前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
287件中 1 - 10件表示
  • Pure Soul〜君が僕を忘れても〜

    Pure Soul〜君が僕を忘れても〜から見たアルツハイマー型認知症アルツハイマー型認知症

    永作博美、緒形直人を主演に据え、若年性アルツハイマー病に掛かり記憶障害に侵された妻と、彼女を献身的に支える夫との夫婦愛をテーマとした純愛物語で、侵される者とその家族の有り様など、アルツハイマーという病気について考えさせられるドラマである。Pure Soul〜君が僕を忘れても〜 フレッシュアイペディアより)

  • リバスチグミン

    リバスチグミンから見たアルツハイマー型認知症アルツハイマー型認知症

    1日1回貼付することで効果を示す経皮吸収型製剤(パッチ剤)のアルツハイマー型認知症治療剤である。リバスチグミン フレッシュアイペディアより)

  • 認知症

    認知症から見たアルツハイマー型認知症アルツハイマー型認知症

    皮質性認知症と皮質下性認知症という分類がなされる事もある。血管障害性と変性性という分類もあり、Hachinskiの虚血スコアが両者の区別にある程度有用である。日本では従来より血管性認知症が最も多いといわれていたが、最近はアルツハイマー型認知症が増加している。認知症 フレッシュアイペディアより)

  • 松井久子

    松井久子から見たアルツハイマー症アルツハイマー型認知症

    1998年、吉目木晴彦の芥川賞受賞(1993年)の小説『寂寥郊野』を原作に、新藤兼人が脚本を担当した、戦争花嫁として国際結婚をしてアメリカ合衆国ルイジアナ州バトンルージュに在住、晩年にアルツハイマー症を発症した日本人女性を描いた「ユキエ」で、監督デビューした。主演は、倍賞美津子である。このようなテーマのものとしては、1973年の有吉佐和子の原作を映画化した「恍惚の人」以来で、しかも中年女性のそれを女性監督の目で撮ったということで、さらに注目を集めた。松井久子 フレッシュアイペディアより)

  • 天 天和通りの快男児

    天 天和通りの快男児から見たアルツハイマー型痴呆アルツハイマー型認知症

    「東西戦」の9年後、麻雀の世界から身を引いてサラリーマンとして暮らしていたひろゆきは、たまたま見た新聞の訃報欄に赤木しげるの名前を見つける。困惑したまま赤木の葬儀、そして通夜に訪れたひろゆき。しかし、赤木はまだ生きていた。なぜこのようなことをするのかと問うひろゆきに、赤木、そして金光の口から衝撃の事実が告げられる。なんと、アルツハイマーにかかった赤木が、自分が自分であることを保てるうちに安楽死によって逝くことを決意し、その直前に「東」のメンバー全員と「西」の原田・僧我と最後の会話をする事を決めたというのだ。その事を知った者達は、ある者は赤木を引きとめようとし、ある者はその死を見届けようとするのだった。天 天和通りの快男児 フレッシュアイペディアより)

  • 青斑核

    青斑核から見たアルツハイマー病アルツハイマー型認知症

    アルツハイマー病ではLCニューロンの最大70%が失われている。。LC細胞から分泌されるノルエピネフリンは、大脳皮質や海馬のニューロン、グリア細胞、血管周囲の微小環境における内因性の抗炎症物質を供給している。ノルエピネフリンはアミロイドβにより誘導されるサイトカインの産生やアミロイドβの貪食を抑制するマイクログリアを刺激する。それゆえ、LCの変性がアルツハイマー病の脳でのアミロイドβの沈着に関与しているかもしれない。青斑核 フレッシュアイペディアより)

  • ビューティフルレイン

    ビューティフルレインから見たアルツハイマー型認知症アルツハイマー型認知症

    『ビューティフルレイン』は、2012年7月1日から同年9月16日までフジテレビ系列のドラマチック・サンデー(日曜21:00 - 21:54〈JST〉)枠で放送された日本のテレビドラマ。若年性アルツハイマー病の診断を受けた父親とその娘の親子愛を描く。ビューティフルレイン フレッシュアイペディアより)

  • 抗酸化物質

    抗酸化物質から見たアルツハイマー型認知症アルツハイマー型認知症

    酸化ストレスはアルツハイマー型認知症、パーキンソン病、糖尿病合併症、関節リウマチ、運動ニューロン病による神経変性など広範囲の病気の進行に寄与していると考えられている。これらの多くの場合において、酸化物質が病気の要因になっているのか、それとも病気と一般的な組織の損傷から二次的に酸化物質が作り出されているのか、不明確である。しかし、心血管疾患については酸化ストレスが関連していることがよく分かっている。低比重リポタンパク質(LDLコレステロール)の酸化がアテロームの発生を誘発し、それがアテローム性動脈硬化症となり、最終的には心臓血管の疾患に繋がるのである。またフリーラジカルと DNA損傷の関連より、癌に対する抗酸化物の予防効果についても研究されている。抗酸化物質 フレッシュアイペディアより)

  • 水道水フッ化物添加についての議論

    水道水フッ化物添加についての議論から見たアルツハイマー型痴呆アルツハイマー型認知症

    1980年代:後天性免疫不全症候群やアルツハイマー型痴呆との関連の懸念水道水フッ化物添加についての議論 フレッシュアイペディアより)

  • アルファ-シヌクレイン

    アルファ-シヌクレインから見たアルツハイマー型認知症アルツハイマー型認知症

    このタンパクの断片が、アルツハイマー病に蓄積するアミロイド中の (主な構成成分であるアミロイドベータとは別の) 成分として発見され、もとのタンパク質がNACP (Non-Abeta comonent precursor 非アミロイド成分の前駆体) と命名された。後にこれがシビレエイ属のシヌクレインタンパクと相同であることがわかり、ヒトα-シヌクレインと呼ばれるようになった。アルファ-シヌクレイン フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
287件中 1 - 10件表示

「アルツハイマー病」のニューストピックワード