119件中 51 - 60件表示
  • スズキ・アルト

    スズキ・アルトから見たフルゴネット

    1991年11月、5ドアのBピラー以降の全高を1,600mmまで高め、荷室容積を拡大した「ハッスル」を追加。コンパクトカーが大きな荷箱を背負った、フランス車に多く見られるフルゴネットスタイルは欧州ではポピュラーな存在であるが、日本ではこのハッスルと日産・AD MAX、日産・エスカルゴ以外に市販車はなく、ショーモデルでもオートザム・レビューをベースとしたM2 1004がある程度である。積載性、個性、存在感の面では秀でているが、日本では現在でも主流ではない。ハッスルのボディーは全て3ドアで、バンの「Hu」、ワゴンの「St」と「Le」の各グレードがあり、定員(バン「Hu-2」のみ2名)、トランスミッション、駆動方式(FFと4WD)の違いで計10車種からなる。通常のアルトを改造して生産する特装車扱いとなる。スズキ・アルト フレッシュアイペディアより)

  • スズキ・アルト

    スズキ・アルトから見た日産・AD

    1991年11月、5ドアのBピラー以降の全高を1,600mmまで高め、荷室容積を拡大した「ハッスル」を追加。コンパクトカーが大きな荷箱を背負った、フランス車に多く見られるフルゴネットスタイルは欧州ではポピュラーな存在であるが、日本ではこのハッスルと日産・AD MAX、日産・エスカルゴ以外に市販車はなく、ショーモデルでもオートザム・レビューをベースとしたM2 1004がある程度である。積載性、個性、存在感の面では秀でているが、日本では現在でも主流ではない。ハッスルのボディーは全て3ドアで、バンの「Hu」、ワゴンの「St」と「Le」の各グレードがあり、定員(バン「Hu-2」のみ2名)、トランスミッション、駆動方式(FFと4WD)の違いで計10車種からなる。通常のアルトを改造して生産する特装車扱いとなる。スズキ・アルト フレッシュアイペディアより)

  • スズキ・アルト

    スズキ・アルトから見たマルチ・800

    マルチ・800 - 2代目ベースのインド市場向けの車種。スズキ・アルト フレッシュアイペディアより)

  • スズキ・アルト

    スズキ・アルトから見たスズキ・Kei

    2000年12月5日にマイナーチェンジを受ける。フェイスリフトを行い、エンジンは全車、オールアルミ製のK6A型DOHCエンジンに統一されワークスを含むターボモデルは全て廃止。これにより、国土交通省の「優-低排出ガス車(☆☆)」認定を軽自動車で初めて取得(リーンバーンエンジン搭載車を除く)。「ワークス」、「アルトC」、「エポP2」が廃止され、オーソドックスな実用モデル(3ドア「エポ」、5ドア「エポ」、5ドア「エポエクストラ」、バン・3ドア「Vs」)のみの設定となる。また、上級仕様を装備しつつ、お買い得な価格に抑えた新グレード「21世紀記念スペシャルLx」を新設定。なお[ワークス」はこのモデル以後「Kei ワークス」としてその役割を引き継いでいる。スズキ・アルト フレッシュアイペディアより)

  • スズキ・アルト

    スズキ・アルトから見た日産・エスカルゴ

    1991年11月、5ドアのBピラー以降の全高を1,600mmまで高め、荷室容積を拡大した「ハッスル」を追加。コンパクトカーが大きな荷箱を背負った、フランス車に多く見られるフルゴネットスタイルは欧州ではポピュラーな存在であるが、日本ではこのハッスルと日産・AD MAX、日産・エスカルゴ以外に市販車はなく、ショーモデルでもオートザム・レビューをベースとしたM2 1004がある程度である。積載性、個性、存在感の面では秀でているが、日本では現在でも主流ではない。ハッスルのボディーは全て3ドアで、バンの「Hu」、ワゴンの「St」と「Le」の各グレードがあり、定員(バン「Hu-2」のみ2名)、トランスミッション、駆動方式(FFと4WD)の違いで計10車種からなる。通常のアルトを改造して生産する特装車扱いとなる。スズキ・アルト フレッシュアイペディアより)

  • スズキ・アルト

    スズキ・アルトから見たセダン

    1989年4月、消費税施行に伴い、物品税が廃止されると、ボンネットバンのメリットが薄れたためアルトにも5ナンバー車を設定し、フロンテはアルトに統合される形で生産終了となった。これによって従来のモデルの大半が5ナンバーに切り替わったため、グレード名称の最後に「-S」が付加、さらに、5ドアバンを廃止する代わりに5ドアセダンを4車種設定するなど、セダン重視のラインナップとなる。スズキ・アルト フレッシュアイペディアより)

  • スズキ・アルト

    スズキ・アルトから見たスズキ・アルトラパン

    スズキ・アルトラパン - アルトの派生車種。スズキ・アルト フレッシュアイペディアより)

  • スズキ・アルト

    スズキ・アルトから見たダイハツ・ミラ

    1992年6月 - 「ワークスR」を追加。全日本ラリー選手権でダイハツ・ミラ X4Rに立ち向かうために開発されたラリー仕様車で4WDのみの設定である。変更点はMTのクロス化、フロントマフラーを変更、内装は軽量化のため簡略化されアンダーコートも最初から付いていない状態である。またラリーの規定のNに対応するためパワーウインドウの設定もなくエアコンはオプションになり、専用タービン、一段コアの多いインタークーラー、大型の羽のついたラジエターファン、ハイカムなどを特徴とする。リヤシートも軽量化のためバン用のものを装着、そのため「ワークスR」は商用車登録の4ナンバーである。車両重量はベースのRS/Rが700kgであるのに対し20kg減の680kgとなっている。後期最終型の「ワークスR」には大型のボンネットフードや鍛造ピストンが奢られている。ちなみに白のみの車体色の設定だが競技用モデルのためドアミラーは黒になり、スチールホイールとなる。また専用ステッカーも貼られる。「ワークスR」はその翌年から2年連続して全日本ラリー選手権Aクラス&全日本ダートトライアル選手権AIクラスのチャンピオンマシンとなっている。スズキ・アルト フレッシュアイペディアより)

  • スズキ・アルト

    スズキ・アルトから見たスズキ・キャリイ

    2005年1月12日、バンもフルモデルチェンジ。この代からバンも5ドアとなり、16年ぶりに5ドアバンが復活する。ボディカラーはスペリアホワイト(26U)1色のみの設定で前後バンパーには同社のキャリイ同様、塗装はがれの心配がない白色樹脂を使用している。なお、キーレスエントリー未装着車はキーシリンダーが先代同様3ヶ所(運転席ドア・助手席ドア・バックドア)設けられているが、キーレスエントリー装着車は運転席ドアのみとなった。また、この代よりバックドアにドアハンドルが設けられた。スズキ・アルト フレッシュアイペディアより)

  • スズキ・アルト

    スズキ・アルトから見たホットハッチ

    アルトワークス - ホットハッチスズキ・アルト フレッシュアイペディアより)

119件中 51 - 60件表示