119件中 61 - 70件表示
  • スズキ・アルト

    スズキ・アルトから見たウォークスルーバン

    1987年1月 - 「ウォークスルーバン」発売。スズキ・アルト フレッシュアイペディアより)

  • スズキ・アルト

    スズキ・アルトから見たコンセプト

    発表されるとその異例な低価格から市場に衝撃を与え、ほどなく大量のバックオーダーを抱える人気車種となった。「アルト」の成功を受け、他の軽自動車メーカーも追随して同様のコンセプトの軽商用車を発売し、「セカンドカー」需要を開拓した。当時、鈴木自動車工業社長に就任して間もなかった鈴木修が、社長就任後初めて陣頭指揮を執って製品化にあたった新型車であり、鈴木修自身にとっても自らの地位を確固たる物とした記念すべきモデルとなった。スズキ・アルト フレッシュアイペディアより)

  • スズキ・アルト

    スズキ・アルトから見たブレーキアシスト

    2007年6月 - 「X」のみ仕様変更。4輪ABS(EBD・ブレーキアシスト付)を標準装備化。スズキ・アルト フレッシュアイペディアより)

  • スズキ・アルト

    スズキ・アルトから見たタコメーター

    2013年2月20日 - 一部改良(3型、3月4日販売開始)。アルトエコはマイナーチェンジが行われ、5代目ワゴンRで採用した次世代環境技術「スズキグリーンテクノロジー」の導入により、JC08モード燃費で33.0km/Lを達成。エクステリアはフロントグリルにシルバー塗装のフィンを採用してフロントフェイスの差別化を行い、バックドアを除くカラードドアハンドルとカラードドアミラー(「ECO-S」のみ)をシルバー塗装に変更。内装色やシートカラーにライトグレーを取り入れ、エアコン操作パネルに水色を採用。メーターが一新され、メーターリングや文字盤に水色を採用してタコメーターを追加した3眼メーターとなり、エコドライブアシスト照明とエコスコアを採用した。装備も充実し、電波式キーレスエントリーを「ECO-L」にも拡大適応され、「ECO-S」はリアシートヘッドレストを新たに標準装備するとともに、LEDサイドターンランプ付ドアミラー、キーレスプッシュスタートシステム、イモビライザーのセットオプションを追加した。「ECO-S エコブルーパッケージ」は廃止となったが、JC08モードで30.4km/Lを実現した4WD車を新設。4WD車はリアワイパーが追加装備されるほか、「ECO-S」は運転席シートヒーターとヒーテッドドアミラーも装備される。アルトも軽量化や改良型CVTの採用でCVT車の燃費を向上し、「G」のCVT車と「X」は「平成27年度燃費基準+10%」を達成した。なお、アルト・アルトエコ共にボディカラーの一部変更が行われ、従来の「マルーンブラウンパール」から3代目ソリオ設定色である「アーバンブラウンパールメタリック」に差し替えとなった。スズキ・アルト フレッシュアイペディアより)

  • スズキ・アルト

    スズキ・アルトから見た物品税

    この当時の日本で、軽乗用車は15%を上回る高税率の物品税を課されていたが、軽ボンネットバンを含む商用車は物品税非課税で、税制上格段に有利であった。スズキではそれを逆手にとって合法的に節税できる「実質前席2人乗り軽乗用車として機能する軽商用車(軽ボンネットバン)」という商品設定を図り、主に買い物や子どもの送り迎えなどに自動車を使う主婦層の需要喚起を新たに狙った。スズキでは開発に先立つ市場リサーチで当時“軽自動車の基本乗車人数は1?2人”というデータを得ており、前席の居住性が乗用車並みに確保できるバンの市場商品性に裏付けを持っていた。スズキ・アルト フレッシュアイペディアより)

  • スズキ・アルト

    スズキ・アルトから見た市場

    この当時の日本で、軽乗用車は15%を上回る高税率の物品税を課されていたが、軽ボンネットバンを含む商用車は物品税非課税で、税制上格段に有利であった。スズキではそれを逆手にとって合法的に節税できる「実質前席2人乗り軽乗用車として機能する軽商用車(軽ボンネットバン)」という商品設定を図り、主に買い物や子どもの送り迎えなどに自動車を使う主婦層の需要喚起を新たに狙った。スズキでは開発に先立つ市場リサーチで当時“軽自動車の基本乗車人数は1?2人”というデータを得ており、前席の居住性が乗用車並みに確保できるバンの市場商品性に裏付けを持っていた。スズキ・アルト フレッシュアイペディアより)

  • スズキ・アルト

    スズキ・アルトから見たインテークマニホールド

    2009年12月16日、フルモデルチェンジし同日より販売開始。月間販売目標は7000台と発表されている。グレード体系は乗用グレードは「E」・「F」・「G」・「X」の4グレード、バンは先代同様「VP」のみを設定する。本代でもK6A型を引き続き搭載するが、6代目で一旦廃止となっていたVVTが再搭載され、インテークマニホールドの形状変更により給気効率を高めた。また、トランスミッションも5代目以来となるCVT車が再設定されたが、パレットで採用されたジヤトコ製の副変速機構付CVTを採用。AT車は全車4速に多段化されるとともに、ロックアップ領域の拡大を行った。ボディも空力特性に配慮した形状と板厚の見直し、高張力鋼板の使用拡大などにより軽量化を図ったことで、バン「VP」の2WD・5MT車を除く全車で平成27年度燃費基準を達成。バン「VP」は「平成17年基準排出ガス75%低減レベル(☆☆☆☆)」認定を同時に取得した。より丸みを帯び、ヘッドランプが紡錘形となったフロントフェイスは「F」以上のグレードと「E」・バン「VP」で異なる2種類のデザインを採用している。「F」以上のグレードに標準装備されるCDプレーヤーはインパネ中心部の造形に合わせた専用デザインとなった。また、シンプルな大型スピードメーターは白地ベースとなり、インフォメーションディスプレイは瞬間燃費・平均燃費・渡航可能距離の表示機能を追加した。フルモデルチェンジに合わせて復活した最上級グレードの「X」はアルトでは初となるキーレスプッシュスタートシステムやイモビライザーを装備した。スズキ・アルト フレッシュアイペディアより)

  • スズキ・アルト

    スズキ・アルトから見た馬力

    1987年2月 - 「アルトワークス」シリーズ発売。この世代では単に「ワークス」とも呼ばれた。3気筒4バルブDOHCインタークーラーターボエンジンを搭載し、軽自動車に64馬力の出力規制が設けられる発端となった。グレードは、FFの「RS-S(廉価版)」・「RS-X」、ビスカスカップリング式フルタイム4WDの「RS-R」。「RS-X」と「RS-R」には各種エアロパーツが標準装備されていた上に、ピンクを基調とした派手な内装も話題になった。グレードによってはヒーター調整部をラジオかカセットオーディオに変更し、軽自動車としては異例なメーター付近にサテライトスイッチを配する仕様も存在した。スズキ・アルト フレッシュアイペディアより)

  • スズキ・アルト

    スズキ・アルトから見た宣伝

    これらの取り組みの結果、当初計画の45万円は達成できなかったが、本体価格「47万円」という、1979年当時の新車の軽自動車としては驚異的な低価格が実現された。この価格は、それまでの慣例を破って戦略的に、自動車業界初の全国統一車両本体価格(ワンプライス)とされた点でも画期的であった。日本全国の顧客に平等な価格を提示できると共に、全国の宣伝媒体で等しく「アルト47万円」と銘打った効果的宣伝が可能となったのである。スズキ・アルト フレッシュアイペディアより)

  • スズキ・アルト

    スズキ・アルトから見た自動車排出ガス規制

    基本構成は、前輪駆動方式を採用した2ボックススタイルであり、車内容積はそれなりに広く、当時としてはそこそこ近代的な外観であった反面、機構的には従来モデルの旧型エンジン(T5A)から基本設計を流用した2ストロークエンジン(T5B)、リアサスペンションには廉価で軽量・コンパクトだが旧式な固定車軸のリーフ式サスペンションを採用するなど、簡素な低コスト構造に徹していた。排気ガス規制が緩い商用車であるため、コストやトルクの面で有利な2ストロークエンジンの採用が容易であった。後部座席は商用車としての規制(荷台スペースを後部座席のスペースと同等以上にする必要がある)から折り畳み式のごく小型なものであったが、実質2人乗りと割り切られていたため重大な問題ではなかった。スズキ・アルト フレッシュアイペディアより)

119件中 61 - 70件表示