116件中 51 - 60件表示
  • スカイカー

    スカイカーから見たスズキ・アルトスズキ・アルト

    インドのバンガロールに住むヴィシュワナート(A.K. Vishwanath)がマルチ・スズキ・インディアのマルチ・800(2代目スズキ・アルトベース)を改造して製作。バンガロール空港で開催された航空ショー「エアロインディア2011」に展示された。ミツバチの飛行能力などを参考にし開発に16年を費やしたとしているが、航空力学的に飛行出来ないと言われ現在のところ飛行試験は行われていない。スカイカー フレッシュアイペディアより)

  • NAVi5

    NAVi5から見たスズキ・アルトスズキ・アルト

    また2010年代現在、他社(特にヨーロッパ)においても同様の機構を持つ乾式クラッチ式のトランスミッション(DCTなど)がスポーティな車種に見られるようになり、日本でもスズキが「オートギアシフト」と称してキャリイ/エブリイやアルト/ラパン(一部グレードを除く)(およびこれらのOEM車)と言った耐久性と低コスト、ダイレクト感が殊更に求められる車種のATとして採用された例がある。NAVi5 フレッシュアイペディアより)

  • 小林あずさ

    小林あずさから見たスズキ・アルトスズキ・アルト

    ALTO 『SKIP!積荷篇』 (スズキ 2005年)小林あずさ フレッシュアイペディアより)

  • スズキ・カルタス

    スズキ・カルタスから見たスズキ・アルトスズキ・アルト

    1983年(昭和58年)10月提携先であるGMとの共同開発によって誕生した。エンジンは当初直列3気筒の1.0 L で、前輪駆動(FF)、3ドアハッチバックであった。また製造コストを下げるために同社のアルト等の軽自動車用のコンポーネンツ(特にサスペンション関係)を一部に用いている。同社はカルタス生産開始のために湖西第二工場を新設した。スズキ・カルタス フレッシュアイペディアより)

  • ナット座ピッチ直径

    ナット座ピッチ直径から見たスズキ・アルトスズキ・アルト

    スズキ:初代?2代目スズキ・カルタスおよび同社のジムニーを除く1994年以前までの一部の軽自動車(CA/CN/CR2x系アルト、D**51T/V系キャリイ/エブリイ初期型など)ナット座ピッチ直径 フレッシュアイペディアより)

  • モノクローム・ヴィーナス

    モノクローム・ヴィーナスから見たスズキ・アルトスズキ・アルト

    タイアップとなったスズキ・アルトのCMには当時池田の衣装も手がけていた小林麻美が出演していた。モノクローム・ヴィーナス フレッシュアイペディアより)

  • 軽トールワゴン

    軽トールワゴンから見たスズキ・アルトスズキ・アルト

    スズキはかつて1979年にアルトのヒットで軽ボンバンというカテゴリを切り開いた過去があるが、このワゴンRのヒットで、スズキは再び新たな成功を掴んだことになる。現在の軽トールワゴンというジャンルの確立は、ワゴンRの成功によるところが大きい。軽トールワゴン フレッシュアイペディアより)

  • 日産・モコ

    日産・モコから見たスズキ・アルトスズキ・アルト

    一部改良。「S アイドリングストップ」・「X アイドリングストップ」を「S」・「X」に統合し、「S FOUR」・「X FOUR」とともに低燃費仕様化。2代目のマイナーチェンジではMRワゴンのみ廃止され、モコでは継続設定となったターボ車である「G」・「G FOUR」は今回廃止され、NAエンジン車のみのラインナップとなった。グレード体系の整理に伴い、「S」・「S FOUR」はこれまで未設定だったタッチパネルオーディオが設定できるようになり、13インチフルホイールカバーはモコの専用デザインからアルトエコなどに使われているデザインに変更、「X」・「X FOUR」は「G」・「G FOUR」に装備されていた本革巻ステアリング(一部ピアノブラック調)、6スピーカー、フロントスタビライザー、14インチアルミホイールを新たに装備した。この他、アイドリングストップシステムは作動するタイミングを停止前車速13km/h以下に早めたほか、新たに蓄冷材内蔵の空調ユニット(MRワゴンでの「ECO-COOL」に相当)を搭載したことでエンジンの停止時間を延長。また、高効率リチウムイオンバッテリー+高効率・高出力オルタネーター(MRワゴンでの「ENE-CHARGE」に相当)も搭載したことで回生エネルギーの蓄電容量を増やし、2WD車はJC08モード燃費を30.0km/Lに向上した。ボディカラーは、2代目の後期型で設定されていた「ペールブルーメタリック(スズキ名:エアブルーメタリック)」を復活する替わりに「カシミールブルーパールメタリック(スズキ名:パールメタリックカシミールブルー)」、「モコベリーパールメタリック(モコ専用色)」、「ホワイトミント(上述、アイドリングストップシステム搭載車専用色)」を廃止して6色に整理された。なお、MRワゴンに設定されている「シャンパンピンクパールメタリック」はモコでは未設定となる(後述のマイナーチェンジ及び「ドルチェ」追加後も同様)。オーテックジャパン扱いの特別仕様車「エアロスタイル」はベース車と同様の改良を受けて継続販売するとともに、グレード体系を「S FOUR」を除く3グレードにした。日産・モコ フレッシュアイペディアより)

  • ザ・ベストハウス123

    ザ・ベストハウス123から見たスズキ・アルトスズキ・アルト

    2010年1月より筆頭スポンサーのSUZUKIが1分から1分30秒に拡大したことを機に、SUZUKIのアルトと番組とのコラボCMを放送している。ザ・ベストハウス123 フレッシュアイペディアより)

  • 鈴木修 (実業家)

    鈴木修 (実業家)から見たスズキ・アルトスズキ・アルト

    1975年の自動車排出ガス規制に対応が遅れたスズキを立て直し、社長就任直後に軽自動車アルト(1979年発売)を主導。その後もワゴンR(1993年発売)の発売など軽自動車の商品力を高めた。鈴木修 (実業家) フレッシュアイペディアより)

116件中 51 - 60件表示

「アルト」のニューストピックワード