287件中 11 - 20件表示
  • 抑肝散

    抑肝散から見たアルツハイマーアルツハイマー型認知症

    近年の研究から、進行した「アルツハイマー型認知症」で起こる妄想や、徘徊(はいかい)、暴力などの抑制にも効能があることが知られている。抑肝散 フレッシュアイペディアより)

  • スマートドラッグ

    スマートドラッグから見たアルツハイマーアルツハイマー型認知症

    ?オメガ3脂肪酸? - オメガ3の欠乏により学習能、視力の低下を防止する。オメガ3は、神経細胞の細胞膜を柔らかくし、樹状突起を増やしたり、軸索の成長を促して脳・神経系の健全性を保つ。オメガ3が不足すると脳内セロトニンの量が減少し、多動性障害を引き起こすという報告がある。アルツハイマー型痴呆やうつ病などの疾病に対してもオメガ3の摂取は有効であるといわれている。スマートドラッグ フレッシュアイペディアより)

  • サーチュイン遺伝子

    サーチュイン遺伝子から見たアルツハイマー病アルツハイマー型認知症

    サーチュイン遺伝子は寿命や老化以外の作用も研究されている。マサチューセッツ大学の研究チームは、サーチュイン遺伝子の一種であるSIRT1遺伝子を欠損させたマウスで記憶障害が見られ記憶の調節に関与する可能性があり、さらにアルツハイマー病と筋萎縮性側索硬化症の動物モデルで神経変性疾患治療への応用を示唆している。サーチュイン遺伝子 フレッシュアイペディアより)

  • アルファGPC

    アルファGPCから見たアルツハイマー型認知症アルツハイマー型認知症

    L-α-グリセリルホスホリルコリン(アルファGPC、αGPC)とは、天然に存在するコリン誘導体の一種で、脳や乳に含まれる。副交感神経に作用するアセチルコリンの前駆体であり、アルツハイマー型認知症を治療するための脳機能改善薬として可能性があるとされる。アルファGPC フレッシュアイペディアより)

  • 前頭側頭葉変性症

    前頭側頭葉変性症から見たアルツハイマー型認知症アルツハイマー型認知症

    前頭側頭葉変性症(ぜんとうそくとうようへんせいしょう、、)とは、認知症を生じる変性疾患の一つ。認知症を生じる神経変性疾患では、アルツハイマー型認知症()・レビー小体型認知症()に次いで多いとされている。所謂若年性認知症に分類される中高年期に好発する。前頭側頭葉変性症 フレッシュアイペディアより)

  • 長期増強

    長期増強から見たアルツハイマー型認知症アルツハイマー型認知症

    長期増強は 1966 年に初めてテリエ・レモ (Terje Lomo) によりウサギの 海馬 (脳)で発見され、それ以降多くの研究の対象となった。現在の長期増強の研究の大部分はこの現象の基礎生物学的理解に関するものだが、長期増強と行動学的学習の因果関係に関するものも存在する。さらに他にも、学習と記憶を向上させるために長期増強を強化するような薬理学的手法などの開発も行われている。また、長期増強は臨床研究の対象にもなっている。例えば、アルツハイマー型認知症や薬物依存に関する研究がそれにあたる。長期増強 フレッシュアイペディアより)

  • ブリオスタチン

    ブリオスタチンから見たアルツハイマー型認知症アルツハイマー型認知症

    ブリオスタチン類はフサコケムシ自身が生産しているのではなく、フサコケムシの共生微生物がフサコケムシ幼生のための防御物質として生産している。ブリオスタチンは細胞毒性を示すことから、抗がん剤としての臨床試験が行われている。また、アルツハイマー病治療薬としての臨床試験も行われている。ブリオスタチン フレッシュアイペディアより)

  • コリンエステラーゼ阻害剤

    コリンエステラーゼ阻害剤から見たアルツハイマー病アルツハイマー型認知症

    医学的用途としては、重症筋無力症やアルツハイマー病などの治療に使用される。コリンエステラーゼ阻害剤 フレッシュアイペディアより)

  • マイネルト基底核

    マイネルト基底核から見たアルツハイマー病アルツハイマー型認知症

    この核はパーキンソン病やアルツハイマー病で変性する。アセチルコリン産生の低下はアルツハイマー病、レビー小体型認知症や精神的活動や記憶の減退を来すパーキンソン病などで見られる。認知症に対する多くの薬物治療は、低下したNBMの機能をアセチルコリンレベルを増加させることによって代償することに焦点が当てられている。マイネルト基底核 フレッシュアイペディアより)

  • ロバート・カーンズ

    ロバート・カーンズから見たアルツハイマー型認知症アルツハイマー型認知症

    2005年2月9日にカーンズはメリーランド州、ボルチモアでアルツハイマー型認知症が併発した脳腫瘍で死去した。カーンズの発明とフォード社に対する訴訟は2008年度の映画『幸せのきずな(Flash of Genius)』の題材となった。ロバート・カーンズと妻のフィリス(Phyllis)は離婚したが、2人の娘と4人の息子をもうけ、彼が死去したときには7人の孫がいた。ロバート・カーンズ フレッシュアイペディアより)

287件中 11 - 20件表示

「アルツハイマー病」のニューストピックワード