116件中 11 - 20件表示
  • スバル・レックス

    スバル・レックスから見たスズキ・アルトスズキ・アルト

    レックスは、1972年にR-2のモデルチェンジ版として登場してから20年もの長い期間にわたり販売された。これまでのスバル・360やR-2に比べると、良く言えば落ち着きがある、悪く言えば凡庸なデザインのクルマであった。初代こそ若干のアクがありスバルらしさを残していたものの、2代目、3代目はスズキ・アルトやダイハツ・ミラなど他社の強力なライバルと対抗するためか、比較的おとなしめの外観である。スバル・レックス フレッシュアイペディアより)

  • マツダ・フレアワゴン

    マツダ・フレアワゴンから見たスズキ・アルトスズキ・アルト

    なお、ベースとなったパレットは日産自動車へもルークスの車名でOEM供給が行われており、6代目スズキ・アルト、5代目キャロル、日産・ピノ(2010年1月販売終了)以来となる3姉妹(兄弟)車種となった。また、ベース車種のパレットが後継車種のスペーシアの発表に伴って2013年2月で生産を終了し、翌月にフレアワゴンのフルモデルチェンジを発表したため、本代は約9ヶ月間しか販売されなかった。これは限定車を除けば新車販売期間としては極めて異例である。マツダ・フレアワゴン フレッシュアイペディアより)

  • スズキ・パレット

    スズキ・パレットから見たスズキ・アルトスズキ・アルト

    「トール型ワゴン」という新境地を切り拓いて成功を収め、第2世代に移行したダイハツ・タントに対抗すべくスズキが発表した自動車である。ホイールベース2,400mmを誇る新プラットフォーム(のち4代目ワゴンR、2代目ラパン、7代目アルトにも採用)や、ボンネット型軽自動車として初の後席両側スライドドア(ターボエンジン搭載の「TS」は両側電動式)が採用されている。スズキ・パレット フレッシュアイペディアより)

  • 三菱・ミニカ

    三菱・ミニカから見たスズキ・アルトスズキ・アルト

    なお、1981年(昭和56年)頃の自動車雑誌による経営者インタビュー上で、「(メインユーザーが地方在住、また保守層であることに配慮し)当分ミニカをFFにすることは考えていない」という記述があったが、スズキ・アルトなどの大ヒットに抗いきれず、翻意せざるを得なかったことが窺える。三菱・ミニカ フレッシュアイペディアより)

  • 2ストローク機関

    2ストローク機関から見たスズキ・アルトスズキ・アルト

    スズキの軽自動車アルトは、トルクコンバータ式2速ATの運転性確保のためAUTOMATICのみ1981年まで、キャリイ及びエブリイは1985年まで、ジムニー(SJ30系)は、雪道や不整地での運転性を確保するため1987年まで、それぞれ2ストロークエンジン車が併売されていた。SJ30系ジムニーはマイクロカーを除くと日本最後の2ストロークエンジン車となった。いずれの車種も軽商用車に当たる為、排ガス規制は昭和50年規制が適用された。より排ガス規制の厳しい軽乗用車ではフロンテが1981年まで、セルボが1984年まで2ストロークを継続した。軽乗用車のエンジンでは酸化触媒を二重に配置し、エアポンプ式二次空気導入装置も併設されたスズキ・TC (Twin Catalyst) システムの導入で昭和53年規制に適合していた。2ストローク機関 フレッシュアイペディアより)

  • スズキ・Kei

    スズキ・Keiから見たスズキ・アルトスズキ・アルト

    一部改良(6型)。内装のデザインが変更されたほか、低価格車の「Eタイプ」を新たに設定した。また、標準仕様のほかに、パワーウインドウ、パワードアロック、スモークガラスなどを装備した「Aパッケージ」と、「Aパッケージ」の仕様に加えキーレスエントリー、電動格納式リモコンドアミラーなどを装備した「Bパッケージ」をラインナップする。また、アルトワークスの後継とも言えるスポーツモデル「Keiワークス」を新たに設定した。15インチアルミホイールや4輪ディスクブレーキ、レカロシート、ヘリカルLSD(2WD・MT車のみ)などを装備。スズキ・Kei フレッシュアイペディアより)

  • スズキ (企業)

    スズキ (企業)から見たスズキ・アルトスズキ・アルト

    スズキはGMとの提携関係を継続するとして今後の新型車に搭載するハイブリッドエンジンを共同開発する方針を示していたが、2009年12月にはカナダの生産拠点であるCAMIオートモーティブの全株式をGMに売却するなど、提携解消に向けた動きが順次進められている。スズキ会長兼社長の鈴木修は同年12月16日に行われた新型アルトの発表会の席上で「GMには28年間本当にお世話になった。小学校を卒業して中学校に入る際に先生が変わった、そんな気持ちだ」と関係を表現している。スズキ (企業) フレッシュアイペディアより)

  • スズキ・フロンテ

    スズキ・フロンテから見たスズキ・アルトスズキ・アルト

    1979年に派生車アルトが登場し大ヒットとなるまでは、長年にわたりスズキを代表する軽乗用車だった。フロンテが乗用モデル(5ナンバー)であったのに対し(後記のフロンテバン・フロンテハッチを除く)、当初のアルトはフロンテとプラットフォームを共用した商用モデル(4ナンバー)として発売された。スズキ・フロンテ フレッシュアイペディアより)

  • スズキ・ワゴンR

    スズキ・ワゴンRから見たスズキ・アルトスズキ・アルト

    軽トールワゴンでは少なくなってきているMT車の設定を現行の6代目まで継続採用している(軽トールワゴンでMT車の設定があるのはワゴンRのみである(OEM車種のフレアに関しては初代には設定されていたが、2代目は現時点で設定なし)。スズキの軽乗用車ではワゴンR以外にも、アルト、ジムニー、ハスラーにもMT車の設定がある)。スズキ・ワゴンR フレッシュアイペディアより)

  • スズキ・アルトラパン

    スズキ・アルトラパンから見たスズキ・アルトスズキ・アルト

    アルト ラパン(ALTO Lapin)、スズキのハッチバック型軽自動車である。軽セダンのアルトを基本に設計された。ラパンと略して呼ばれる場合もある。スズキ・アルトラパン フレッシュアイペディアより)

116件中 11 - 20件表示

「アルト」のニューストピックワード