2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 次へ
109件中 101 - 109件表示
  • アルツハイマー型認知症

    アルツハイマー型認知症から見たインスリン

    インスリンの分泌を増やす糖質中心の食習慣、運動不足、内臓脂肪過多がアルツハイマー型認知症の原因となるアミロイドベータの分解を妨げているとしている。アミロイドベータも分解する能力のあるインスリン分解酵素が糖質中心の食生活習慣によって血中のインスリンに集中的に作用するため、脳でのインスリン分解酵素の濃度が低下し、アミロイドベータの分解に手が回らずに蓄積されてしまうとしている。2型糖尿病にならない食生活習慣が肝要だとも説明されている。アルツハイマー型認知症 フレッシュアイペディアより)

  • アルツハイマー型認知症

    アルツハイマー型認知症から見た脂肪酸

    食習慣:魚(EPA・DHAなどの脂肪酸)の摂取、野菜果物(ビタミンE・ビタミンC・βカロテンなど)の摂取、赤ワイン(ポリフェノール)の摂取などが本症の発症を抑えることが分かっている。1日に1回以上魚を食べている人に比べ、ほとんど魚を食べない人は本症の危険が約5倍であるというデータがある。アルツハイマー型認知症 フレッシュアイペディアより)

  • アルツハイマー型認知症

    アルツハイマー型認知症から見たグルコース

    PET・SPECTでは、脳血流・グルコース消費量・酸素消費量が側頭葉・頭頂葉で比較的強く低下するのが特徴とされる。一般にF-FDG-PETと脳血流SPECTが行われる。アルツハイマー型認知症 フレッシュアイペディアより)

  • アルツハイマー型認知症

    アルツハイマー型認知症から見たリバスチグミン

    リバスチグミン(Rivastigmine リバスタッチパッチ® イクセロンパッチ®)アルツハイマー型認知症 フレッシュアイペディアより)

  • アルツハイマー型認知症

    アルツハイマー型認知症から見た失行

    記憶、記銘力のはっきりとした障害に加えて高次機能障害が目立つ時期で、病理学的な異常が前頭葉に顕著なことを反映して視空間失認や地誌的見当識障害が見られる。この時期には、外出すると家に帰れなくなることが多い。更に周囲に無頓着となったり徘徊や夜間せん妄もみとめられる。特に初老期発症例では、感覚失語、構成失行、観念失行、観念運動失行、着衣失行などの高次機能障害も稀ではない。アルツハイマー型認知症 フレッシュアイペディアより)

  • アルツハイマー型認知症

    アルツハイマー型認知症から見た失認

    記憶、記銘力のはっきりとした障害に加えて高次機能障害が目立つ時期で、病理学的な異常が前頭葉に顕著なことを反映して視空間失認や地誌的見当識障害が見られる。この時期には、外出すると家に帰れなくなることが多い。更に周囲に無頓着となったり徘徊や夜間せん妄もみとめられる。特に初老期発症例では、感覚失語、構成失行、観念失行、観念運動失行、着衣失行などの高次機能障害も稀ではない。アルツハイマー型認知症 フレッシュアイペディアより)

  • アルツハイマー型認知症

    アルツハイマー型認知症から見た注意

    症状は、徐々に進行する認知障害(記憶障害、見当識障害、学習障害、注意障害、空間認知機能や問題解決能力の障害など)であり、生活に支障が出てくる。重症度が増し、高度になると摂食や着替え、意思疎通などもできなくなり最終的には寝たきりになる。アルツハイマー型認知症 フレッシュアイペディアより)

  • アルツハイマー型認知症

    アルツハイマー型認知症から見たマイネルト基底核

    主にマイネルト基底核から投射される脳内の神経伝達物質であるアセチルコリンの活性がアルツハイマー型認知症では低下していることが分かっている。そのため、その分解を促進するコリンエステラーゼを阻害するコリンエステラーゼ阻害薬が各国で承認を受け治療に使用されている。現在日本では以下の3種類の薬剤が利用できる。アルツハイマー型認知症 フレッシュアイペディアより)

  • アルツハイマー型認知症

    アルツハイマー型認知症から見た認知障害

    症状は、徐々に進行する認知障害(記憶障害、見当識障害、学習障害、注意障害、空間認知機能や問題解決能力の障害など)であり、生活に支障が出てくる。重症度が増し、高度になると摂食や着替え、意思疎通などもできなくなり最終的には寝たきりになる。アルツハイマー型認知症 フレッシュアイペディアより)

2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 次へ
109件中 101 - 109件表示

「アルツハイマー病」のニューストピックワード