65件中 21 - 30件表示
  • 脂質ラフト

    脂質ラフトから見たアルツハイマー病アルツハイマー病

    脂質ラフトは様々な疾病との関わりが指摘されている。病原性大腸菌であるO-157が出すベロ毒素、アルツハイマー病に深く関与すると言われるアミロイドβタンパク質、プリオン病を引き起こすプリオンタンパク質、さらにはエイズウイルス、C型肝炎ウイルス、インフルエンザウイルスなどのウイルスが脂質ラフトに会合すると言われている。脂質ラフト フレッシュアイペディアより)

  • ラドスチギル

    ラドスチギルから見たアルツハイマー病アルツハイマー病

    ラドスチギル(Ladostigil)は、アルツハイマー病やレビー小体型認知症、パーキンソン病のような神経変性疾患の治療のために開発された神経保護薬である。アセチルコリンエステラーゼ及びブチルコリンエステラーゼの可逆の阻害剤、及びモノアミンオキシダーゼBの不可逆の阻害剤として作用し、またリバスチグミンやラサギリンの作用機序と組み合わさって単一の分子として作用する。神経防護作用に加え、ラドスチギルはGDNFやBDNF等の神経栄養因子の発現を促し、神経発生の誘導によって、神経変性疾患による損傷を回復する可能性が考えられている。ラドスチギルはまた抗うつ効果も持ち、そのような病気でよく見られるうつと不安の併発の治療にも効果が期待されている。ラドスチギル フレッシュアイペディアより)

  • ミラメリン

    ミラメリンから見たアルツハイマー病アルツハイマー病

    ミラメリン(Milameline)は、非選択的ムスカリン性アセチルコリン受容体のパーシャルアゴニストである。認識に作用する性質があり、アルツハイマー病の治療薬として開発されたが、治験の結果が良くなかったことから、開発は中止された。ミラメリン フレッシュアイペディアより)

  • マーサ・レイ

    マーサ・レイから見たアルツハイマー型認知症アルツハイマー病

    1993年に入ると、マーサはアルツハイマー型認知症と診断され、血行不良から両足を失うこととなった。長年の心血管疾患との闘病の末、マーサは1994年10月18日にロサンゼルスで肺炎により78年の生涯を終えた。アメリカ政府は、マーサの第二次世界大戦以来のUSOでの功績をたたえてアーリントン国立墓地への埋葬を申し出たが、マーサの生前の願いによりノースカロライナ州内の墓地に、アメリカ軍全体の名誉中佐とアメリカ海兵隊名誉大佐としての礼遇をもって埋葬された。マーサ・レイ フレッシュアイペディアより)

  • Rosetta@home

    Rosetta@homeから見たアルツハイマー型認知症アルツハイマー病

    たんぱく質の構造などを解析し、将来的にはエイズや癌やアルツハイマー型認知症、マラリアなどの様々な病気を研究する研究者を助けるのが目的。Rosetta@home フレッシュアイペディアより)

  • 三枝・伊藤酸化

    三枝・伊藤酸化から見たアルツハイマー型認知症アルツハイマー病

    Yong Qiang Tuによるガランタミン(アルツハイマー型認知症治療薬)の合成でも、酸に弱いアセタールを共存させている。三枝・伊藤酸化 フレッシュアイペディアより)

  • パラダイム (アンダーグラフの曲)

    パラダイム (アンダーグラフの曲)から見たアルツハイマー病アルツハイマー病

    ボーカル真戸原はこの話を聞いた際一度この話を断った。その理由は、映画で大きなテーマとなっているアルツハイマー病についての知識が全くなかったからである(下記外部リンク参照)。しかし、映画スタッフ側からのあつい要望により曲を書き下ろすことを決め、そのために図書館にこもってアルツハイマー病についての文献をひたすら読みこの曲を書き上げた。(公式コメントより)パラダイム (アンダーグラフの曲) フレッシュアイペディアより)

  • S-アデノシルメチオニン

    S-アデノシルメチオニンから見たアルツハイマー病アルツハイマー病

    まず、一連の証拠は、内因性のSAMの異常な低値はアルツハイマー病(AD)の進行に重要な役割を果たすかもしれないことを示唆し、したがってSAMはADの治療での治療可能性を秘めているかもしれない。しかしさらなる研究では、この影響はおそらくビタミンB12欠乏に起因し、B12の非存在下で1炭素の転送を(葉酸とともに)行うことができないことに起因する神経学的欠陥の結果であることを示した。SAMの深刻な低レベルは、脳脊髄液及び検査されたAD患者の全ての脳の部位で見つかった。S-アデノシルメチオニン フレッシュアイペディアより)

  • JUNQとIPOD

    JUNQとIPODから見たアルツハイマー病アルツハイマー病

    パーキンソン病、アルツハイマー病、ハンチントン病などの疾患は神経変性疾患と総称され、タンパク質凝集やミスフォールドタンパク質の封入体への蓄積を伴う。かつてよりタンパク質の凝集は、ミスフォールドしたタンパク質がお互いに結合して封入体を形成するランダムな過程と考えられてきた。また、タンパク質の凝集体は毒性を持つ物質として、神経細胞の機能障害や細胞死を引き起こすものと考えられてきた。しかし近年、蛍光顕微鏡などの先端技術を用いた研究により、タンパク質凝集という現象は実際には厳密に制御されたプロセスであること、そして細胞は毒性タンパク質を封入体に隔離することで、自らを保護していることが明らかとなった。2008年、ダニエル・カガノヴィッチは、真核細胞はその巧妙に管理された細胞プロセスにより、ミスフォールドしたタンパク質を(以下に列挙する)2種類の封入体へ仕分けをしていることを示した。JUNQとIPOD フレッシュアイペディアより)

  • サブコメリン

    サブコメリンから見たアルツハイマー病アルツハイマー病

    サブコメリン(Sabcomeline)は、M1受容体の選択的パーシャルアゴニストで、アルツハイマー病の治療薬として開発が進められた。結果不良で開発中止になる前に第3段階の治験まで進んだ。サブコメリン フレッシュアイペディアより)

65件中 21 - 30件表示

「アルツハイマー病」のニューストピックワード