アルナスライン ニュース&Wiki etc.

アルナスライン(Al Nasrain)は、日本の元競走馬である。主な勝ち鞍は2009年の日経賞。名前の由来は古代アラビア語で「2羽の鷲」からきている。 (出典:Wikipedia)

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「アルナスライン」のつながり調べ

  • ベッラレイア

    ベッラレイアから見たアルナスライン

    2007年1月21日、京都競馬場の新馬戦で、秋山真一郎を鞍上に上がり3F33.8秒の末脚で快勝。その後、桜花賞を見据えクイーンカップに出走登録を行うも、抽選となり、除外となってしまった。さらに翌週のアーリントンカップでも除外となり、代わりに出走したすみれステークスではアルナスラインの3着に終わり賞金を加算できなかった。桜花賞出走を諦めきれない陣営は、桜花賞への最終ステップ競走であるフラワーカップに出走登録を行うも、3度目の除外となってしまう。代わりに出走した中京競馬場のあざみ賞(500万下特別)を道中最後方から豪快に差し切り快勝する。(ベッラレイア フレッシュアイペディアより)

  • マイネルキッツ

    マイネルキッツから見たアルナスライン

    2009年3月28日の日経賞(中山競馬場)では、アルナスラインの2着に入った。2009年5月3日、松岡正海騎手の進言により出走した第139回天皇賞では18頭中単勝12番人気という低評価であったが、レースは1番人気アサクサキングス、2番人気スクリーンヒーローのGI馬が失速して馬群に沈むなか、最後の直線入口で先頭に立つと、追いすがるアルナスラインをクビ差抑えて初の重賞勝利をGI競走初出走初勝利という結果で飾った。なお、重賞未勝利馬が同レースを制すのは1980年のニチドウタロー以来29年ぶり。この日のために国枝調教師は、マイネルキッツの遠征による負担を軽減させるため、4月中旬から京都競馬場に近い栗東トレーニングセンターに滞在させていた。その後、宝塚記念に出走したが、ドリームジャーニーの7着に敗れた。(マイネルキッツ フレッシュアイペディアより)

「アルナスライン」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ