116件中 91 - 100件表示
  • 国内専用車

    国内専用車から見たスズキ・アルトスズキ・アルト

    アルトセダン(660ccモデル全般)/アルトバン☆、アルトラパン☆、スペーシア/スペーシアカスタム☆、ソリオバンディット、クロスビー、キャリイ☆、ジムニー(660ccモデル全般)☆国内専用車 フレッシュアイペディアより)

  • マニュアルトランスミッション

    マニュアルトランスミッションから見たスズキ・アルトスズキ・アルト

    MTは比較的製造コストが低く、動力の伝達が効率的であるため、かつてはMTが主流で、ATはオプション設定であることが多かった。またエンジンの小さい小型車については、初期のATはトルクコンバーターの損失が大きく走行性能が悪かったため、エンジンの動力を効率的に使えるMTの方が適していた。さらに、スポーツカーやオフロード車などエンジンの性能を最大限に引き出す必要がある車ではMTが多く採用されていた。しかし近年の車種では、無段変速機 (CVT) や従来型ATの方が燃費や走行性能面で優位に立っており、性能的アドバンテージを失ったMTは数を減らしつつある。日本では1980年代後半まで、MTは四輪自動車の変速機構の主流であった。近年ではモデルチェンジや改良によりMTを廃止しATもしくはCVTのみに縮小されることが多い。また三菱自動車のように自社生産車からMTを全廃する意向のメーカーも現れた。多人数乗りミニバンに至っては1999年の日産・セレナのモデルチェンジ、トヨタ・エスティマエミーナ及びルシーダのモデル廃止を持ってラインナップから姿を消した。このようにMTは完全に時代遅れのイメージが強いが、2017年現在でも3代目スズキ・ジムニー、および8代目スズキ・アルト「ワークス」などのようにごく一部ではあるがMTが売れ筋の四輪車種も存在する。マニュアルトランスミッション フレッシュアイペディアより)

  • ダイハツ工業

    ダイハツ工業から見たスズキ・アルトスズキ・アルト

    国内ではラリー・ダートトライアルで活躍。全日本ラリーでは1984年にシャレードで初めてクラスタイトルを獲得した。1990年代にはミラの4WDターボ仕様であるTRXX X4Rを投入し、アルトワークスやヴィヴィオと激しく争い、全日本ラリーで3度クラスタイトルを獲得。1998年にストーリアX4が登場すると黄金時代を迎え、全日本ラリー選手権・全日本ダートトライアル選手権の両方で2000年〜2005年までクラスタイトルを連覇した。素性の良さから、ストーリアX4は後継車のブーンX4が登場した後も2014年まで参戦し続けた。後継のブーンX4も2006年にJN2クラスでタイトルを獲得し、2008年のWRC(ラリージャパン)にスポット参戦、N1クラス優勝もしている。このように国内外のモータースポーツに積極的に参戦してきたが、2009年1月13日、「昨今の自動車業界を取り巻く経済状況の厳しい状況」および「(年を追うごとに)深刻化する若年層の車離れなどを理由に、モータースポーツ活動からの撤退と、関連会社DCCSが主催するジムカーナ競技会ダイハツチャレンジカップの終了を発表した。ダイハツ工業 フレッシュアイペディアより)

  • トップ・ギア

    トップ・ギアから見たスズキ・アルトスズキ・アルト

    さらにあまりに低品質な車(当時のヒュンダイ・アクセント)に対して「なんだっけこのクルマの名前?えーっと、アクシデント(=「事故」)だっけ?」などの発言が放送された上、「奴らは家電製品のつもりで車を作ってやがる」「韓国車なら僕らにだって作れる」と言って、洗濯機、乾燥機、電子レンジなどの廃家電を組み合わせて作った、自作の“車”(一応、前進・後退が可能)を紹介するなどした。また同様の評価はマレーシアのプロドゥアの各モデルに対しても行われた。ただし、同じ韓国車でもGM大宇・マティス(ティコ (Tico)≒3代目アルトの後継車)に関しては、2000年に同番組の「Best Value Car」を受賞しているほか、ヒュンダイ・ゲッツ(日本名:TB)に対してもモノ自体は悪くはない(但し、価格面で厳しいと評価している)と言ったコメントをしている。トップ・ギア フレッシュアイペディアより)

  • あばよ白書

    あばよ白書から見たスズキ・アルトスズキ・アルト

    愛車は銀色のジャガー・Mk2。それ以前はアルト(CA71系)に乗っていた。みどりからセカンドカーとしてマツダ・キャロル・ミレディを譲られたが、自身では使用せず、もっぱら舎弟たちが使用している。あばよ白書 フレッシュアイペディアより)

  • 吉原由香里

    吉原由香里から見たスズキ・アルトスズキ・アルト

    2009年5月 スズキ スズキ・アルト「アルトなひと(梅沢由香里)」篇吉原由香里 フレッシュアイペディアより)

  • スズキ・K型エンジン

    スズキ・K型エンジンから見たスズキ・アルトスズキ・アルト

    初搭載車種:アルトワークス(ターボ、3代目)、ワゴンR(NA、初代)スズキ・K型エンジン フレッシュアイペディアより)

  • スポーツカー

    スポーツカーから見たスズキ・アルトワークススズキ・アルト

    File:Suzuki Alto Works RS-R.jpg|スズキ・アルトワークス RS-Rスポーツカー フレッシュアイペディアより)

  • スポーツカー

    スポーツカーから見たスズキ・アルトスズキ・アルト

    スズキはアルトターボRSを発売し、アルトワークス生産終了以降途絶えていた軽ホットハッチを復活させた。日産も新型GT-Rを登場させて世界的に高い評価を得た他、オーテックを2017年にチューニングカーブランドとして発展させた。またマツダはロードスター、スバルはWRX STi、ダイハツはコペンを存続させている。唯一、三菱はランサー・エボリューションを生産終了させてこの分野から撤退した。スポーツカー フレッシュアイペディアより)

  • 高島礼子

    高島礼子から見たスズキ・アルトスズキ・アルト

    スズキ「アルト・ワゴンR・Kei N-1グレード」(2001年 - 2002年)高島礼子 フレッシュアイペディアより)

116件中 91 - 100件表示

「アルト」のニューストピックワード