119件中 11 - 20件表示
  • スズキ・アルト

    スズキ・アルトから見たアイドリングストップ

    2011年11月24日に、低燃費仕様の派生モデルアルトエコを追加。グレード体系は「ECO-L」と「ECO-S」の2グレードを設定する。エンジンを3代目MRワゴンで採用されたR06A型に置換し、9km/h以下でエンジンを自動停止する停車前アイドリングストップ機能を備えたアイドリングストップシステムを搭載。省電力化を図るため、リアコンビランプとハイマウントストップランプをLED化し、燃料ポンプを軽自動車では初となる省電力型に変更。エンジンの変更に伴ってエンジンルーム周りの骨格も一新し、燃料タンク容量を20Lに変更するなど、各種部品の軽量化を徹底したことで「G」のCVT車に比べて20kgの軽量化を達成するとともに、車高を15mm低くし、フロントバンパーの形状を変更して空力性能の向上を図り、足回り部品やタイヤを変更するこで走行抵抗を低減した。これらにより、JC08モードで30.2km/L(平成27年度燃費基準+20%達成)を実現した。アイドリングストップシステムにはスズキ車初となる新機構スターターモーターが搭載されており、停車前アイドリングストップ作動中でもブレーキを離したり、ハンドル操作をするだけで瞬時にエンジンを再始動し、スムーズな再加速ができる。また、坂道発進の際の後退を抑制するヒルホールドコントロールを追加装備している。2013年2月のマイナーチェンジでは5代目ワゴンRに初採用した「エネチャージ」と「エコクール」を導入するとともに、アイドリングストップシステムはエンジン自動停止のタイミングを13km/h以下に早め、更なる車体の軽量化(前期型に比べ20kg軽量化)等を行ったことで、JC08モード燃費を33.0km/Lに向上。従来からハイブリッドカーを除くガソリン車ではトップクラスの燃費性能を持っていたが、このマイナーチェンジにより、ハイブリッドカーに迫る燃費性能となった。スズキ・アルト フレッシュアイペディアより)

  • スズキ・アルト

    スズキ・アルトから見た無段変速機

    1999年5月6日 - DOHCリーンバーンエンジンとCVTを搭載し、低燃費を実現した、3ドア「Sc リーンバーン」CVT搭載車を発売。スズキ・アルト フレッシュアイペディアより)

  • スズキ・アルト

    スズキ・アルトから見た消費税

    1989年4月、消費税施行に伴い、物品税が廃止されると、ボンネットバンのメリットが薄れたためアルトにも5ナンバー車を設定し、フロンテはアルトに統合される形で生産終了となった。これによって従来のモデルの大半が5ナンバーに切り替わったため、グレード名称の最後に「-S」が付加、さらに、5ドアバンを廃止する代わりに5ドアセダンを4車種設定するなど、セダン重視のラインナップとなる。スズキ・アルト フレッシュアイペディアより)

  • スズキ・アルト

    スズキ・アルトから見たエコドライブ

    2013年2月20日 - 一部改良(3型、3月4日販売開始)。アルトエコはマイナーチェンジが行われ、5代目ワゴンRで採用した次世代環境技術「スズキグリーンテクノロジー」の導入により、JC08モード燃費で33.0km/Lを達成。エクステリアはフロントグリルにシルバー塗装のフィンを採用してフロントフェイスの差別化を行い、バックドアを除くカラードドアハンドルとカラードドアミラー(「ECO-S」のみ)をシルバー塗装に変更。内装色やシートカラーにライトグレーを取り入れ、エアコン操作パネルに水色を採用。メーターが一新され、メーターリングや文字盤に水色を採用してタコメーターを追加した3眼メーターとなり、エコドライブアシスト照明とエコスコアを採用した。装備も充実し、電波式キーレスエントリーを「ECO-L」にも拡大適応され、「ECO-S」はリアシートヘッドレストを新たに標準装備するとともに、LEDサイドターンランプ付ドアミラー、キーレスプッシュスタートシステム、イモビライザーのセットオプションを追加した。「ECO-S エコブルーパッケージ」は廃止となったが、JC08モードで30.4km/Lを実現した4WD車を新設。4WD車はリアワイパーが追加装備されるほか、「ECO-S」は運転席シートヒーターとヒーテッドドアミラーも装備される。アルトも軽量化や改良型CVTの採用でCVT車の燃費を向上し、「G」のCVT車と「X」は「平成27年度燃費基準+10%」を達成した。なお、アルト・アルトエコ共にボディカラーの一部変更が行われ、従来の「マルーンブラウンパール」から3代目ソリオ設定色である「アーバンブラウンパールメタリック」に差し替えとなった。スズキ・アルト フレッシュアイペディアより)

  • スズキ・アルト

    スズキ・アルトから見た国土交通省

    2000年12月5日にマイナーチェンジを受ける。フェイスリフトを行い、エンジンは全車、オールアルミ製のK6A型DOHCエンジンに統一されワークスを含むターボモデルは全て廃止。これにより、国土交通省の「優-低排出ガス車(☆☆)」認定を軽自動車で初めて取得(リーンバーンエンジン搭載車を除く)。「ワークス」、「アルトC」、「エポP2」が廃止され、オーソドックスな実用モデル(3ドア「エポ」、5ドア「エポ」、5ドア「エポエクストラ」、バン・3ドア「Vs」)のみの設定となる。また、上級仕様を装備しつつ、お買い得な価格に抑えた新グレード「21世紀記念スペシャルLx」を新設定。なお[ワークス」はこのモデル以後「Kei ワークス」としてその役割を引き継いでいる。スズキ・アルト フレッシュアイペディアより)

  • スズキ・アルト

    スズキ・アルトから見た自動車産業

    発表されるとその異例な低価格から市場に衝撃を与え、ほどなく大量のバックオーダーを抱える人気車種となった。「アルト」の成功を受け、他の軽自動車メーカーも追随して同様のコンセプトの軽商用車を発売し、「セカンドカー」需要を開拓した。当時、鈴木自動車工業社長に就任して間もなかった鈴木修が、社長就任後初めて陣頭指揮を執って製品化にあたった新型車であり、鈴木修自身にとっても自らの地位を確固たる物とした記念すべきモデルとなった。スズキ・アルト フレッシュアイペディアより)

  • スズキ・アルト

    スズキ・アルトから見た発光ダイオード

    2011年11月24日に、低燃費仕様の派生モデルアルトエコを追加。グレード体系は「ECO-L」と「ECO-S」の2グレードを設定する。エンジンを3代目MRワゴンで採用されたR06A型に置換し、9km/h以下でエンジンを自動停止する停車前アイドリングストップ機能を備えたアイドリングストップシステムを搭載。省電力化を図るため、リアコンビランプとハイマウントストップランプをLED化し、燃料ポンプを軽自動車では初となる省電力型に変更。エンジンの変更に伴ってエンジンルーム周りの骨格も一新し、燃料タンク容量を20Lに変更するなど、各種部品の軽量化を徹底したことで「G」のCVT車に比べて20kgの軽量化を達成するとともに、車高を15mm低くし、フロントバンパーの形状を変更して空力性能の向上を図り、足回り部品やタイヤを変更するこで走行抵抗を低減した。これらにより、JC08モードで30.2km/L(平成27年度燃費基準+20%達成)を実現した。アイドリングストップシステムにはスズキ車初となる新機構スターターモーターが搭載されており、停車前アイドリングストップ作動中でもブレーキを離したり、ハンドル操作をするだけで瞬時にエンジンを再始動し、スムーズな再加速ができる。また、坂道発進の際の後退を抑制するヒルホールドコントロールを追加装備している。2013年2月のマイナーチェンジでは5代目ワゴンRに初採用した「エネチャージ」と「エコクール」を導入するとともに、アイドリングストップシステムはエンジン自動停止のタイミングを13km/h以下に早め、更なる車体の軽量化(前期型に比べ20kg軽量化)等を行ったことで、JC08モード燃費を33.0km/Lに向上。従来からハイブリッドカーを除くガソリン車ではトップクラスの燃費性能を持っていたが、このマイナーチェンジにより、ハイブリッドカーに迫る燃費性能となった。スズキ・アルト フレッシュアイペディアより)

  • スズキ・アルト

    スズキ・アルトから見たエアバッグ

    1999年2月4日 - 「ワークスie」をベースに、運転席・助手席SRSエアバッグ、4輪ABSや快適装備を充実させた特別仕様車「ワークス リミテッド」を発売。スズキ・アルト フレッシュアイペディアより)

  • スズキ・アルト

    スズキ・アルトから見たコンパクトカー

    1991年11月、5ドアのBピラー以降の全高を1,600mmまで高め、荷室容積を拡大した「ハッスル」を追加。コンパクトカーが大きな荷箱を背負った、フランス車に多く見られるフルゴネットスタイルは欧州ではポピュラーな存在であるが、日本ではこのハッスルと日産・AD MAX、日産・エスカルゴ以外に市販車はなく、ショーモデルでもオートザム・レビューをベースとしたM2 1004がある程度である。積載性、個性、存在感の面では秀でているが、日本では現在でも主流ではない。ハッスルのボディーは全て3ドアで、バンの「Hu」、ワゴンの「St」と「Le」の各グレードがあり、定員(バン「Hu-2」のみ2名)、トランスミッション、駆動方式(FFと4WD)の違いで計10車種からなる。通常のアルトを改造して生産する特装車扱いとなる。スズキ・アルト フレッシュアイペディアより)

  • スズキ・アルト

    スズキ・アルトから見たアルミホイール

    1985年5月 - 「A」をベースに5速マニュアル、ディスクブレーキと12インチアルミホイール、タコメーター、ブロンズガラス、カラードバンパー、バケットシートを標準装備した特別限定車「キッズ」発売。スズキ・アルト フレッシュアイペディアより)

119件中 11 - 20件表示