91件中 61 - 70件表示
  • マツダ・フレアワゴン

    マツダ・フレアワゴンから見たスズキ・アルトスズキ・アルト

    なお、ベースとなったパレットは日産自動車へもルークスの車名でOEM供給が行われており、6代目スズキ・アルト、5代目キャロル、日産・ピノ(2010年1月販売終了)以来となる3姉妹(兄弟)車種となった。マツダ・フレアワゴン フレッシュアイペディアより)

  • 1979年

    1979年から見たスズキ・アルトスズキ・アルト

    5月11日 - 鈴木自動車工業が「アルト」を発売、47万円という低価格で人気を集める。1979年 フレッシュアイペディアより)

  • 名探偵夢水清志郎事件ノート

    名探偵夢水清志郎事件ノートから見たスズキ・アルトスズキ・アルト

    愛車は「ポチ一号」(スズキ・アルトワークスにエンジン改造を加えたバケモノ車)だったが、その後「ポチアマゾン」(トヨタ・ファンカーゴ)に乗り換えた。取材用バス「ポチV3」もあり、やはり尋常ではないスピードを出す。また、愛用のノートパソコンには「サイクロン1号」と名付けており、相当の改造を施していることから、かなり機械を扱うのに慣れているようである。名探偵夢水清志郎事件ノート フレッシュアイペディアより)

  • 日産・ルークス

    日産・ルークスから見たスズキ・アルトスズキ・アルト

    マツダにもフレアワゴンが発売されたことから、6代目アルト及び5代目キャロルと2010年1月に販売終了したピノ以来のOEM3姉妹(兄弟)車種になった。日産・ルークス フレッシュアイペディアより)

  • 2ストローク機関

    2ストローク機関から見たスズキ・アルトスズキ・アルト

    スズキの軽自動車アルトは、トルクコンバータ式2速ATの運転性確保のためAUTOMATICのみ1981年まで、また、ジムニーは、雪道や不整地での運転性を確保するため1987年まで、それぞれ2ストロークエンジン車が併売されていた。このSJ30系ジムニーはマイクロカーを除くと日本最後の2ストロークエンジン車となった。マイクロカーにおいても光岡自動車が生産を終了している。2ストローク機関 フレッシュアイペディアより)

  • ザ・ベストハウス123

    ザ・ベストハウス123から見たスズキ・アルトスズキ・アルト

    2010年1月より筆頭スポンサーのSUZUKIが1分から1分30秒に拡大したことを機に、SUZUKIのアルトと番組とのコラボCMを放送している。ザ・ベストハウス123 フレッシュアイペディアより)

  • ハッチバック

    ハッチバックから見たスズキ・アルトスズキ・アルト

    スイフト、SX4、アルト(アルトエコ含む)、アルトラパンハッチバック フレッシュアイペディアより)

  • 鈴木修 (実業家)

    鈴木修 (実業家)から見たスズキ・アルトスズキ・アルト

    1975年の自動車排出ガス規制に対応が遅れたスズキを立て直し、社長就任直後に軽自動車アルト(1979年発売)を主導。その後もワゴンR(1993年発売)の発売など軽自動車の商品力を高めた。鈴木修 (実業家) フレッシュアイペディアより)

  • スズキ・カプチーノ

    スズキ・カプチーノから見たスズキ・アルトスズキ・アルト

    搭載されるエンジンはアルトワークス用に開発されたF6A型 3気筒12バルブDOHCインタークーラーターボエンジンを縦置きに搭載し、軽自動車の自主規制値である64PSを発生させる。モデル末期には同じく同時期のアルトワークス用に開発されたオールアルミ製K6A型 3気筒12バルブDOHCインタークーラーターボエンジンを搭載した。スズキ・カプチーノ フレッシュアイペディアより)

  • マツダ・オートザムAZ-1

    マツダ・オートザムAZ-1から見たスズキ・アルトスズキ・アルト

    1989年の東京モーターショーで参考出品された「AZ550 Sports」(後述)の市販版ともいえるAZ-1は1992年9月24日に発表され、同年10月5日に発売。スズキ製3気筒DOHCのF6Aターボエンジンをシート後部に(ミッドシップ)搭載し、「究極のハンドリングマシーン」と銘打たれた車である。パワートレインはアルトワークスと一部共通化している。外板に特殊プラスチックを使用し、ガルウイングドアを採用して、超小型のスーパーカーを演出していた。ボディは外装を簡単に取り外せるスケルトンモノコックという特殊なフレームを採用して剛性を高め、外装がない状態でも走行可能。車重は720kg。型式はE-PG6SA。マツダ・オートザムAZ-1 フレッシュアイペディアより)

91件中 61 - 70件表示