109件中 11 - 20件表示
  • アルツハイマー型認知症

    アルツハイマー型認知症から見た記憶

    記憶、記銘力のはっきりとした障害に加えて高次機能障害が目立つ時期で、病理学的な異常が前頭葉に顕著なことを反映して視空間失認や地誌的見当識障害が見られる。この時期には、外出すると家に帰れなくなることが多い。更に周囲に無頓着となったり徘徊や夜間せん妄もみとめられる。特に初老期発症例では、感覚失語、構成失行、観念失行、観念運動失行、着衣失行などの高次機能障害も稀ではない。アルツハイマー型認知症 フレッシュアイペディアより)

  • アルツハイマー型認知症

    アルツハイマー型認知症から見た不眠

    アルツハイマー型認知症では、不眠、易怒性、幻覚、妄想などの「周辺症状」と呼ばれる症状に対して、適宜対症的な睡眠導入剤、抗精神病薬、抗てんかん薬、抗うつ薬などの投与が有効な場合がある。また、易怒性・切迫感・焦燥感のあるものには、加味温胆湯が有効であるという報告あったり、妄想、徘徊、暴力などの抑制に抑肝散が効能があることが報告されている。アルツハイマー型認知症 フレッシュアイペディアより)

  • アルツハイマー型認知症

    アルツハイマー型認知症から見た記銘力

    記銘力低下で始まり、学習障害、失見当識、感情の動揺が認められるが、人格は保たれ、ニコニコしており愛想はよい。アルツハイマー型認知症 フレッシュアイペディアより)

  • アルツハイマー型認知症

    アルツハイマー型認知症から見た文部科学省

    「アルツハイマー病」の名は、最初の症例報告を行ったドイツの精神科医アロイス・アルツハイマーに由来している。アルツハイマーは、「レビー小体型認知症」にその名を残すフレデリック・レビーとともにミュンヘン大学で、ドイツ精神医学の大家エミール・クレペリンの指導のもと研究活動に従事していた。アルツハイマーは、1901年に嫉妬妄想などを主訴としてはじめてアルツハイマーの元を訪れた、世界で最初に確認された患者アウグステ・データー(女性) (Auguste Deter) に関する症例を、1906年にテュービンゲンのドイツ南西医学会で発表した。発症時アウグステ・データーは46歳であった。アウグステ・データーは56歳で死亡した。また、翌年『精神医学およ法精神医学に関する総合雑誌』に論文を発表した。その後、この症例はクレペリンの著述になる精神医学の教科書で大きく取り上げられ、「アルツハイマー病」として広く知られるようになった。文部科学省科学技術政策研究所によれば、2030年までにアルツハイマー病の進行を阻止する技術が開発されるとしている。アルツハイマー型認知症 フレッシュアイペディアより)

  • アルツハイマー型認知症

    アルツハイマー型認知症から見た

    インスリンの分泌を増やす糖質中心の食習慣、運動不足、内臓脂肪過多がアルツハイマー型認知症の原因となるアミロイドベータの分解を妨げているとしている。アミロイドベータも分解する能力のあるインスリン分解酵素が糖質中心の食生活習慣によって血中のインスリンに集中的に作用するため、でのインスリン分解酵素の濃度が低下し、アミロイドベータの分解に手が回らずに蓄積されてしまうとしている。2型糖尿病にならない食生活習慣が肝要だとも説明されている。アルツハイマー型認知症 フレッシュアイペディアより)

  • アルツハイマー型認知症

    アルツハイマー型認知症から見た回想法

    散歩などによる昼夜リズムの改善(光療法)、なじみのある写真や記念品をそばに置き安心感を与える回想法や、昔のテレビ番組を見るテレビ回想法など、薬物以外の介入が不眠や不安などに有効な場合もある。介護保険やデイケアなど社会資源の利用も有用である。アルツハイマー型認知症 フレッシュアイペディアより)

  • アルツハイマー型認知症

    アルツハイマー型認知症から見たアメリカ食品医薬品局

    アルミニウムとアルツハイマー病発症との因果関係は、完全には否定されていないが、世界的に認められているというわけでもない。業界団体である日本アルミニウム協会などはもとより、アメリカ食品医薬品局も、アルミニウムとアルツハイマーの関係を否定している。学会などで発表される事例も、日本人の手によるものの他はわずかである。現在では、アルツハイマーの発症原因のほとんどが、遺伝子そのものの変異や外的要因(前出の疫学を参照)など複数の要素が考えられている。アルツハイマー型認知症 フレッシュアイペディアより)

  • アルツハイマー型認知症

    アルツハイマー型認知症から見た抗うつ薬

    アルツハイマー型認知症では、不眠、易怒性、幻覚、妄想などの「周辺症状」と呼ばれる症状に対して、適宜対症的な睡眠導入剤、抗精神病薬、抗てんかん薬、抗うつ薬などの投与が有効な場合がある。また、易怒性・切迫感・焦燥感のあるものには、加味温胆湯が有効であるという報告あったり、妄想、徘徊、暴力などの抑制に抑肝散が効能があることが報告されている。アルツハイマー型認知症 フレッシュアイペディアより)

  • アルツハイマー型認知症

    アルツハイマー型認知症から見た学習障害

    症状は、徐々に進行する認知障害(記憶障害、見当識障害、学習障害、注意障害、空間認知機能や問題解決能力の障害など)であり、生活に支障が出てくる。重症度が増し、高度になると摂食や着替え、意思疎通などもできなくなり最終的には寝たきりになる。アルツハイマー型認知症 フレッシュアイペディアより)

  • アルツハイマー型認知症

    アルツハイマー型認知症から見た睡眠導入剤

    アルツハイマー型認知症では、不眠、易怒性、幻覚、妄想などの「周辺症状」と呼ばれる症状に対して、適宜対症的な睡眠導入剤、抗精神病薬、抗てんかん薬、抗うつ薬などの投与が有効な場合がある。また、易怒性・切迫感・焦燥感のあるものには、加味温胆湯が有効であるという報告あったり、妄想、徘徊、暴力などの抑制に抑肝散が効能があることが報告されている。アルツハイマー型認知症 フレッシュアイペディアより)

109件中 11 - 20件表示

「アルツハイマー病」のニューストピックワード