482件中 71 - 80件表示
  • アルゼンチン

    アルゼンチンから見た塩湖

    パタゴニアを中心にいくつかの大きな湖が存在する。アルヘンティーノ湖とビエドマ湖がサンタ・クルス州に、ナウエル・ウアピ湖がリオ・ネグロ州に、ファグナノ湖がティエラ・デル・フエゴ州に、コルウエ・ウアピ湖とムステル湖がチュブ州に、ブエノスアイレス湖とオイギンス・サン=マルティン湖はチリとの国境を形成している。国内で最も大きい塩湖はチクキタ海である。アルゼンチンの多数の貯水池がダムによって作られている。エントレ・リオス州にはテルマス・デ・リオ・オンドなど、水温は30℃から65℃の温泉があり、川を挟んで対岸のウルグアイ北部にも温泉がある。アルゼンチン フレッシュアイペディアより)

  • アルゼンチン

    アルゼンチンから見たソーセージ

    アルゼンチンの主菜である肉料理は実に多彩であり、特にアサード、ビフェ・デ・チョリソ(サーロインステーキ)、チョリソや臓物も含んだ焼肉の盛り合わせであるパリージャ(Parrilla)が有名である。アルゼンチン フレッシュアイペディアより)

  • アルゼンチン

    アルゼンチンから見たパスタ

    日本ではほとんど知られていないが、大畜産国として発展の基礎を築いただけあって、肉料理などを中心に充実した食文化の歴史がある。その一例として、多くのイタリア移民が持ち込んだパスタ類や、ドゥルセ・デ・レチェなどの菓子類等もバラエティに富んでいる。ブエノスアイレス、地方を問わずエンパナーダも広く食べられている。魚は、大きなスーパーや中国人街以外では、メルルーサ(タラ)かサケくらいしか売っていないが、イグアスの滝に近い北部の亜熱帯地方ではスルビ(ナマズの一種)、クージョのアンデス山脈付近ではトゥルーチャ(マス)など、川魚を食べる地方もある。アルゼンチン フレッシュアイペディアより)

  • アルゼンチン

    アルゼンチンから見た内閣

    大統領を元首とする連邦共和制国家であり、内閣、上下両院制の複数政党制議会を備える。大統領、副大統領ともに直接選挙で選ばれ、任期は4年。大統領と内閣は行政権を行使し、内閣の大臣は大統領によって任命される。2007年10月には大統領選挙により、イサベル・ペロンに続いて同国二人目の(選挙によるものでは初めての)女性大統領が誕生した。アルゼンチン フレッシュアイペディアより)

  • アルゼンチン

    アルゼンチンから見た菓子

    日本ではほとんど知られていないが、大畜産国として発展の基礎を築いただけあって、肉料理などを中心に充実した食文化の歴史がある。その一例として、多くのイタリア移民が持ち込んだパスタ類や、ドゥルセ・デ・レチェなどの菓子類等もバラエティに富んでいる。ブエノスアイレス、地方を問わずエンパナーダも広く食べられている。魚は、大きなスーパーや中国人街以外では、メルルーサ(タラ)かサケくらいしか売っていないが、イグアスの滝に近い北部の亜熱帯地方ではスルビ(ナマズの一種)、クージョのアンデス山脈付近ではトゥルーチャ(マス)など、川魚を食べる地方もある。アルゼンチン フレッシュアイペディアより)

  • アルゼンチン

    アルゼンチンから見たナポリ

    言語はスペイン語(リオプラテンセ・スペイン語)が公用語であり、アルゼンチンではエスパニョールではなくカステジャーノと呼ばれる。ポルテーニョ(ブエノスアイレス市民)のアクセントはイタリア語のナポリ方言の影響が強く、ヨーロッパ移民、特にイタリア移民の影響により、ラ・プラタ地域で話されるルンファルドと呼ばれる独特の俗語が形成されてきた。アルゼンチンはスペイン語圏でも二人称単数においてボセオ(Voseo)のみが全土で使用されている数少ない国であり、ボセオはアルゼンチンのアイデンティティとなっている。アルゼンチン フレッシュアイペディアより)

  • アルゼンチン

    アルゼンチンから見た第一次世界大戦

    また、この時期に生まれた中間層を基盤に、寡頭支配層の大地主の不正政治を改めて政治の民主化を求める声も強くなり、1890年の反政府反乱をきっかけに1891年には急進的人民同盟が組織され、これは後の急進市民同盟(急進党)へと発展して行った。急進党は1905年の武装蜂起に失敗したが、この反乱を恐れた保守派のロケ・サエンス・ペーニャ大統領は以降行政による選挙干渉をやめることを提案し、司法が行政に優越する新選挙法を成立させた。この選挙法が適用された1916年の選挙では急進党からイポリト・イリゴージェン大統領が選出され、寡頭支配が切り崩された。国民主義的な政策をもって政治に臨んだイリゴージェンは、第一次世界大戦を中立国として過ごした。民主化の進展によって戦間期には政治も経済も安定に入り、イリゴージェンは1928年に再選され、アルゼンチンは1929年には世界第五位の富裕国となった。アルゼンチン フレッシュアイペディアより)

  • アルゼンチン

    アルゼンチンから見たラジオ

    アルゼンチンはラジオ放送を始めた国家のパイオニアだった。1920年8月27日、Sociedad Radio Argentinaは「我々は今、ブエノスアイレスの下町のコリセオ劇場からのリヒャルト・ワーグナーのパルジファルオペラの実演をあなたの家に送っています。」と発表した。もっとも市内の20家庭しかラジオ受信機を所持していなかった。アルゼンチン フレッシュアイペディアより)

  • アルゼンチン

    アルゼンチンから見たパリ

    アルゼンチンの都市はヨーロッパ移民の影響が反映されているため、非常にヨーロッパ的である。多くの都市はスペイン風に広場を中心に建設され、カテドラルと重要な役所(カビルド)は広場に面して建てられる(ただし、ブエノスアイレスは1850年代以降フランスのパリを忠実にモデルにして改造された)。一般的に都市の配置はダメロと呼ばれる碁盤目上であるが、19世紀末にワシントンD.C.をモデルに建設されたラ・プラタ市など近代的な計画都市はこの様式からかけ離れていることもある。アルゼンチン フレッシュアイペディアより)

  • アルゼンチン

    アルゼンチンから見た地対空ミサイル

    アルゼンチン陸軍 (Ejército Argentino)は兵員4万1400人からなる。軍団3。空挺旅団1、機械化旅団1、などを擁し、装備品はTAM200両、軽戦車150両。地対空ミサイルはタイガーキャットなど。アルゼンチン フレッシュアイペディアより)

482件中 71 - 80件表示

「アルゼンチン」のニューストピックワード