前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
91件中 1 - 10件表示
  • スズキ・F型エンジン

    スズキ・F型エンジンから見たスズキ・アルトスズキ・アルト

    ※初搭載車種:アルトターボ(CA71V)スズキ・F型エンジン フレッシュアイペディアより)

  • 軽ボンネットバン

    軽ボンネットバンから見たスズキ・アルトスズキ・アルト

    これらの検討を元に、スズキが1979年にフロンテの商用モデルとして発売した「アルト」が、ジャンルとしてのいわゆる「軽ボンバン」の最初とされている。軽ボンネットバン フレッシュアイペディアより)

  • スズキ (企業)

    スズキ (企業)から見たスズキ・アルトスズキ・アルト

    OEM供給をしている日産自動車との提携を開始し、2002年4月MRワゴンを日産「モコ」、2007年1月から2010年1月までアルトを日産「ピノ」、2009年12月よりパレットを日産「ルークス」として供給。その一方で日産セレナをスズキ「ランディ」として供給を受けている。また、北米市場においては2008年末から日産・フロンティアをイクエーターとしてOEM供給を受けて発売されている。スズキ (企業) フレッシュアイペディアより)

  • マツダ・キャロル

    マツダ・キャロルから見たスズキ・アルトスズキ・アルト

    その後、車名の長い中断期間があったが、1989年(平成元年)にマツダが立ち上げた軽自動車中心のオートザムブランドの中心車種として復活した。4代目以降は、スズキ・アルトの完全なOEM車となっている。マツダ・キャロル フレッシュアイペディアより)

  • HARCO

    HARCOから見たスズキ・アルトスズキ・アルト

    特徴的な柔らかい声を持ち、そのためか2000年以降コマーシャルソングやCMナレーションを手掛ける機会が増えた。特に、2005年に手掛けたスズキ・アルトのCMソングは話題となり、2005年11月に「世界でいちばん頑張ってる君に」のタイトルでCDが発売された。HARCO フレッシュアイペディアより)

  • マルチ・800

    マルチ・800から見たスズキ・アルトスズキ・アルト

    1984年から生産開始。ベースとなっているのは2代目スズキ・アルトで、20年以上経っても基本設計は変わらないまま生産され続けた。マルチ・800 フレッシュアイペディアより)

  • スズキ・フロンテ

    スズキ・フロンテから見たスズキ・アルトスズキ・アルト

    1979年に派生車アルトが登場し大ヒットとなるまでは、長年にわたりスズキを代表する軽乗用車だった。フロンテが乗用モデル(5ナンバー)であったのに対し(後記のフロンテバン・フロンテハッチを除く)、当初のアルトはフロンテとプラットフォームを共用した商用モデル(4ナンバー)として発売された。スズキ・フロンテ フレッシュアイペディアより)

  • ダイハツ・ミラ

    ダイハツ・ミラから見たスズキ・アルトスズキ・アルト

    初代モデル登場の1980年から今日の同社のエントリー車種にあたるエッセが登場する2005年頃まではスズキ・アルトと双璧を成していたため、その最盛期には販売台数を熾烈に争ったことで知られ、1991年には軽自動車としては日本国内通年最多販売台数の28万6,975台を記録。海外ではクオーレ、シャレードなど別の名前を使用している。またエンジンは1000ccエンジンを採用している。マレーシアでは6代目がプロドゥア・ビバとして現地生産されている。ダイハツ・ミラ フレッシュアイペディアより)

  • 軽自動車

    軽自動車から見たスズキ・アルトスズキ・アルト

    5月 スズキ、初代アルト発売。軽自動車 フレッシュアイペディアより)

  • スズキ・Kei

    スズキ・Keiから見たスズキ・アルトスズキ・アルト

    一部改良(6型)。内装のデザインが変更されたほか、低価格車の「Eタイプ」を新たに設定した。また、標準仕様のほかに、パワーウインドウ、パワードアロック、スモークガラスなどを装備した「Aパッケージ」と、「Aパッケージ」の仕様に加えキーレスエントリー、電動格納式リモコンドアミラーなどを装備した「Bパッケージ」をラインナップする。また、アルトワークスの後継とも言えるスポーツモデル「Keiワークス」を新たに設定した。15インチアルミホイールや4輪ディスクブレーキ、レカロシート、ヘリカルLSD(2WD・MT車のみ)などを装備。スズキ・Kei フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
91件中 1 - 10件表示