アルツハイマー病 ニュース&Wiki etc.

アルツハイマー型認知症(アルツハイマーがたにんちしょう、Alzheimer's disease、AD)は、認知機能低下、人格の変化を主な症状とする認知症の一種である。日本では、認知症のうちでも脳血管性認知症、レビー小体病と並んで最も多いタイプである。 (出典:Wikipedia)

「アルツハイマー病」Q&A

  • Q&A

    生きてる意味とは? 私の存在価値とは? 生まれた理由とは? 存在する理由とは? 最…

    [続きを読む]

    回答数:7質問日時 - 2017年3月17日 03:15

  • Q&A

    糖尿病からアルツハイマー型認知症の症状が出て、かれこれ11年くらいたつ母と同居してい…

    [続きを読む]

    回答数:4質問日時 - 2017年3月13日 00:13

  • Q&A

    親より先に死ぬ方法 39歳バツイチ、子供は障害を持って産まれ、施設に預けています。 …

    [続きを読む]

    回答数:7質問日時 - 2017年3月11日 23:07

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「アルツハイマー型認知症」のつながり調べ

  • 抗酸化物質

    抗酸化物質から見たアルツハイマー型認知症

    酸化ストレスはアルツハイマー型認知症、パーキンソン病、糖尿病合併症、関節リウマチ、運動ニューロン病による神経変性など広範囲の病気の進行に寄与していると考えられている。これらの多くの場合において、酸化物質が病気の要因になっているのか、それとも病気と一般的な組織の損傷から二次的に酸化物質が作り出されているのか、不明確である。しかし、心血管疾患については酸化ストレスが関連していることがよく分かっている。低比重リポタンパク質(LDLコレステロール)の酸化がアテロームの発生を誘発し、それがアテローム性動脈硬化症となり、最終的には心臓血管の疾患に繋がるのである。またフリーラジカルと DNA損傷の関連より、癌に対する抗酸化物の予防効果についても研究されている。(抗酸化物質 フレッシュアイペディアより)

  • 抑肝散

    抑肝散から見たアルツハイマー

    近年の研究から、進行した「アルツハイマー型認知症」で起こる妄想や、徘徊(はいかい)、暴力などの抑制にも効能があることが知られている。(抑肝散 フレッシュアイペディアより)

「アルツハイマー型認知症」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ

「アルツハイマー病」のニューストピックワード