前へ 1 2 3 4 5 6 7
65件中 1 - 10件表示
  • サーチュイン遺伝子

    サーチュイン遺伝子から見たアルツハイマー病アルツハイマー病

    サーチュイン遺伝子は寿命や老化以外の作用も研究されている。マサチューセッツ大学の研究チームは、サーチュイン遺伝子の一種であるSIRT1遺伝子を欠損させたマウスで記憶障害が見られ記憶の調節に関与する可能性があり、さらにアルツハイマー病と筋萎縮性側索硬化症の動物モデルで神経変性疾患治療への応用を示唆している。サーチュイン遺伝子 フレッシュアイペディアより)

  • 長期増強

    長期増強から見たアルツハイマー型認知症アルツハイマー病

    長期増強は 1966 年に初めてテリエ・レモ (Terje Lomo) によりウサギの 海馬 (脳)で発見され、それ以降多くの研究の対象となった。現在の長期増強の研究の大部分はこの現象の基礎生物学的理解に関するものだが、長期増強と行動学的学習の因果関係に関するものも存在する。さらに他にも、学習と記憶を向上させるために長期増強を強化するような薬理学的手法などの開発も行われている。また、長期増強は臨床研究の対象にもなっている。例えば、アルツハイマー型認知症や薬物依存に関する研究がそれにあたる。長期増強 フレッシュアイペディアより)

  • キヲクドロボウ

    キヲクドロボウから見たアルツハイマーアルツハイマー病

    しかしその一方でアルツハイマーをはじめとする神経変性疾患の増加が地球規模で問題となっていた。キヲクドロボウ フレッシュアイペディアより)

  • アーヴィング・レイトン

    アーヴィング・レイトンから見たアルツハイマー病アルツハイマー病

    2006年1月4日にアルツハイマー病のため死去。アーヴィング・レイトン フレッシュアイペディアより)

  • リー・レドモンド

    リー・レドモンドから見たアルツハイマー病アルツハイマー病

    現在はアメリカ合衆国のユタ州のソルトレイクシティに妹のシエラと一緒に暮らしており、重いコートを着るなどの長い爪で行うことが難しいことは彼女が手伝っている。しかし車の運転、掃除機での掃除、食器洗い、孫娘の散髪などは彼女自身が行っており、アルツハイマー病を患わっている夫の看病の邪魔にはなっていないと語った。リー・レドモンド フレッシュアイペディアより)

  • エルメル・ディクトニウス

    エルメル・ディクトニウスから見たアルツハイマー病アルツハイマー病

    社会主義者で、晩年はアルコール中毒やアルツハイマー病と闘った。カウニアイネンにて没。ヘルシンキの墓地に埋葬された。エルメル・ディクトニウス フレッシュアイペディアより)

  • マレック・ヴァルチェフスキ

    マレック・ヴァルチェフスキから見たアルツハイマー型認知症アルツハイマー病

    2004年にアルツハイマー型認知症のために映画などの出演から退いた。マレック・ヴァルチェフスキ フレッシュアイペディアより)

  • トム・ブラウン (テニス選手)

    トム・ブラウン (テニス選手)から見たアルツハイマー型認知症アルツハイマー病

    2011年10月27日に89歳で死去した。晩年はアルツハイマー病を患っていた。トム・ブラウン (テニス選手) フレッシュアイペディアより)

  • カギカズラ

    カギカズラから見たアルツハイマーアルツハイマー病

    近年、釣藤鈎を含む漢方処方である釣藤散(釣藤鈎、橘皮、半夏、麦門冬、茯苓、人参、防風、菊花、石膏、甘草、生姜からなる)をアルツハイマー認知症型モデルのラットに投与した実験において、有意な症状の改善が見られたほか、脳血管障害型の痴呆モデルでも釣藤鈎の有効性が報告されており注目を集めている。釣藤散のほか抑肝散、七物降下湯などの漢方処方にも用いられている。なお、中国明代前半以前は藤皮が薬用部位とされていた。カギカズラ フレッシュアイペディアより)

  • フィセチン

    フィセチンから見たアルツハイマー病アルツハイマー病

    ソーク研究所での研究では、フィセチンが記憶力を改善し、アルツハイマー病の発病から脳を保護する可能性や、糖尿病による腎障害の低減に有効である可能性が示されている。フィセチン フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7
65件中 1 - 10件表示

「アルツハイマー病」のニューストピックワード