91件中 51 - 60件表示
  • トップ・ギア

    トップ・ギアから見たスズキ・アルトスズキ・アルト

    ときには番組の内容が行き過ぎることもあり、視聴者から借り受けたジャガー・Cタイプを撮影に使用した際、遠慮なく乗り回した結果車軸を曲げ、クラッチを破壊した状態でそのまま返却し、オーナーを怒らせてしまったこともある。また、あまりにもひどいデザインの車や安価だが低品質な車の出来を検証した際には「このクルマの乗り方は一つだけ。覆面をかぶって乗ることだ。じゃないとこんなのを買った事が近所に知れて恥ずかしいからね。」などと酷評し、覆面代わりの紙袋を被ってレビューする。そのような車とされる日産・マイクラC+Cなどは街中でのレビュー中に路肩に乗り捨てられ、あまりに低品質な車(当時のヒュンダイ・アクセント)に対して「なんだっけこのクルマの名前?えーっと、アクシデント(=「事故」)だっけ?」などの発言が放送された上、「奴らは家電製品のつもりで車を作ってやがる」、「韓国車なら僕らにだって作れる」と言って洗濯機、乾燥機、電子レンジなどの廃家電を組み合わせて作った自作の“車”(一応、前進・後退が可能)を紹介するなどした。ただし、同じ韓国車でもGM大宇・マティス(ティコ (Tico)≒3代目アルトの後継車)に関しては2000年に同番組の「Best Value Car」を受賞している。トップ・ギア フレッシュアイペディアより)

  • ナット座ピッチ直径

    ナット座ピッチ直径から見たスズキ・アルトスズキ・アルト

    スズキ:初代?2代目スズキ・カルタスおよび同社のジムニーを除く1994年以前までの一部の軽自動車(CA/CN/CR2x系アルト、D*51T/V系キャリイ/エブリイ初期型など)ナット座ピッチ直径 フレッシュアイペディアより)

  • Aセグメント

    Aセグメントから見たスズキ・アルトスズキ・アルト

    この対比表でAセグメントとされている車種にはフォード・Ka、スズキ・アルト、タタ・ナノ、フィアット・500などがある。Aセグメント フレッシュアイペディアより)

  • エンジンスワップ

    エンジンスワップから見たスズキ・アルトスズキ・アルト

    SS40型のスズキ・セルボおよびマイティボーイに、CA72V型アルトワークスのツインカムターボエンジンを搭載。エンジン型式はF5Aで共通。エンジンスワップ フレッシュアイペディアより)

  • シスコヒート

    シスコヒートから見たスズキ・アルトワークススズキ・アルト

    坂の都市という形容から想像できるように、アップダウンの激しいコースでの展開となり、アザーカーであるパトカーは勿論の事、道中中央には路面電車(ケーブルカー)も走っており、「ストレートだから飛ばせる」と言う先入観を覆す出来となっている。アザーカーであるパトカーには順位がつけられているパトカーとそうでないものがあり、パトランプ色で容易に判別できる。順位がつけられているパトカーは同時出走全8台。順位の下に現在通っている当時のサンフランシスコのストリートの実名称が表示される。スタート時の「?へ急行せよ」の指示も実際の地名を示しており、小太りの警察所長らしき人物がスタートの合図をしスタートする。ステージスタートの際、行先の緊急指令(ステージ構成参照)が画面に表示され、ステージ1道中の横断幕に「SAN FRANCISCO RALLY」と書かれて居たり、封鎖されるはずの道中にバス、タクシーなどの一般車が十字路から飛び出していたり、ラリーであるはずなのに何故スタンディングスタートでタイムを競い、緊急指令と言われたが非番ではないのか、路肩のアザーカーにアメリカでは本来出荷されていない軽自動車(スズキ・アルトワークス風)が止まっている場面があるが、クラウンビック風のパトカーの車幅と同等あり、同様に止まっているシボレー・シェビーバンに対して観ても全高等でスケールバランスがおかしな所もあり、道中に至っても事故現場そっちのけでゴールへ駆け抜けるなど所々設定ですら一見では理解し難い演出があり、風変りなテイストのゲームとなっている。シスコヒート フレッシュアイペディアより)

  • スズキ・ランディ

    スズキ・ランディから見たスズキ・アルトスズキ・アルト

    2006年6月に、日産との間で完成車の相互供給に関する提携強化策を発表していた。その中の一環として、普通自動車ラインナップ強化を目的として、2007年1月22日から発売を開始した。相互供給の関係で、スズキは日産にアルトを供給。ランディと同日にピノとして発売された(なお、ピノは2010年1月をもって製造を終了している)。スズキ・ランディ フレッシュアイペディアより)

  • 日産・AD

    日産・ADから見たスズキ・アルトスズキ・アルト

    新たに起こされたボディーは、Bピラー以降に大きな四角い箱を継いだシルエットで、リアドアを廃した3ドアとなった。ホイールベースを70mm延長して全長を4,270mmとし、全高は1,810mm(数値はワゴン)まで高められ、荷室高は1,200mmを確保している。バックドアは開閉が楽な観音開きで、グレードにより、両ドアにワイパーも備わる。側面後部のエクストラウインドウが目を引くが、少数ながら、バンにはシンプルな矩形の引き違い窓のモデルもある。このような欧州スタイルを取り入れた日本車は、生産車ではAD MAXとスズキ・アルトハッスルのみで、コンセプトカーを含めても、オートザム・レビューをベースとしたM2 1004がある程度で、少数派である。日産・AD フレッシュアイペディアより)

  • 光岡・レイ

    光岡・レイから見たスズキ・アルトスズキ・アルト

    1999年登場。2代目はボディパーツがアルト共通となった5ドアの4代目(マツダ)キャロルがベース。グレード構成は3ドアと5ドアのみ。先代に比べるとベース車に比べ大幅な変更はなく、内装に関しては全く変更がなかった。光岡・レイ フレッシュアイペディアより)

  • 遊佐未森

    遊佐未森から見たスズキ・アルトスズキ・アルト

    1997年、エピック時代最後のシングル「ロカ」がスズキ・アルトのCMに使われる。東芝EMIへ移籍後、24枚目のシングル「タペストリー」(カルビーアラポテトのCMに起用)発表。遊佐未森 フレッシュアイペディアより)

  • 大瀧詠一

    大瀧詠一から見たスズキ・アルトスズキ・アルト

    スズキ・アルトエコ(「君は天然色」)大瀧詠一 フレッシュアイペディアより)

91件中 51 - 60件表示