119件中 21 - 30件表示
  • スズキ・アルト

    スズキ・アルトから見たブランド

    ゼネラル・モーターズは、後のサターンとして結実する未経験の小型車開発にあたり、世界各社の小型車を徹底的に分解し、研究していたが、その中の一つであったこのアルトの設計に驚愕し、スズキとの提携を決めたと言われている。スズキはOEM契約を結び、GMのロワエンドにあたるジオ(GEO)ブランド向け車種の生産を担当した。スズキ・アルト フレッシュアイペディアより)

  • スズキ・アルト

    スズキ・アルトから見たブレーキ

    1983年10月 - 4WD「スノーライナー」シリーズ発売。12インチホイール&同12インチタイヤを採用し、リアデフには手動式のフリーホイールハブが装備されている。ブレーキシステムはFF車同様、4輪ドラムブレーキを用いる。スズキ・アルト フレッシュアイペディアより)

  • スズキ・アルト

    スズキ・アルトから見たアンチロック・ブレーキ・システム

    1999年2月4日 - 「ワークスie」をベースに、運転席・助手席SRSエアバッグ、4輪ABSや快適装備を充実させた特別仕様車「ワークス リミテッド」を発売。スズキ・アルト フレッシュアイペディアより)

  • スズキ・アルト

    スズキ・アルトから見たグッドデザイン賞

    2010年1月19日 - 2009年度グッドデザイン賞受賞。スズキ・アルト フレッシュアイペディアより)

  • スズキ・アルト

    スズキ・アルトから見た軽ボンネットバン

    初代はフロンテの商用車版姉妹車として1979年に発売され、軽ボンネットバンブームの火付け役となって大ヒットし、以後、ワゴンRの登場まで、同社を代表する軽自動車であった。2012年現在においてもハッチバック型の主力車種として生産・販売されている。スズキ・アルト フレッシュアイペディアより)

  • スズキ・アルト

    スズキ・アルトから見たスズキ・フロンテ

    初代はフロンテの商用車版姉妹車として1979年に発売され、軽ボンネットバンブームの火付け役となって大ヒットし、以後、ワゴンRの登場まで、同社を代表する軽自動車であった。2012年現在においてもハッチバック型の主力車種として生産・販売されている。スズキ・アルト フレッシュアイペディアより)

  • スズキ・アルト

    スズキ・アルトから見たM2 (マツダ)

    1991年11月、5ドアのBピラー以降の全高を1,600mmまで高め、荷室容積を拡大した「ハッスル」を追加。コンパクトカーが大きな荷箱を背負った、フランス車に多く見られるフルゴネットスタイルは欧州ではポピュラーな存在であるが、日本ではこのハッスルと日産・AD MAX、日産・エスカルゴ以外に市販車はなく、ショーモデルでもオートザム・レビューをベースとしたM2 1004がある程度である。積載性、個性、存在感の面では秀でているが、日本では現在でも主流ではない。ハッスルのボディーは全て3ドアで、バンの「Hu」、ワゴンの「St」と「Le」の各グレードがあり、定員(バン「Hu-2」のみ2名)、トランスミッション、駆動方式(FFと4WD)の違いで計10車種からなる。通常のアルトを改造して生産する特装車扱いとなる。スズキ・アルト フレッシュアイペディアより)

  • スズキ・アルト

    スズキ・アルトから見た哈飛汽車

    韓国ではこのアルト5ドアモデルが、大宇国民車(現:GM大宇)により「ティコ(Tico)」または「フィノ(Fino)」のネーミングで1991年から2001年まで生産され(エンジンは3気筒796cc)。、ポーランドFSO工場やルーマニアオルトチット工場でも生産された。また、エジプトのスぺランザ社でもライセンス生産(1996年?2008年)された。また、中国では安徽安馳汽車により「安馳(Anchi)」(MC6330)のネーミングで1994年?2003年まで、および親会社の哈??哈飛汽車により「百利(Baili)」(HFJ6330E)のネーミングで1999年?2004年まで生産された(エンジンは4気筒870cc)。スズキ・アルト フレッシュアイペディアより)

  • スズキ・アルト

    スズキ・アルトから見たジヤトコ

    2009年12月16日、フルモデルチェンジし同日より販売開始。月間販売目標は7000台と発表されている。グレード体系は乗用グレードは「E」・「F」・「G」・「X」の4グレード、バンは先代同様「VP」のみを設定する。本代でもK6A型を引き続き搭載するが、6代目で一旦廃止となっていたVVTが再搭載され、インテークマニホールドの形状変更により給気効率を高めた。また、トランスミッションも5代目以来となるCVT車が再設定されたが、パレットで採用されたジヤトコ製の副変速機構付CVTを採用。AT車は全車4速に多段化されるとともに、ロックアップ領域の拡大を行った。ボディも空力特性に配慮した形状と板厚の見直し、高張力鋼板の使用拡大などにより軽量化を図ったことで、バン「VP」の2WD・5MT車を除く全車で平成27年度燃費基準を達成。バン「VP」は「平成17年基準排出ガス75%低減レベル(☆☆☆☆)」認定を同時に取得した。より丸みを帯び、ヘッドランプが紡錘形となったフロントフェイスは「F」以上のグレードと「E」・バン「VP」で異なる2種類のデザインを採用している。「F」以上のグレードに標準装備されるCDプレーヤーはインパネ中心部の造形に合わせた専用デザインとなった。また、シンプルな大型スピードメーターは白地ベースとなり、インフォメーションディスプレイは瞬間燃費・平均燃費・渡航可能距離の表示機能を追加した。フルモデルチェンジに合わせて復活した最上級グレードの「X」はアルトでは初となるキーレスプッシュスタートシステムやイモビライザーを装備した。スズキ・アルト フレッシュアイペディアより)

  • スズキ・アルト

    スズキ・アルトから見た大宇・ティコ

    韓国ではこのアルト5ドアモデルが、大宇国民車(現:GM大宇)により「ティコ(Tico)」または「フィノ(Fino)」のネーミングで1991年から2001年まで生産され(エンジンは3気筒796cc)。、ポーランドFSO工場やルーマニアオルトチット工場でも生産された。また、エジプトのスぺランザ社でもライセンス生産(1996年?2008年)された。また、中国では安徽安馳汽車により「安馳(Anchi)」(MC6330)のネーミングで1994年?2003年まで、および親会社の哈??哈飛汽車により「百利(Baili)」(HFJ6330E)のネーミングで1999年?2004年まで生産された(エンジンは4気筒870cc)。スズキ・アルト フレッシュアイペディアより)

119件中 21 - 30件表示