65件中 41 - 50件表示
  • カスパーゼ

    カスパーゼから見たアルツハイマー病アルツハイマー病

    カスパーゼは他のカスパーゼを切断し活性化するというカスケード(連鎖的増幅反応)の形で機能する。またある種のカスパーゼはサイトカイン(インターロイキン-1β)の活性化を通して免疫系の調節にも関与している。アポトーシスは正常な発生のほか、がんやアルツハイマー病などの疾病にも関係があることから、1990年代半ばに見出されて以来、治療のターゲットにもなりうるものとして注目されている。カスパーゼ フレッシュアイペディアより)

  • 反響言語

    反響言語から見たアルツハイマー病アルツハイマー病

    反響言語は自閉症スペクトラムの児童において前言語期および言語獲得期に典型的に見られる。このほか、発達障害、トゥレット障害、失語症、、統合失調症、アスペルガー症候群、アルツハイマー病などに見られる。多くの場合、この現象は収まっていく。また、しばしば視覚障害児にもみられる。不随意に反響言語が現れる場合には、チック症の一種であると考えられる。反響言語 フレッシュアイペディアより)

  • フランク・マクギネス

    フランク・マクギネスから見たアルツハイマー病アルツハイマー病

    2007年初演の『The Hanging Gardens』はアルツハイマー病、それに罹患した人とその人の周りにおける壊滅的な影響についての戯曲である。マクギネスは「観衆に笑ってほしいし、ショックを受けてほしい。彼らの予想するものを超えたなにかを届けようとしている。」と語っている。ある評論家はこの作品について「我々をつかみ、感動させ、警告している」と評している。フランク・マクギネス フレッシュアイペディアより)

  • アサロン

    アサロンから見たアルツハイマー型認知症アルツハイマー病

    アサロンの主要な症状は、時には15時間以上もの長い吐き気が続くことである。アサロンは、かつて主張されていたようにトリメトキシアンフェタミンには代謝されない。β-アサロンは、アルツハイマー型認知症等の認識機能障害の治療薬の候補物質として期待されている。アサロン フレッシュアイペディアより)

  • タクリン

    タクリンから見たアルツハイマー病アルツハイマー病

    タクリン(Tacrine)は、中枢に作用するコリンエステラーゼ阻害剤であり、間接的なコリン作用性薬(副交感神経作用薬)である。アルツハイマー病の治療のための中枢作用性コリンエステラーゼ阻害剤として初めて認可され、Cognexの商標名で販売された。タクリンは、シドニー大学のアドリエン・アルバートによって初めて合成された。また、ヒスタミン-N-メチルトランスフェラーゼの阻害剤としても作用する。タクリン フレッシュアイペディアより)

  • あの海を忘れない

    あの海を忘れないから見たアルツハイマー型認知症アルツハイマー病

    高円寺で古着屋を営む女が、恋人である年下のバンドマンと婚約する。初めて男の母親と出逢い、意気投合し、婚約の喜びに浮かれていた。しかし、男の母親の、若年性アルツハイマー型認知症の兆候により、愛が揺らぎ始める・・・あの海を忘れない フレッシュアイペディアより)

  • アウェイ・フロム・ハー君を想う

    アウェイ・フロム・ハー君を想うから見たアルツハイマーアルツハイマー病

    グラントとフィオナはオンタリオ州 ブラントに住む夫婦。40年以上も連れ添った二人だが、ある時フィオナにアルツハイマーの兆候が現れ始める。アウェイ・フロム・ハー君を想う フレッシュアイペディアより)

  • ジェームズ・ドゥーアン

    ジェームズ・ドゥーアンから見たアルツハイマー病アルツハイマー病

    晩年はパーキンソン病やアルツハイマー病、肺炎などの病に悩まされた。遺言により遺骨はスペース・サービシスが企画したスペースX社製ファルコンロケット使用の宇宙葬「エクスプローラーズ・フライト」で宇宙空間に放たれた。当初は2005年12月6日に実施の予定だったが延期され、2007年4月28日に米ニューメキシコ州から打ち上げられが打ち上げが失敗し、2012年5月22日にスペースX社製の「ファルコン9」ロケットで宇宙船「ドラゴン」と共に打ち上げられた。ジェームズ・ドゥーアン フレッシュアイペディアより)

  • ロメオ・ルカス・ガルシア

    ロメオ・ルカス・ガルシアから見たアルツハイマー型痴呆アルツハイマー病

    ベネズエラへ妻のエルサ・シリグリアーノと亡命し、アルツハイマー病などを患いながら12年間を過ごしプエルト・ラ・クルスで81歳で死去。ロメオ・ルカス・ガルシア フレッシュアイペディアより)

  • 視空間認知障害

    視空間認知障害から見たアルツハイマー型認知症アルツハイマー病

    視空間認知障害(しくうかんにんちしょうがい、impaired visuospatial ability)とは視力が障害されていないにもかかわらず、顔や物品の認識や物品を見つける能力の障害、簡単な道具の操作や着衣の能力の障害があることである。いずれの障害もアルツハイマー型認知症でよく認められる症状である。またレビー小体型認知症やPCAでも認められる。視空間認知障害 フレッシュアイペディアより)

65件中 41 - 50件表示

「アルツハイマー病」のニューストピックワード