91件中 71 - 80件表示
  • ライトバン

    ライトバンから見たスズキ・アルトスズキ・アルト

    日本車ではかつて日産・AD MAXやスズキ・アルトハッスルなどが存在したが、機械式駐車場の高さ制限や、2ドアの不便さ、後述のワンボックスタイプがすでに広く普及していたことなどから定着はしなかった。唯一の成功例としては、内外観から仕事グルマらしさを極力排除した日産・エスカルゴがある。ライトバン フレッシュアイペディアより)

  • 無段変速機

    無段変速機から見たスズキ・アルトスズキ・アルト

    車両重量が重いワンボックスカーやSUV用として開発されたCVTであるが、当初は車両重量が軽いがエンジントルクが小さい軽自動車(スズキ・パレット/パレットSW)用として採用された。2012年10月現在、日産のルークス、マーチ、ジューク、ノート、スズキのソリオ、スプラッシュ、スイフト/スイフトスポーツ、MRワゴン、パレット/パレットSW、ワゴンR/ワゴンRスティングレー、アルトラパン、アルト/アルトエコ、マツダのキャロル、AZ-ワゴン/AZ-ワゴン・カスタムスタイル、フレアワゴン、フレア、三菱のデリカD:2、ミラージュに採用されている。無段変速機 フレッシュアイペディアより)

  • スズキ・ワゴンR

    スズキ・ワゴンRから見たスズキ・アルトスズキ・アルト

    本代では前述の「ENE-CHARGE」や「ECO-COOL」など、低燃費化技術や軽量化技術などが盛り込まれた次世代環境技術「スズキグリーンテクノロジー」の第1弾の車種として開発された。「ENE-CHARGE」は元々アイドリングストップ車専用に搭載されていた鉛バッテリーに高効率のリチウムイオンバッテリー(電気自動車用バッテリーとして導入実績がある東芝製「SCiB(高入出力タイプ・3Ahセル)」を採用)を追加するとともに、オルタネーターを高効率・高出力化。減速時に発電・充電を行ってバッテリーに蓄え、蓄えられた電力をオーディオやメーターなどの電装品に供給することで発電に使用していたガソリンの使用量を最小限に減らすとともに、エンジン負荷を軽減。「ECO-COOL」はアイドリングストップが作動してエアコンが送風運転に切り替わった時に搭載された蓄冷材を通した冷風を送ることで室内の温度上昇を抑え、エンジン再始動を抑制する。アイドリングストップシステムは改良を行い、停止前の減速時、アクセルを離したときから燃料をカットするとともに、エンジン自動停止のタイミングを13km/h以下に早めた。また、フロントピラーに新日本製鐵が新たに開発したプレス工法「NSafe-FORM-LT」を採用した強度980MPaのハイテン鋼を軽自動車で初めて採用するとともに、外板、内装、足回りなどの素材を見直すことで最大70kgの軽量化を達成。「FX」の2WD車は全高1,550mm以上の軽トールワゴンでは最軽量となる780kgを実現した。さらに、エンジンをR06A型へ置換するとともに、副変速機構付CVTの改良、走行抵抗の低減を行ったことで、JC08モード燃費でNA・2WD車は28.8km/L、ターボ・2WD車は26.8km/Lの低燃費を実現し、「平成27年度燃費基準+20%」を達成した。この「スズキグリーンテクノロジー」は同年11月13日にスズキ初となる「2013年次 RJCテクノロジーオブザイヤー」を受賞しており、この技術は2013年2月にマイナーチェンジしたアルトエコや新型車のスペーシアにも導入された。スズキ・ワゴンR フレッシュアイペディアより)

  • 速報!歌の大辞テン

    速報!歌の大辞テンから見たスズキ・アルトスズキ・アルト

    ホンダがスポンサーだったのにもかかわらず、トヨタや日産などの車名が登場する小林旭の「自動車ショー歌」を紹介した事がある。他にも池田聡の「j.e.a.l.o.u.s.y」が20位以内に入った時も「スズキ アルトCFイメージソング」と表記されたEPレコード盤のジャケットを堂々と流した事もある。速報!歌の大辞テン フレッシュアイペディアより)

  • 小林星蘭

    小林星蘭から見たスズキ・アルトスズキ・アルト

    SUZUKI アルトエコ(2012年7月5日 - )小林星蘭 フレッシュアイペディアより)

  • スバル・ヴィヴィオ

    スバル・ヴィヴィオから見たスズキ・アルトスズキ・アルト

    バンの最廉価グレードで、MTのみの設定。その名の通り、後部座席を取り外しており、eから更にリアデフォッガーやリアゲートオープナーまで省略されている。スズキ・アルトの最廉価グレードと横並びの55.8万円の価格設定となっていた。スバル・ヴィヴィオ フレッシュアイペディアより)

  • スズキ・ツイン

    スズキ・ツインから見たスズキ・アルトスズキ・アルト

    スズキ・アルト - メカニカルコンポーネンツを共用スズキ・ツイン フレッシュアイペディアより)

  • スズキ・MRワゴン

    スズキ・MRワゴンから見たスズキ・アルトスズキ・アルト

    従来の「X アイドリングストップ」に替わるアイドリングストップシステム搭載の派生モデル「MRワゴン エコ」を追加。先に発売されたアルト エコで採用された技術が取り入れられており、R06A型エンジンや副変速機構付CVTに改良を加えフリクションの低減化を行うとともに、協調制御をより細かくしたことでパワートレイン全体での燃費性能を高めた。アイドリングストップシステムも改良され、ブレーキを踏んで時速が9km/L以下になった時点でエンジンを停止することでアイドリングストップ時間を延長。さらに、ハンドルや「アイドリングストップOFFスイッチ」の操作でエンジンを再始動できる機能を追加し、運転状況に応じたスムーズな発進を可能にした。また、あらゆる走行抵抗を低減するため、車軸ベアリングはフロントにハブ一体構造型を採用し、リアも構造の見直しを行うことで回転抵抗を、タイヤを変更したことで転がり抵抗を、フロントブレーキパッドの変更により走行中の引きずり抵抗を低減。これらにより、JC08モード燃費で27.2km/L(平成27年度燃費基準+20%達成)のさらなる低燃費を実現。グレード体系は従来の「X アイドリングストップ」に相当する「ECO-X」と「G」に準じた装備内容としつつ、キーレスプッシュスタートシステムを装備した「ECO-L」の2グレードを設定する。なお、アイドリングストップシステム搭載車の証としてバックドア右下に「IDLING STOP」エンブレムが新たに装着されたために、車名エンブレムはSマークと平行した位置に配置されている。また、ボディカラーについては既存の7色に加え、アルト エコ同様に緑味を帯びた白「リーフホワイト」を追加した8色が設定される(リーフホワイトは2012年4月発売開始)。スズキ・MRワゴン フレッシュアイペディアより)

  • THE 逃走ハイウェイ 〜名古屋-東京〜

    THE 逃走ハイウェイ 〜名古屋-東京〜から見たスズキ・アルトスズキ・アルト

    軽自動車 スズキ・アルト(4代目)がモデル。THE 逃走ハイウェイ 〜名古屋-東京〜 フレッシュアイペディアより)

  • レンタカー

    レンタカーから見たスズキ・アルトスズキ・アルト

    ただし軽自動車(乗用車)に限っては、車両価格が高めの軽トールワゴン(スズキ・ワゴンRやダイハツ・ムーヴなど)やダイハツ・ソニカ・スズキ・セルボ・三菱・iと、車両価格が比較して廉価なエッセ・アルト・ミラ・ミニカなどを同一料金で貸し渡しているケースがある(オリックスレンタカーや、日産レンタカーの店舗の多くで該当するが、ニッポンレンタカーは車両価格の開きから、軽乗用車と軽ワゴンのクラスに分離している)。レンタカー フレッシュアイペディアより)

91件中 71 - 80件表示