482件中 81 - 90件表示
  • アルゼンチン

    アルゼンチンから見たピアニスト

    そしてそれだけがこの国の音楽の全てではなく、クラシックやジャズやポップスの分野でも、作曲家のアルベルト・ヒナステラ、ピアニストのマルタ・アルゲリッチ、イングリット・フリッター、ラロ・シフリン等、時折注目すべき人物を輩出することもある。1960年代生まれからは、作曲や指揮の領域でも傑出した人材を輩出している。その他に特筆されるべき音楽家としては、扇情的なサクソフォーンとフリージャズを構成するガトー・バルビエリが存在する。アルゼンチン フレッシュアイペディアより)

  • アルゼンチン

    アルゼンチンから見た移民

    日本ではほとんど知られていないが、大畜産国として発展の基礎を築いただけあって、肉料理などを中心に充実した食文化の歴史がある。その一例として、多くのイタリア移民が持ち込んだパスタ類や、ドゥルセ・デ・レチェなどの菓子類等もバラエティに富んでいる。ブエノスアイレス、地方を問わずエンパナーダも広く食べられている。魚は、大きなスーパーや中国人街以外では、メルルーサ(タラ)かサケくらいしか売っていないが、イグアスの滝に近い北部の亜熱帯地方ではスルビ(ナマズの一種)、クージョのアンデス山脈付近ではトゥルーチャ(マス)など、川魚を食べる地方もある。アルゼンチン フレッシュアイペディアより)

  • アルゼンチン

    アルゼンチンから見た国際連合教育科学文化機関

    アルゼンチン国内には、ユネスコの世界遺産リストに登録された文化遺産が4件、自然遺産が4件存在する。詳細は、アルゼンチンの世界遺産を参照。アルゼンチン フレッシュアイペディアより)

  • アルゼンチン

    アルゼンチンから見たクーデター

    しかし、1929年の世界恐慌はアルゼンチンのモノカルチャー経済を襲い、政治は急速に不安定化した。世界恐慌に対する対策を持たなかったイリゴージェンは翌1930年に軍事クーデターで追放された。アルゼンチン フレッシュアイペディアより)

  • アルゼンチン

    アルゼンチンから見た学級崩壊

    幼稚園から初等教育が始まり、5歳から14歳までの10年間の無償の初等教育、前期中等教育が義務教育期間となり、その後3年間の後期中等教育を経て高等教育への道が開ける。初等、中等教育の問題としては落第率の高さや、待遇の悪さから起きる教員のストライキと予算不足から来る十分な授業日数確保の不備、学級崩壊などが挙げられる。アルゼンチン フレッシュアイペディアより)

  • アルゼンチン

    アルゼンチンから見た幼稚園

    幼稚園から初等教育が始まり、5歳から14歳までの10年間の無償の初等教育、前期中等教育が義務教育期間となり、その後3年間の後期中等教育を経て高等教育への道が開ける。初等、中等教育の問題としては落第率の高さや、待遇の悪さから起きる教員のストライキと予算不足から来る十分な授業日数確保の不備、学級崩壊などが挙げられる。アルゼンチン フレッシュアイペディアより)

  • アルゼンチン

    アルゼンチンから見たマヌエル・ベルグラーノ

    1806年、1807年の二度にわたるイギリス軍の侵略を打ち破った後、スペインからの解放と自由貿易を求めたポルテーニョは1810年5月25日に五月革命を起こし、ブエノスアイレスは自治を宣言したが、ラ・プラタ副王領のパラグアイ、バンダ・オリエンタル、アルト・ペルー、コルドバはブエノスアイレス主導の自治に賛成しなかった。このためブエノスアイレス政府は各地に軍を送り、コルドバを併合することには成功したが、1811年のマヌエル・ベルグラーノ将軍のパラグアイ攻略は失敗した。1813年のサンロレンソの戦いにも勝利するとスペイン王党派軍との戦いが本格化するが、しかし王党派の支配していたアルト・ペルー攻略は失敗した。アルゼンチン フレッシュアイペディアより)

  • アルゼンチン

    アルゼンチンから見たヨハネ・パウロ2世

    ビーグル水道で領土問題を抱えていたチリとは伝統的に仲が悪く、第二次大戦後は何度か戦争直前にまで陥ったこともあった。1984年にローマ教皇フアン・パブロ2世の仲介により、アルゼンチンが係争地のピクトン島・レノックス島・ヌエバ島のチリ帰属を認め、領土問題で妥協することにより友好関係が確立された。しかし、その後2004年に事前に連絡なくチリへの天然ガスの輸送を停止してしまったことが大きな外交問題となった。アルゼンチン フレッシュアイペディアより)

  • アルゼンチン

    アルゼンチンから見たベーリング海峡

    アルゼンチンの最初の住民は、紀元前11,000年にベーリング海峡を渡ってアジアからやって来た人々だった。彼らは現在パタゴニアに残る「手の洞窟」を描いた人々であった。アルゼンチン フレッシュアイペディアより)

  • アルゼンチン

    アルゼンチンから見たイポリト・イリゴージェン

    また、この時期に生まれた中間層を基盤に、寡頭支配層の大地主の不正政治を改めて政治の民主化を求める声も強くなり、1890年の反政府反乱をきっかけに1891年には急進的人民同盟が組織され、これは後の急進市民同盟(急進党)へと発展して行った。急進党は1905年の武装蜂起に失敗したが、この反乱を恐れた保守派のロケ・サエンス・ペーニャ大統領は以降行政による選挙干渉をやめることを提案し、司法が行政に優越する新選挙法を成立させた。この選挙法が適用された1916年の選挙では急進党からイポリト・イリゴージェン大統領が選出され、寡頭支配が切り崩された。国民主義的な政策をもって政治に臨んだイリゴージェンは、第一次世界大戦を中立国として過ごした。民主化の進展によって戦間期には政治も経済も安定に入り、イリゴージェンは1928年に再選され、アルゼンチンは1929年には世界第五位の富裕国となった。アルゼンチン フレッシュアイペディアより)

482件中 81 - 90件表示

「アルゼンチン」のニューストピックワード