2 3 4 5 6 7 8 9 10 11
109件中 91 - 100件表示
  • アルツハイマー型認知症

    アルツハイマー型認知症から見た悪徳商法

    日本におけるアルミニウム原因説の広がりは、1996年3月15日に毎日新聞朝刊により報道されたことによる。記事では、1976年にカナダのある病理学者がアルツハイマー患者の脳から健常者の数十倍の濃度のアルミニウムを検出した例や、脳に達しないという見方が大勢であったアルミニウムイオンが血液脳関門を突破することが明らかになったことなどを紹介している。この記事は、1面ではなく家庭面のベタ記事扱いであったが大きな反響を呼び、後に読売新聞、朝日新聞なども同様の記事を掲載した。これら報道により、既に海外では下火となっていたアルミニウム原因説が、日本では次第に有力視されるようになった。消費者の一部には、一般的に調理で用いられるアルミ鍋やアルミニウムを含む薬剤でろ過する上水道水に対して拒絶する動きが起こり、高価な鍋セットや浄水器を販売する悪徳商法も盛んになるなどの余波も生じた。アルツハイマー型認知症 フレッシュアイペディアより)

  • アルツハイマー型認知症

    アルツハイマー型認知症から見た指数関数

    世界中の23の研究を基にしたメタ分析によると、アルツハイマー型認知症の年間発症率は、90歳まで指数関数的に増加する。マサチューセッツ州ボストン東部での調査では、年間発症率は、0.6%(65 - 69歳)、1.0%(70 - 74歳)、2.0%(75 - 79歳)、3.3%(80 - 84歳)、8.4%(85歳 -)となっている。アルツハイマー型認知症 フレッシュアイペディアより)

  • アルツハイマー型認知症

    アルツハイマー型認知症から見たエイコサペンタエン酸

    食習慣:魚(EPA・DHAなどの脂肪酸)の摂取、野菜果物(ビタミンE・ビタミンC・βカロテンなど)の摂取、赤ワイン(ポリフェノール)の摂取などが本症の発症を抑えることが分かっている。1日に1回以上魚を食べている人に比べ、ほとんど魚を食べない人は本症の危険が約5倍であるというデータがある。アルツハイマー型認知症 フレッシュアイペディアより)

  • アルツハイマー型認知症

    アルツハイマー型認知症から見たアセチルコリンエステラーゼ

    分子量が小さいため経皮吸収が可能であり、飲み薬ではなく貼り薬として使用することが出来る。このため比較的消化管への副作用が少ない。アセチルコリンエステラーゼだけでなくブチリルコリンエステラーゼも阻害するため、従来のコリンエステラーゼ阻害薬よりも効果が高いとの報告がある。アルツハイマー型認知症 フレッシュアイペディアより)

  • アルツハイマー型認知症

    アルツハイマー型認知症から見たコリンエステラーゼ

    主にマイネルト基底核から投射される脳内の神経伝達物質であるアセチルコリンの活性がアルツハイマー型認知症では低下していることが分かっている。そのため、その分解を促進するコリンエステラーゼを阻害するコリンエステラーゼ阻害薬が各国で承認を受け治療に使用されている。現在日本では以下の3種類の薬剤が利用できる。アルツハイマー型認知症 フレッシュアイペディアより)

  • アルツハイマー型認知症

    アルツハイマー型認知症から見たドコサヘキサエン酸

    食習慣:魚(EPA・DHAなどの脂肪酸)の摂取、野菜果物(ビタミンE・ビタミンC・βカロテンなど)の摂取、赤ワイン(ポリフェノール)の摂取などが本症の発症を抑えることが分かっている。1日に1回以上魚を食べている人に比べ、ほとんど魚を食べない人は本症の危険が約5倍であるというデータがある。アルツハイマー型認知症 フレッシュアイペディアより)

  • アルツハイマー型認知症

    アルツハイマー型認知症から見たドパミン

    喫煙が本症の危険因子か否かについては、これまで議論があった。喫煙を含むニコチンの摂取がニコチン性アセチルコリン受容体よりドパミン神経系に作用し、アルツハイマー型認知症の発症を減少させるという説もあったが、後に、この説を唱える研究団体がたばこ産業から資金を受け取っていた事実が暴露された。アルツハイマー型認知症 フレッシュアイペディアより)

  • アルツハイマー型認知症

    アルツハイマー型認知症から見たポリフェノール

    食習慣:魚(EPA・DHAなどの脂肪酸)の摂取、野菜果物(ビタミンE・ビタミンC・βカロテンなど)の摂取、赤ワイン(ポリフェノール)の摂取などが本症の発症を抑えることが分かっている。1日に1回以上魚を食べている人に比べ、ほとんど魚を食べない人は本症の危険が約5倍であるというデータがある。アルツハイマー型認知症 フレッシュアイペディアより)

  • アルツハイマー型認知症

    アルツハイマー型認知症から見たビタミンC

    食習慣:魚(EPA・DHAなどの脂肪酸)の摂取、野菜果物(ビタミンE・ビタミンC・βカロテンなど)の摂取、赤ワイン(ポリフェノール)の摂取などが本症の発症を抑えることが分かっている。1日に1回以上魚を食べている人に比べ、ほとんど魚を食べない人は本症の危険が約5倍であるというデータがある。アルツハイマー型認知症 フレッシュアイペディアより)

  • アルツハイマー型認知症

    アルツハイマー型認知症から見たドネペジル

    ドネペジル(Donepezil アリセプト®:Aricept®)アルツハイマー型認知症 フレッシュアイペディアより)

2 3 4 5 6 7 8 9 10 11
109件中 91 - 100件表示

「アルツハイマー病」のニューストピックワード