179件中 21 - 30件表示
  • スズキ・アルト

    スズキ・アルトから見たアルミホイール

    1985年5月 - 「A」をベースに5速マニュアル、ディスクブレーキと12インチアルミホイール、タコメーター、ブロンズガラス、カラードバンパー、バケットシートを標準装備した特別限定車「キッズ」発売。スズキ・アルト フレッシュアイペディアより)

  • スズキ・アルト

    スズキ・アルトから見た電動機

    その随所が、従前のデラックス化しつつあった軽乗用車とはまったく正反対な、機能に徹した簡潔な仕様であった。全体に装備は極めて簡素で、一体成形された単純な造形の樹脂製ダッシュボードやインパネ、見栄えはしないが廉価に必要な機能を満たせるゴム製フロアマット、ベニヤ板を背板に使った後部座席、廉価なグレー塗装のスチール製バンパー、電気モーターを全く使用しない手押しポンプ式ウィンドウウォッシャーなどが特徴である。ドア等の内張りを省略できる部分は鉄板塗装処理、ドア開閉用の鍵穴は運転席側のみで、なくとも済む助手席側鍵穴は省略している。また当初はモノ(単一)グレードで車種内の装備差別化をせず、標準装備はヒーターのみで、追加装備一切はオプションで補う設定とした。スズキ・アルト フレッシュアイペディアより)

  • スズキ・アルト

    スズキ・アルトから見たブランド

    ゼネラルモーターズは、後のサターンとして結実する未経験の小型車開発にあたり、世界各社の小型車を徹底的に分解し、研究していたが、その中の一つであったこのアルトの設計に驚愕し、スズキとの提携を決めたと言われている。スズキはOEM契約を結び、GMのロワエンドにあたるジオ(GEO)ブランド向け車種の生産を担当した。スズキ・アルト フレッシュアイペディアより)

  • スズキ・アルト

    スズキ・アルトから見たブレーキ

    1983年10月 - 四輪駆動「スノーライナー」シリーズ発売。12インチホイール&同12インチタイヤを採用し、前輪駆動時にリアデフが引きずり抵抗となることを防ぐ、手動式のリアフリーホイールハブが装備されている。ブレーキシステムは前輪駆動車同様、四輪ドラムブレーキを用いる。スズキ・アルト フレッシュアイペディアより)

  • スズキ・アルト

    スズキ・アルトから見たエコドライブ

    2013年2月20日 - 一部改良(3型、3月4日販売開始)。アルトエコはマイナーチェンジが行われ、5代目ワゴンRで採用した次世代環境技術「スズキグリーンテクノロジー」を導入。エクステリアはフロントグリルにシルバー塗装のフィンを採用してフロントフェイスの差別化を行い、バックドアを除くカラードドアハンドルとカラードドアミラー(「ECO-S」のみ)をシルバー塗装に変更。内装色やシートカラーにライトグレーを取り入れ、エアコン操作パネルに水色を採用。メーターが一新され、メーターリングや文字盤に水色を採用してタコメーターを追加した3眼メーターとなり、エコドライブアシスト照明とエコスコアを採用した。装備も充実し、電波式キーレスエントリーを「ECO-L」にも拡大適応され、「ECO-S」はリアシートヘッドレストを新たに標準装備するとともに、LEDサイドターンランプ付ドアミラー、キーレスプッシュスタートシステム、イモビライザーのセットオプションを追加した。「ECO-S エコブルーパッケージ」は廃止となったが、JC08モードで30.4km/Lを実現した四輪駆動車を新設。アルトも軽量化や改良型CVTの採用でCVT車の燃費を向上し、「G」のCVT車と「X」は「平成27年度燃費基準+10%」を達成した。なお、アルト・アルトエコ共にボディカラーの一部変更が行われ、従来の「マルーンブラウンパール」から2代目アルトラパンや3代目ソリオなどの設定色である「アーバンブラウンパールメタリック」に差し替えとなった。スズキ・アルト フレッシュアイペディアより)

  • スズキ・アルト

    スズキ・アルトから見た主婦

    当時の日本で、軽乗用車には15%を上回る高税率の物品税を課されていた。だが軽ボンネットバンを含む商用車は物品税が非課税で、税制面では格段に有利であった。スズキではこの税制のギャップを逆手にとって合法的に節税できる「実質前席2人乗り軽乗用車として機能する軽商用車(軽ボンネットバン)」という商品設定を企画、主に買い物や子供の送り迎えなどに自動車を使う主婦層の需要喚起を新たに狙った。スズキでは開発に先立つ市場リサーチで、当時“軽自動車の基本乗車人数は1 - 2名”というデータを得ており、前席の居住性が乗用車並みに確保できるバンの市場商品性に裏付けを持っていた。スズキ・アルト フレッシュアイペディアより)

  • スズキ・アルト

    スズキ・アルトから見たグッドデザイン賞

    2010年1月19日 - 2009年度グッドデザイン賞受賞。スズキ・アルト フレッシュアイペディアより)

  • スズキ・アルト

    スズキ・アルトから見た国土交通省

    2000年12月5日にマイナーチェンジを受ける。フェイスリフトを行い、エンジンは全車、オールアルミ製のK6A型DOHCエンジンに統一されワークスを含むターボモデルは廃止される。これにより、国土交通省の「優-低排出ガス車(☆☆)」認定を軽自動車で初めて取得(リーンバーンエンジン搭載車を除く)。「ワークス」、「アルトC」、「エポP2」が廃止され、オーソドックスな実用モデル(3ドア「エポ」、5ドア「エポ」、5ドア「エポエクストラ」、バン・3ドア「Vs」)のみの設定となる。また、上級仕様を装備しつつ、価格を抑えた新グレード「21世紀記念スペシャルLx」を新設定。なお「ワークス」の名称は生産終了から約2年のブランクを経てクロスオーバーモデルの「Kei ワークス」へ引き継がれ、2005年1月の生産終了まで約6年10ヶ月間にわたって生産・販売された。またこの型のバンは車重が特に軽量であることから改造ベースとしてよく用いられる。スズキ・アルト フレッシュアイペディアより)

  • スズキ・アルト

    スズキ・アルトから見た子供

    当時の日本で、軽乗用車には15%を上回る高税率の物品税を課されていた。だが軽ボンネットバンを含む商用車は物品税が非課税で、税制面では格段に有利であった。スズキではこの税制のギャップを逆手にとって合法的に節税できる「実質前席2人乗り軽乗用車として機能する軽商用車(軽ボンネットバン)」という商品設定を企画、主に買い物や子供の送り迎えなどに自動車を使う主婦層の需要喚起を新たに狙った。スズキでは開発に先立つ市場リサーチで、当時“軽自動車の基本乗車人数は1 - 2名”というデータを得ており、前席の居住性が乗用車並みに確保できるバンの市場商品性に裏付けを持っていた。スズキ・アルト フレッシュアイペディアより)

  • スズキ・アルト

    スズキ・アルトから見た軽ボンネットバン

    初代はフロンテの商用車版姉妹車として1979年に発売され、軽ボンネットバンブームの火付け役となって大ヒットし、以後、ワゴンRの登場まで、同社を代表する軽自動車であった。また、ダイハツ・ミラとは長年のライバルであり現在も競合が続いている。2016年現在においてもハッチバック型の主力車種として生産・販売されており、2016年12月12日に、国内累計販売台数(ラパンを除く)がスズキ車で初となる500万台を達成した。スズキ・アルト フレッシュアイペディアより)

179件中 21 - 30件表示

「アルト」のニューストピックワード