179件中 41 - 50件表示
  • スズキ・アルト

    スズキ・アルトから見たダイハツ・ミラ

    初代はフロンテの商用車版姉妹車として1979年に発売され、軽ボンネットバンブームの火付け役となって大ヒットし、以後、ワゴンRの登場まで、同社を代表する軽自動車であった。また、ダイハツ・ミラとは長年のライバルであり現在も競合が続いている。2016年現在においてもハッチバック型の主力車種として生産・販売されており、2016年12月12日に、国内累計販売台数(ラパンを除く)がスズキ車で初となる500万台を達成した。スズキ・アルト フレッシュアイペディアより)

  • スズキ・アルト

    スズキ・アルトから見た商用車

    1979年(昭和54年)5月、発売。軽乗用車フロンテの商用版姉妹車である。型式はH-SS30V。「軽ボンネットバン」と呼ばれる「節税型軽乗用車」ジャンルを創成し、その後の軽自動車市場に大きな影響を与えた。当時、鈴木自動車工業社長に就任して間もなかった鈴木修が、社長就任後初めて陣頭指揮を執って製品化にあたった新型車であり、鈴木修自身にとっても自らの地位を確固たる物とした記念すべきモデルとなった。スズキ・アルト フレッシュアイペディアより)

  • スズキ・アルト

    スズキ・アルトから見た大宇・ティコ

    CL11型は大宇国民車(現:韓国GM)が大宇・ティコとして大韓民国、ポーランド、ルーマニア、ウズベキスタンで生産した。中国ではティコが安徽安馳汽車によって「安馳 (Anchi)」(MC6330) のネーミングで1994年から2003年まで、および親会社の哈飛汽車によって「百利 (Baili)」(HFJ6330E) のネーミングで1999年から2004年まで生産された(エンジンは直列4気筒870cc)。また、エジプトのスペランザ社でもライセンス生産(1996年-2008年)された。スズキ・アルト フレッシュアイペディアより)

  • スズキ・アルト

    スズキ・アルトから見た日産・ピノ

    2007年1月22日 - 日産自動車へも「ピノ (PINO)」の名称でOEM供給開始。2010年1月29日まで販売された。スズキ・アルト フレッシュアイペディアより)

  • スズキ・アルト

    スズキ・アルトから見たセダン

    本稿での型式は各世代の中から例を記す。仕様により型式が異なるものもある。型式末尾「S」はセダン、「V」はバン。スズキ・アルト フレッシュアイペディアより)

  • スズキ・アルト

    スズキ・アルトから見たバンパー

    その随所が、従前のデラックス化しつつあった軽乗用車とはまったく正反対な、機能に徹した簡潔な仕様であった。全体に装備は極めて簡素で、一体成形された単純な造形の樹脂製ダッシュボードやインパネ、見栄えはしないが廉価に必要な機能を満たせるゴム製フロアマット、ベニヤ板を背板に使った後部座席、廉価なグレー塗装のスチール製バンパー、電気モーターを全く使用しない手押しポンプ式ウィンドウウォッシャーなどが特徴である。ドア等の内張りを省略できる部分は鉄板塗装処理、ドア開閉用の鍵穴は運転席側のみで、なくとも済む助手席側鍵穴は省略している。また当初はモノ(単一)グレードで車種内の装備差別化をせず、標準装備はヒーターのみで、追加装備一切はオプションで補う設定とした。スズキ・アルト フレッシュアイペディアより)

  • スズキ・アルト

    スズキ・アルトから見た四輪駆動

    1983年10月 - 四輪駆動「スノーライナー」シリーズ発売。12インチホイール&同12インチタイヤを採用し、前輪駆動時にリアデフが引きずり抵抗となることを防ぐ、手動式のリアフリーホイールハブが装備されている。ブレーキシステムは前輪駆動車同様、四輪ドラムブレーキを用いる。スズキ・アルト フレッシュアイペディアより)

  • スズキ・アルト

    スズキ・アルトから見たスズキ・F型エンジン

    1981年1月 - 3気筒SOHC4ストロークエンジン (F5A) 搭載車発売。型式は「H-SS40V」となった。スズキ・アルト フレッシュアイペディアより)

  • スズキ・アルト

    スズキ・アルトから見たタコメーター

    1984年9月、71V型にフルモデルチェンジ。全車4ストロークエンジン(F5A)を搭載。一部車種に回転ドライバーズシートを採用した。また、スポーティーグレードの「S」には12インチラジアルタイヤ(135SR12)&ハーフホイールカバー付12インチスチールホイール、およびアルトとしては初となるフロントディスクブレーキ、およびタコメーターがそれぞれ標準装備となる。スズキ・アルト フレッシュアイペディアより)

  • スズキ・アルト

    スズキ・アルトから見た

    その随所が、従前のデラックス化しつつあった軽乗用車とはまったく正反対な、機能に徹した簡潔な仕様であった。全体に装備は極めて簡素で、一体成形された単純な造形の樹脂製ダッシュボードやインパネ、見栄えはしないが廉価に必要な機能を満たせるゴム製フロアマット、ベニヤ板を背板に使った後部座席、廉価なグレー塗装のスチール製バンパー、電気モーターを全く使用しない手押しポンプ式ウィンドウウォッシャーなどが特徴である。ドア等の内張りを省略できる部分は鉄板塗装処理、ドア開閉用の鍵穴は運転席側のみで、なくとも済む助手席側鍵穴は省略している。また当初はモノ(単一)グレードで車種内の装備差別化をせず、標準装備はヒーターのみで、追加装備一切はオプションで補う設定とした。スズキ・アルト フレッシュアイペディアより)

179件中 41 - 50件表示

「アルト」のニューストピックワード