287件中 91 - 100件表示
  • 1990年の日本の女性史

    1990年の日本の女性史から見たアルツハイマー型認知症アルツハイマー型認知症

    9月17日 長野地方裁判所、重度のアルツハイマー病の59歳の妻相手に離婚訴訟を起こした42歳の夫に離婚を認める判決。同病理由の離婚訴訟は全国で初めて1990年の日本の女性史 フレッシュアイペディアより)

  • Ω-3脂肪酸

    Ω-3脂肪酸から見たアルツハイマー型痴呆アルツハイマー型認知症

    DHAは精液や脳、網膜のリン脂質に含まれる脂肪酸の主要な成分である。DHAの摂取は血中の中性脂肪(トリグリセライド)量を減少させ、心臓病の危険を低減する。また、DHAが不足すると脳内セロトニンの量が減少し、多動性障害を引き起こすという報告がある 。アルツハイマー型痴呆やうつ病などの疾病に対してもDHAの摂取は有効であるといわれている。Ω-3脂肪酸 フレッシュアイペディアより)

  • キヌレニン経路

    キヌレニン経路から見たアルツハイマー病アルツハイマー型認知症

    キヌレニン経路の酵素や中間代謝物またはその生成物は免疫系や神経系へ作用したり作用を受けたりするものがあり、これら酵素の活性や中間代謝物や生成物の不均衡と、さまざまな疾患(例えば、多発性硬化症、筋萎縮性側索硬化症、癌、神経変性疾患(ハンチントン病、パーキンソン病、アルツハイマー病)、精神病(統合失調症、うつ病)、エイズ認知症、マラリアなど)との関連が研究されている。キヌレニン経路 フレッシュアイペディアより)

  • ブロックバスター (医薬品)

    ブロックバスター (医薬品)から見たアルツハイマー型認知症アルツハイマー型認知症

    なお、日本の製薬企業が創出したブロックバスターとしては、ピオグリタゾン塩酸塩(アクトス®(糖尿病薬))、ブロプレス(降圧剤)、プログラフ(免疫抑制剤)、ロスバスタチン(クレストール®(高脂血症薬))、アリセプト(アルツハイマー型認知症薬)や古くはカルシウム拮抗薬のヘルベッサー®(ジルチアゼム塩酸塩)などが挙げられる。ブロックバスター (医薬品) フレッシュアイペディアより)

  • ジェームズ・ドゥーアン

    ジェームズ・ドゥーアンから見たアルツハイマー病アルツハイマー型認知症

    晩年はパーキンソン病やアルツハイマー病、肺炎などの病に悩まされた。遺言により遺骨はスペース・サービシスが企画したスペースX社製ファルコンロケット使用の宇宙葬「エクスプローラーズ・フライト」で宇宙空間に放たれた。当初は2005年12月6日に実施の予定だったが延期され、2007年4月28日に米ニューメキシコ州から打ち上げられが打ち上げが失敗し、2012年5月22日にスペースX社製の「ファルコン9」ロケットで宇宙船「ドラゴン」と共に打ち上げられた。ジェームズ・ドゥーアン フレッシュアイペディアより)

  • 演歌の女王

    演歌の女王から見たアルツハイマー型認知症アルツハイマー型認知症

    ヒトシの母。控えめで温和な性格で、1人で呉服屋を経営している。ヒトシのことを常に気に掛け、何かとひまわりに相談する。ある悩み事(アルツハイマー型痴呆)を抱え、ひまわりには悩み事を知られているので、「ヒトシ達に心配掛けるから内緒にしておいてね」と懇願する。ひまわりの曲『女のわかれ道』を、「とてもいい歌」と甚く気に入っている。物語が進むにつれ病気が酷くなっていき第八幕で毒薬と思われるものを飲み自殺を図る。救命措置開始35分後に死亡が確認された。演歌の女王 フレッシュアイペディアより)

  • リタ・ヘイワース

    リタ・ヘイワースから見たアルツハイマーアルツハイマー型認知症

    プライベートではオーソン・ウェルズ(2番目の夫)やアーガー・ハーン3世の息子Prince Aly Khanなどと5回の結婚歴があり、娘が二人いる。1960年代からアルツハイマーを患い、1987年にその生涯を閉じた。リタ・ヘイワース フレッシュアイペディアより)

  • ウェルカム・トラスト

    ウェルカム・トラストから見たアルツハイマー病アルツハイマー型認知症

    2006年に、トラストはSCIART production schemeを通じて、Josh AppiganesiとMia Baysが手がけた短編映画『エクス・メモリア』(EX MEMORIA)に資金供与した。これは、アルツハイマー病に罹った女性エヴァの闘病を描いたもので、2006年11月にBritish Independent Film Awardsの最優秀英国短編映画部門にノミネートされた。ウェルカム・トラスト フレッシュアイペディアより)

  • Αシート

    Αシートから見たアルツハイマー病アルツハイマー型認知症

    αシートは、アミロイドーシス、ポリグルタミンやトランスサイレチンのリピートなど様々なタンパク質のミスフォールディング病の中間体となっていると考えられている。例えば、アミロイドβはアルツハイマー病の患者の脳のアミロイドの主要成分となっており、ポリグルタミンリピートはハンチントン病の患者のHuntingtinタンパク質に蓄積される。これらの変異タンパク質はランダムコイルやαヘリックスの構造を持ったタンパク質がβシートに構造変化したものであるが、水素結合とのずれの角度から、これらはαシートを中間体としていると考えられている。Αシート フレッシュアイペディアより)

  • S-アデノシルメチオニン

    S-アデノシルメチオニンから見たアルツハイマー病アルツハイマー型認知症

    まず、一連の証拠は、内因性のSAMの異常な低値はアルツハイマー病(AD)の進行に重要な役割を果たすかもしれないことを示唆し、したがってSAMはADの治療での治療可能性を秘めているかもしれない。しかしさらなる研究では、この影響はおそらくビタミンB12欠乏に起因し、B12の非存在下で1炭素の転送を(葉酸とともに)行うことができないことに起因する神経学的欠陥の結果であることを示した。SAMの深刻な低レベルは、脳脊髄液及び検査されたAD患者の全ての脳の部位で見つかった。S-アデノシルメチオニン フレッシュアイペディアより)

287件中 91 - 100件表示

「アルツハイマー病」のニューストピックワード