116件中 21 - 30件表示
  • 日産・ピノ

    日産・ピノから見たスズキ・アルトスズキ・アルト

    ピノ (PINO) は、日産自動車が2007年から2010年まで販売していた軽自動車である。スズキからのOEM車種で、ベース車は6代目アルト。同様にスズキからマツダにOEM供給されていた5代目キャロルとも姉妹車になる。日産・ピノ フレッシュアイペディアより)

  • スズキ・アルトエコ

    スズキ・アルトエコから見たスズキ・アルトスズキ・アルト

    スズキ・アルトエコ フレッシュアイペディアより)

  • ヒュンダイ・イオン

    ヒュンダイ・イオンから見たスズキ・アルトスズキ・アルト

    開発コード名HA。インド市場での最量販車種であるマルチ・スズキのアルトK10(5代目ベース、0.8L)やアルト800(7代目ベース、0.8L)の対抗車種としてヒュンダイの南陽技術研究所にて開発された。ヒュンダイのラインナップでは既存のサントロやi10よりさらに下位に位置する新たなエントリーモデルとなる。スタイリングは近年のヒュンダイ車の例にもれずフルイディック・スカルプチャー(fluidic sculpture 、流体の彫刻)デザイン言語に則ったものとなっている。ヒュンダイ・イオン フレッシュアイペディアより)

  • roka

    rokaから見たスズキ・アルトスズキ・アルト

    『ハモニカ海岸』が1997年1月22日に先行シングルとして発売され、後にスズキ・アルトのCMソングとなった『ロカ』が同年6月21日にシングル・カットされたが、1996年6月21日発売の『生活のプリン』は収録されなかった。また、『ハモニカ海岸』のカップリングには『クローバー』の英語ヴァージョンが収録されている。roka フレッシュアイペディアより)

  • スライドドア

    スライドドアから見たスズキ・アルトスズキ・アルト

    フロントドアへの採用はスズキ・アルトが1988年に採用したが当時は普及しなかった(アルトはフロント側両スライドドアや、右側スライド・左側ヒンジドア2枚など、試行錯誤を繰り返した)。後にドアが大きく開くため小型車でも採用されるようになったのはイージークローザーや電動開閉機構が装備されるようになってからである。トヨタ・ポルテ/スペイド(ただし、運転席側は通常のヒンジ式)やプジョー・1007の様に、フロントドアに電動スライドドアを採用したものや、三菱・eKワゴン/eKスポーツ(2代目)のように後席左側のみ採用しているもの存在する。しかし特殊な形状からコストが多くかかるなどのデメリットもある。スライドドア フレッシュアイペディアより)

  • ブースト計

    ブースト計から見たスズキ・アルトワークススズキ・アルト

    主に軽自動車などの廉価な車両や、過給器付きエンジンの中でも構造上ウェイストゲートバルブが存在せず、最大過給圧を特に把握する必然性に乏しいスーパーチャージャー付きエンジンにこうした過給圧表示灯が採用されている。例としてスズキ・アルトワークス(初代 CC系?2代目 CM/CP/CN系前期)に標準装備されていた。ブースト計 フレッシュアイペディアより)

  • スズキ・アルトバン

    スズキ・アルトバンから見たスズキ・アルトスズキ・アルト

    スズキ・アルトバン フレッシュアイペディアより)

  • GM大宇・マティス

    GM大宇・マティスから見たスズキ・アルトスズキ・アルト

    初代マティスは3代目スズキ・アルトをベースにしたティコの後継車として1998年にデビューした。ジウジアーロがデザインしたボディは元々はフィアット車向けにデザインされたといわれている。GM大宇・マティス フレッシュアイペディアより)

  • 大宇・ティコ

    大宇・ティコから見たスズキ・アルトスズキ・アルト

    韓国政府の国民車計画に基づき、1980年代後半に大宇造船(現・大??宇造船海洋)が日本のスズキと契約を結び、スズキの軽乗用車アルト(CL11型)を元に開発し、1991年から慶尚南道昌原市の大宇国民車工場で生産を開始した。発売当時のマイカーブームに乗ってヒットした車で、このティコを端緒として韓国の軽自動車市場が大きくなっていった。当時、韓国政府の国民車普及促進計画、高速道路通行料50%免除のほか、多くの税制上の優遇、歩道に片輪を乗り上げての駐車の容認など利点が多く、大きな人気を博した。大宇・ティコ フレッシュアイペディアより)

  • シスコヒート

    シスコヒートから見たスズキ・アルトワークススズキ・アルト

    小太りの警察署長らしき人物がスタートの合図をしスタート。行先の緊急指令(ステージ構成参照)が画面に表示されレーススタート。ステージ1道中の横断幕に「SAN FRANCISCO RALLY」と書かれていたり、封鎖されるはずの道中にはバスやタクシーなどの一般車が十字路から飛び出していたりと、ラリーであるはずなのに何故かスタンディングスタートでタイムを競ったり、路肩のアザーカーには本来アメリカでは出荷されていないはずの軽自動車(スズキ・アルトワークス風)が止まっていたり、クラウンビック風のパトカーの車幅と同等であったりと、ゲーム中に登場する車はスケールバランスがおかしな所が多々あり、道中に至っても事故現場そっちのけでゴールへ駆け抜ける等、ゲームならではのダイナミックさで押し切る作風で、当時の他社の同ジャンルのゲームには見られない非常に風変りで個性的な仕上がりとなっていた。尚、エンディングではアメリカ国歌が使用されており、アメリカ市場を狙った企画のゲームであることがわかる。シスコヒート フレッシュアイペディアより)

116件中 21 - 30件表示

「アルト」のニューストピックワード