言したが、まだこの時点では独立の方向も定まっておらず、インカ皇帝を復活させて立憲君主制を導入しようとしていたベルグラーノ将軍のような人物から、ホセ・ヘルバシオ・アルティーガスのようにアメリカ合衆国のような連邦共和制を求める勢力もあり、ブエノスアイレスは自由貿易、貿易独占を求めるなど、独立諸派の意見は全く一致しなかった。ベルグラーノ将軍が三度目のアルト・ペルー攻撃に失敗し、北部軍司令官を辞任すると、後を継いだアンデス軍司令官のホセ・デ・サン・マルティン将軍がアンデスを越えて王党派の牙城リマを攻略するために遠征を重ね、王党派軍を破ってチリ、ペルーを解放していったが、本国ではブエノスアイレスの貿易独占に反対する東方州やリトラル三州のアルティーガス派(連邦同盟)とブエノスアイレス(トゥクマン議会派)の対立が激しさを増し、内戦が続いた。内戦の末、1821年にプエイレドンが失脚すると中央政府は崩壊したが、中央政府が存在しないことは外交上不利であったため、各州の妥協により1825年にブエノスアイレス州が連合州の外交権を持つことを認められた。アルゼンチン フレッシュアイペディアより)

  • アルゼンチン

    アルゼンチンから見たルイス・フェデリコ・レロイル

    化学部門で3人のノーベル賞受賞者を出している。ルイス・フェデリコ・レロイル(ルイ・ルロワール)はノーベル化学賞受賞者であり、この化学賞はラテンアメリカ全体でも初めてのものだった。アルゼンチン フレッシュアイペディアより)

  • アルゼンチン

    アルゼンチンから見たファン=マルティン・エルナンデス

    ファン=マルティン・エルナンデス、イグナシオ・コルレト、アウグスティン・ピジョットらが非常に人気選手であり、彼らはフランスの強豪スタッド・フランセでプレイ中。アルゼンチン フレッシュアイペディアより)

482件中 51 - 60件表示

「アルゼンチン」のニューストピックワード