前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
116件中 1 - 10件表示
  • スズキ・F型エンジン

    スズキ・F型エンジンから見たスズキ・アルトスズキ・アルト

    ※初搭載車種:アルトターボ(CA71V)スズキ・F型エンジン フレッシュアイペディアより)

  • 軽自動車

    軽自動車から見たスズキ・アルトスズキ・アルト

    世界各国の「サイクルカー」が姿を消していく中、日本の「軽自動車」は、本格的な自動車としての生き残りに成功した。その後、3度にわたって大幅な規格拡大があり、現在に至っている。1990年の660ccへの排気量拡大以降は、それまで多くの車種でオプション設定に留まっていたカーエアコンやカーオーディオの標準装備化も進んでいき、1998年の現行規格登場後はエアバッグや衝突安全ボディーの実装、さらに2012年現在ではアイドリングストップや副変速機付きCVT、バックモニターなどの装備も進んでいる。また、ダイハツがムーヴを皮切りにスマートアシストを主力車種に投入したことから、2014年頃には各社とも衝突被害軽減ブレーキを主力乗用車種に設定し、2016年現在ではそれらに引っ張られる形で乗用型の存在する商用車(アルトバン、ハイゼットキャディー(≒タント・ウェイク)など)にも設定があるなど、フルBセグメント以下の国産の小型車と比較して急速にASV化が進んでいる。このように軽自動車は単なる「廉価な四輪車両」の地位に留まらず、小型登録車と遜色ない快適性や安全性を有するまでになってきている。軽自動車 フレッシュアイペディアより)

  • マツダ・キャロル

    マツダ・キャロルから見たスズキ・アルトスズキ・アルト

    その後、車名の長い中断期間があったが、1989年(平成元年)にマツダが立ち上げた軽自動車中心のオートザムブランドの中心車種として復活した。2代目以降はスズキ・アルトが基本構造のベース車になっており、4代目以降はアルトの完全なOEM車となっている。マツダ・キャロル フレッシュアイペディアより)

  • マルチ・800

    マルチ・800から見たスズキ・アルトスズキ・アルト

    1983年12月から生産開始。ベースとなっているのは初代(1983年 - 1986年)が5代目スズキ・フロンテ、および初代スズキ・アルト、2代目(1986年 - 2014年)が6代目スズキ・フロンテ、および2代目スズキ・アルトで、特に2代目モデルは20年以上経っても基本設計は変わらないまま生産され続けた。マルチ・800 フレッシュアイペディアより)

  • スズキ・マイティボーイ

    スズキ・マイティボーイから見たスズキ・アルトスズキ・アルト

    当時の車両本体価格は45万円で、四輪車としてはもっとも低価格であったが、その販売実績は、同じく低価格をアピールして大成功した初代アルトのヒットには遠く及ばなかった。搭載されているF5Aエンジンは、最終的に出力31ps/6000rpm、トルク4.4kg-m/3500rpmになり、後部が荷台である事による軽量な車重と相まって、当時としては軽快なドライブフィールが得られた。ただし標準タイヤはラジアルではなく10インチのバイアスだったため、グリップ性はやや劣った。スズキ・マイティボーイ フレッシュアイペディアより)

  • ダイハツ・ミラ

    ダイハツ・ミラから見たスズキ・アルトスズキ・アルト

    初代モデル登場の1980年から今日の同社のエントリー車種にあたるエッセが登場する2005年頃まではスズキ・アルトと双璧を成していたため、その最盛期には販売台数を熾烈に争ったことで知られ、1991年には軽自動車としては日本国内通年最多販売台数の28万6,975台を記録。そして現在に至るまでホットハッチ(ミラTR-XX系→キャストスポーツ対ターボRSを含むアルトワークス系)、軽トールワゴン(ムーヴ・ラテ→コンテ対ワゴンR)、軽スーパーハイトワゴン(タント対パレット→スペーシア)、パーソナル(ジーノ→ココア・キャストスタイル対ラパン)、クロスオーバーSUV(キャストアクティバ対ハスラー)、軽トラック(ハイゼットトラック対キャリイ)、軽ワンボックスバン・ワゴン(ハイゼットカーゴ・アトレーワゴン対エブリイ・エブリイワゴン)、小型車(登録車)系スーパーハイトワゴン(トール対ソリオ)、そして勿論ベーシック(ミラ・エッセ→イース対アルト)と、舞台を変えながら増やしながらもスズキとの鍔迫り合いは続いている。ダイハツ・ミラ フレッシュアイペディアより)

  • 軽ボンネットバン

    軽ボンネットバンから見たスズキ・アルトスズキ・アルト

    これらの検討を元に、スズキが1979年にフロンテの商用モデルとして発売した「アルト」が、ジャンルとしてのいわゆる「軽ボンバン」の最初とされている。軽ボンネットバン フレッシュアイペディアより)

  • 光岡・レイ

    光岡・レイから見たスズキ・アルトスズキ・アルト

    1999年登場。2代目はボディパーツがアルト共通となった5ドアの4代目(マツダ)キャロルがベース。グレード構成は3ドアと5ドアのみ。先代に比べるとベース車に比べ大幅な変更はなく、内装に関しては全く変更がなかった。光岡・レイ フレッシュアイペディアより)

  • 香里奈

    香里奈から見たスズキ・アルトスズキ・アルト

    その他の主なテレビコマーシャル出演に、中部テレコミュニケーション「コミュファ」やSUZUKI「アルトエコ」などがある。香里奈 フレッシュアイペディアより)

  • 楠瀬誠志郎

    楠瀬誠志郎から見たスズキ・アルトスズキ・アルト

    「とっておきの季節」(1992年)スズキ・アルト CM ソング(出演:井森美幸)楠瀬誠志郎 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
116件中 1 - 10件表示

「アルト」のニューストピックワード