前へ 1 次へ
9件中 1 - 9件表示
  • 第68回菊花賞

    第68回菊花賞から見たアルナスラインアルナスライン

    その他の路線からは、第47回京成杯を制したサンツェッペリンは第53回オールカマーで9着後に、第42回京都大賞典で3着となったアルナスラインらが出走した。第68回菊花賞 フレッシュアイペディアより)

  • 第135回天皇賞

    第135回天皇賞から見たアルナスラインアルナスライン

    前半1000mの60.3秒は前年の天皇賞(春)と同じラップで速い。ディープインパクトとメイショウサムソンが最後の坂上を駆け上がった地点からスパートを仕掛けたところまで同じ。但し前年と違う点は、ディープインパクト自身が単独でスパートを仕掛けたのに対して、メイショウサムソンの場合は自身スパートを仕掛けたと同時にほとんどの馬がスパートをせざるを得なかった点である。このため先頭集団が早めのスパートについて来られず潰れて、直線で末脚勝負する後方待機組は仕掛けを早められて前を捉えることはできなかった。出走した上位9着が3分14秒以内でゴールインしたあと、殆どの馬がコーナーを曲がりきれずに疲れ果ててしまった。過去3分14秒以内で入線した馬は2007年までディープインパクト、リンカーン、マヤノトップガン、サクラローレル、マーベラスサンデーの5頭のみ(後に行われた第139回天皇賞ではマイネルキッツ、アルナスライン、ドリームジャーニーほか2頭も3分14秒台をマークしている。)で、3分13秒台で駆け抜けたディープインパクト以外はのちに故障に苦しめられて早期引退に追い込まれている(2着のエリモエクスパイアもこのレース以後、故障で1年以上の休養を余儀なくされた)。このことから前年の天皇賞(春)以上にハードなレースであった。第135回天皇賞 フレッシュアイペディアより)

  • アサクサキングス

    アサクサキングスから見たアルナスラインアルナスライン

    秋に入り菊花賞へと駒を進めた同馬はダービー・神戸新聞杯の内容を買われ4番人気と支持を集め出走。先頭集団の様子を伺う形で5番手あたりにつけると、直線に向いてからは粘るホクトスルタンを交わし、後ろから追い込んでくるアルナスラインとの競り合いを制し、GIタイトルを獲得。この勝利のほか日本ダービー2着という実績、また同年のNHKマイルカップと日本ダービーは牝馬が優勝したことから、JRA賞最優秀3歳牡馬に選出されている。アサクサキングス フレッシュアイペディアより)

  • エルグランセニョール

    エルグランセニョールから見たアルナスラインアルナスライン

    種牡馬としては結果を残せなかったエルグランセニョールだったが、ブルードメアサイアーとしては逆に多くの名馬を輩出した。特に産駒のToussaudの繁殖成績が優秀(詳細は同馬の項)であった。他にもグランドスラムを出したBright Candlesや日本でも阪神牝馬特別で2着に入線したアドマイヤサンデー(産駒にフサイチホウオー・トールポピー・アヴェンチュラ)、日経賞の優勝馬アルナスラインなどを輩出し、母系に入ってその血を後世に伝えている。エルグランセニョール フレッシュアイペディアより)

  • アドマイヤベガ

    アドマイヤベガから見たアルナスラインアルナスライン

    アルナスライン(日経賞、菊花賞2着、天皇賞(春)2着)アドマイヤベガ フレッシュアイペディアより)

  • ベッラレイア

    ベッラレイアから見たアルナスラインアルナスライン

    2007年1月21日、京都競馬場の新馬戦で、秋山真一郎を鞍上に上がり3ハロン33秒8の末脚で快勝。その後、桜花賞を見据えクイーンカップに出走登録を行うも、抽選となり、除外となった。さらに翌週のアーリントンカップでも除外となり、代わりに出走したすみれステークスではアルナスラインの3着に終わり賞金を加算できなかった。桜花賞出走を諦めきれない陣営は、桜花賞への最終ステップ競走であるフラワーカップに出走登録を行うも、3度目の除外となってしまう。代わりに出走した中京競馬場のあざみ賞(500万下特別)を道中最後方から豪快に差し切り快勝する。ベッラレイア フレッシュアイペディアより)

  • マイネルキッツ

    マイネルキッツから見たアルナスラインアルナスライン

    2009年3月28日の日経賞(中山競馬場)では、アルナスラインの2着に入った。2009年5月3日、松岡正海騎手の進言により出走した第139回天皇賞では18頭中単勝12番人気という低評価であったが、レースは1番人気アサクサキングス、2番人気スクリーンヒーローのGI馬が失速して馬群に沈むなか、最後の直線入口で先頭に立つと、追いすがるアルナスラインをクビ差抑えて初の重賞勝利をGI競走初出走初勝利という結果で飾った。なお、重賞未勝利馬が同レースを制すのは1980年のニチドウタロー以来29年ぶり。この日のために国枝調教師は、マイネルキッツの遠征による負担を軽減させるため、4月中旬から京都競馬場に近い栗東トレーニングセンターに滞在させていた。その後、宝塚記念に出走したが、ドリームジャーニーの7着に敗れた。マイネルキッツ フレッシュアイペディアより)

  • 2010年の日本競馬

    2010年の日本競馬から見たアルナスラインアルナスライン

    7月8日 - アルナスライン(2009年日経賞)2010年の日本競馬 フレッシュアイペディアより)

  • 松岡正海

    松岡正海から見たアルナスラインアルナスライン

    翌2009年5月3日の天皇賞・春では、前走の日経賞でアルナスラインの2着にもってきたマイネルキッツに引き続き騎乗し、12番人気という低評価を覆し、前走敗れたアルナスラインに競り勝った。松岡正海 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 次へ
9件中 1 - 9件表示