109件中 21 - 30件表示
  • アルツハイマー型認知症

    アルツハイマー型認知症から見た介護

    階段状に進行する(すなわち、ある時点を境にはっきりと症状が悪化する)脳血管性認知症と異なり、徐々に進行する点が特徴的。症状経過の途中で、被害妄想や幻覚(とくに幻視)が出現する場合もある。暴言・暴力・徘徊・不潔行為などの問題行動(いわゆる周辺症状)が見られることもあり、介護上大きな困難を伴うため、医療機関受診の最大の契機となる。アルツハイマー型認知症 フレッシュアイペディアより)

  • アルツハイマー型認知症

    アルツハイマー型認知症から見たコレステロール

    運動習慣:有酸素運動で高血圧やコレステロールのレベルが下がり、脳血流量も増すため発症の危険が減少する。ある研究では、普通の歩行速度を超える運動強度で週3回以上運動している者は、全く運動しない者と比べて、発症の危険が半分になっていた。アルツハイマー型認知症 フレッシュアイペディアより)

  • アルツハイマー型認知症

    アルツハイマー型認知症から見たニコチン

    喫煙が本症の危険因子か否かについては、これまで議論があった。喫煙を含むニコチンの摂取がニコチン性アセチルコリン受容体よりドパミン神経系に作用し、アルツハイマー型認知症の発症を減少させるという説もあったが、後に、この説を唱える研究団体がたばこ産業から資金を受け取っていた事実が暴露された。アルツハイマー型認知症 フレッシュアイペディアより)

  • アルツハイマー型認知症

    アルツハイマー型認知症から見た介護保険

    散歩などによる昼夜リズムの改善(光療法)、なじみのある写真や記念品をそばに置き安心感を与える回想法や、昔のテレビ番組を見るテレビ回想法など、薬物以外の介入が不眠や不安などに有効な場合もある。介護保険やデイケアなど社会資源の利用も有用である。アルツハイマー型認知症 フレッシュアイペディアより)

  • アルツハイマー型認知症

    アルツハイマー型認知症から見た2009年

    アルツハイマー病の原因として、脳内でのアミロイドベータ (Aβ) の蓄積が考えられているが、アメリカワシントン大学などの研究チームが、2009年に行ったマウスを使った実験で、次の結果を明らかにした。アルツハイマー型認知症 フレッシュアイペディアより)

  • アルツハイマー型認知症

    アルツハイマー型認知症から見たコリンエステラーゼ阻害薬

    主にマイネルト基底核から投射される脳内の神経伝達物質であるアセチルコリンの活性がアルツハイマー型認知症では低下していることが分かっている。そのため、その分解を促進するコリンエステラーゼを阻害するコリンエステラーゼ阻害薬が各国で承認を受け治療に使用されている。現在日本では以下の3種類の薬剤が利用できる。アルツハイマー型認知症 フレッシュアイペディアより)

  • アルツハイマー型認知症

    アルツハイマー型認知症から見た上水道

    アルミニウムイオンの摂取がアルツハイマー型認知症の原因のひとつであるという説がある。この説は、第二次世界大戦後、グアム島を統治した米軍が老人の認知症の率が異常に高いことに気がつき、地下水の検査をしたところアルミニウムイオンが非常に多いことがわかったことによる。雨水と他島からの給水によってその率が激減したこと、また紀伊半島のある地域でのアルツハイマー患者が突出して多かったのが上水道の完備により解決したことがその根拠とされている。後者も地下水中のアルミニウムイオンが非常に多かったことが示されている。もっともこれらの調査例は、地域の人口動態などの裏付けがない(家族の集積性や崩壊過程などを考慮しない)単純比較であり、学会や多くの学識経験者が支持している研究成果ではないことに注意する必要がある。アルツハイマー型認知症 フレッシュアイペディアより)

  • アルツハイマー型認知症

    アルツハイマー型認知症から見た幻覚

    階段状に進行する(すなわち、ある時点を境にはっきりと症状が悪化する)脳血管性認知症と異なり、徐々に進行する点が特徴的。症状経過の途中で、被害妄想や幻覚(とくに幻視)が出現する場合もある。暴言・暴力・徘徊・不潔行為などの問題行動(いわゆる周辺症状)が見られることもあり、介護上大きな困難を伴うため、医療機関受診の最大の契機となる。アルツハイマー型認知症 フレッシュアイペディアより)

  • アルツハイマー型認知症

    アルツハイマー型認知症から見たイオン

    アルミニウムイオンの摂取がアルツハイマー型認知症の原因のひとつであるという説がある。この説は、第二次世界大戦後、グアム島を統治した米軍が老人の認知症の率が異常に高いことに気がつき、地下水の検査をしたところアルミニウムイオンが非常に多いことがわかったことによる。雨水と他島からの給水によってその率が激減したこと、また紀伊半島のある地域でのアルツハイマー患者が突出して多かったのが上水道の完備により解決したことがその根拠とされている。後者も地下水中のアルミニウムイオンが非常に多かったことが示されている。もっともこれらの調査例は、地域の人口動態などの裏付けがない(家族の集積性や崩壊過程などを考慮しない)単純比較であり、学会や多くの学識経験者が支持している研究成果ではないことに注意する必要がある。アルツハイマー型認知症 フレッシュアイペディアより)

  • アルツハイマー型認知症

    アルツハイマー型認知症から見た意思疎通

    症状は、徐々に進行する認知障害(記憶障害、見当識障害、学習障害、注意障害、空間認知機能や問題解決能力の障害など)であり、生活に支障が出てくる。重症度が増し、高度になると摂食や着替え、意思疎通などもできなくなり最終的には寝たきりになる。アルツハイマー型認知症 フレッシュアイペディアより)

109件中 21 - 30件表示

「アルツハイマー病」のニューストピックワード