116件中 71 - 80件表示
  • スズキ・MRワゴン

    スズキ・MRワゴンから見たスズキ・アルトスズキ・アルト

    2012年2月14日 - 従来の「X アイドリングストップ」に替わるアイドリングストップシステム搭載の派生モデル「MRワゴン エコ」を追加。先に発売されたアルト エコで採用された技術が取り入れられており、R06A型エンジンや副変速機構付CVTに改良を加えフリクションの低減化を行うとともに、協調制御をより細かくしたことでパワートレイン全体での燃費性能を高めた。アイドリングストップシステムも改良され、ブレーキを踏んで時速が9km/L以下になった時点でエンジンを停止することでアイドリングストップ時間を延長。さらに、ハンドルや「アイドリングストップOFFスイッチ」の操作でエンジンを再始動できる機能を追加し、運転状況に応じたスムーズな発進を可能にした。また、あらゆる走行抵抗を低減するため、車軸ベアリングはフロントにハブ一体構造型を採用し、リアも構造の見直しを行うことで回転抵抗を、タイヤを変更したことで転がり抵抗を、フロントブレーキパッドの変更により走行中の引きずり抵抗を低減。これらにより、JC08モード燃費で27.2km/L(平成27年度燃費基準+20%達成)のさらなる低燃費を実現。グレード体系は従来の「X アイドリングストップ」に相当する「ECO-X」と「G」に準じた装備内容としつつ、キーレスプッシュスタートシステムを装備した「ECO-L」の2グレードを設定する。なお、アイドリングストップシステム搭載車の証としてバックドア右下に「IDLING STOP」エンブレムが新たに装着されたために、車名エンブレムはSマークと平行した位置に配置されている。また、ボディカラーについては既存の7色に加え、アルト エコ同様に緑味を帯びた白「リーフホワイト」を追加した8色が設定される(リーフホワイトは2012年4月発売開始)。スズキ・MRワゴン フレッシュアイペディアより)

  • パトロールカー

    パトロールカーから見たスズキ・アルトスズキ・アルト

    またミラ(ジーノ、イース含む)、エッセ、ハイゼットカーゴ、ミニカ、アルトなどの軽自動車が特に警視庁などの大都市圏で多く見られる。パトロールカー フレッシュアイペディアより)

  • 井森 美幸

    井森美幸から見たスズキ・アルトスズキ・アルト

    アルト』(1990年 - 1992年)井森美幸 フレッシュアイペディアより)

  • ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT

    ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFTから見たスズキ・アルトスズキ・アルト

    アルト - 白。これもショーンが乗っていたタクシーと同じ車線上に停車していた。ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT フレッシュアイペディアより)

  • 君は天然色

    君は天然色から見たスズキ・アルトスズキ・アルト

    スズキ「アルトエコ」CMソング(2011年)君は天然色 フレッシュアイペディアより)

  • マツダ・スピアーノ

    マツダ・スピアーノから見たスズキ・アルトスズキ・アルト

    スズキ・アルトラパン - OEM元。アルトシリーズマツダ・スピアーノ フレッシュアイペディアより)

  • 速報!歌の大辞テン

    速報!歌の大辞テンから見たスズキ・アルトスズキ・アルト

    過去のランキングに関しては他局の番組であっても主題歌としてヒットした場合は提供の写真とともに紹介したり寛容的だった。ホンダがスポンサーだったのにもかかわらず、トヨタや日産などの車名が登場する小林旭の「自動車ショー歌」を紹介した事がある。他にも池田聡の「j.e.a.l.o.u.s.y」が20位以内に入った時も「スズキ アルトCFイメージソング」と表記されたEPレコード盤のジャケットを堂々と流した事もある。速報!歌の大辞テン フレッシュアイペディアより)

  • ポパイ

    ポパイから見たスズキ・アルトスズキ・アルト

    1988年にスズキから発売している軽自動車『アルトワークス』のCMキャラクターにポパイが起用された。2004年に日野自動車から発売している小型トラック『デュトロ』のCMキャラクターにポパイが起用された。ポパイ フレッシュアイペディアより)

  • ポスト団塊ジュニア

    ポスト団塊ジュニアから見たスズキ・アルトスズキ・アルト

    1990年代は、車に関心がある若者も多い時代であった。ポスト団塊ジュニアが免許を取得し自動車に乗り始めた1990年代中盤〜後半の自動車業界といえば、ハイソカーなどデートカーのブームは既に終焉していたが、ガソリン価格もまだ安く、マツダ・RX-7、三菱・ランサーエボリューション、三菱・GTO、トヨタ・スープラ、日産・スカイラインGT-R、ホンダ・シビックタイプRなど、国産メーカー各社はハイパワーのスポーツカー(当然、2000年代以降の基準では悪燃費である)を次々に投入していた。しかし、まだ大学生や専門学校生あるいは新社会人であったポスト団塊ジュニアのクルマ好きの多くは当然これらの新車を購入することはできず、バブル期の前後に発売されたモデルを中古車として手にして、週末や平日の夜のドライブを楽しんだ。また若者にも手が出る廉価な軽自動車にも、スズキ・アルト(ワークス)やダイハツ・ミラ(アバンツァートX4・X2)、スバル・ヴィヴィオ(RX-R)などホットハッチのグレードが用意され人気を博していた。ポスト団塊ジュニア フレッシュアイペディアより)

  • 広川太一郎

    広川太一郎から見たスズキ・アルトスズキ・アルト

    スズキ 『アルト』(1984年)広川太一郎 フレッシュアイペディアより)

116件中 71 - 80件表示

「アルト」のニューストピックワード