33件中 21 - 30件表示
  • アルナスライン

    アルナスラインから見た

    アルナスライン () とは、日本の元競走馬である。おもな勝ち鞍は2009年の日経賞。名前の由来は古代アラビア語で「2羽の」からきている。アルナスライン フレッシュアイペディアより)

  • アルナスライン

    アルナスラインから見た日本

    アルナスライン () とは、日本の元競走馬である。おもな勝ち鞍は2009年の日経賞。名前の由来は古代アラビア語で「2羽の鷲」からきている。アルナスライン フレッシュアイペディアより)

  • アルナスライン

    アルナスラインから見た目黒記念

    2008年の春には復帰してメトロポリタンステークスを6馬身差で圧勝。続く目黒記念はホクトスルタンの2着に入り、その後宝塚記念に出走。3番人気に支持されたが10着に敗れた。秋は京都大賞典から始動。重賞未勝利馬ながら1番人気に推されたが、5着に敗れた。続くアルゼンチン共和国杯でも1番人気に支持されたがトップハンデの58kgの影響もあってか直線伸びきれず3着に敗れた。その後、ジャパンカップへ出走を予定していたが、重賞勝利馬か、過去1年のGIで3着以内に入っていなければ出走できないため直前になって回避した。次走の有馬記念はオリビエ・ペリエとのコンビで出走したが、6着に敗れた。アルナスライン フレッシュアイペディアより)

  • アルナスライン

    アルナスラインから見た苫小牧市

    2010年の緒戦は5月30日の目黒記念。道中3番手追走も直線で伸び切れず5着に敗れた。その後、7月8日付でJRA競走馬登録を抹消され、現役を引退した。引退後は乗馬となり、北海道苫小牧市のノーザンホースパークを経て、2012年4月に慶應義塾体育会馬術部に移り練習馬「慶凛」となった。その後、羽曳野市の乗馬クラブ「クレイン大阪」に移っている。アルナスライン フレッシュアイペディアより)

  • アルナスライン

    アルナスラインから見たアメリカジョッキークラブカップ

    2009年はアメリカジョッキークラブカップから始動。鞍上に武豊を迎え、3番人気に支持されるが、6着と敗れた。その後、3月28日の日経賞では蛯名正義とのコンビで出走。好位から抜け出して快勝し、念願の重賞初制覇を果たした。アルナスライン フレッシュアイペディアより)

  • アルナスライン

    アルナスラインから見た有馬記念

    2008年の春には復帰してメトロポリタンステークスを6馬身差で圧勝。続く目黒記念はホクトスルタンの2着に入り、その後宝塚記念に出走。3番人気に支持されたが10着に敗れた。秋は京都大賞典から始動。重賞未勝利馬ながら1番人気に推されたが、5着に敗れた。続くアルゼンチン共和国杯でも1番人気に支持されたがトップハンデの58kgの影響もあってか直線伸びきれず3着に敗れた。その後、ジャパンカップへ出走を予定していたが、重賞勝利馬か、過去1年のGIで3着以内に入っていなければ出走できないため直前になって回避した。次走の有馬記念はオリビエ・ペリエとのコンビで出走したが、6着に敗れた。アルナスライン フレッシュアイペディアより)

  • アルナスライン

    アルナスラインから見た京都競馬場

    2006年6月25日に京都競馬場でデビューし、新馬戦は11着に敗れる。その後、未勝利戦を勝ち、4戦目で500万下特別を勝ち上がり。アルナスライン フレッシュアイペディアより)

  • アルナスライン

    アルナスラインから見た乗馬

    2010年の緒戦は5月30日の目黒記念。道中3番手追走も直線で伸び切れず5着に敗れた。その後、7月8日付でJRA競走馬登録を抹消され、現役を引退した。引退後は乗馬となり、北海道苫小牧市のノーザンホースパークを経て、2012年4月に慶應義塾体育会馬術部に移り練習馬「慶凛」となった。その後、羽曳野市の乗馬クラブ「クレイン大阪」に移っている。アルナスライン フレッシュアイペディアより)

  • アルナスライン

    アルナスラインから見たダイヤモンドステークス

    さらに本番の天皇賞・春に出走。日経賞の勝ち馬ながら重賞2連勝中のアサクサキングス、前年のジャパンカップ覇者スクリーンヒーロー、ダイヤモンドステークスを完勝したモンテクリスエスに次ぐ4番人気にとどまる。レースは中団7?8番手に控え、直線に入るとよく伸びたものの、先に内から抜け出したマイネルキッツを捉えきれずに2着に敗れた。しかし、前述の3頭にはいずれも先着した。続く6月28日の宝塚記念では中団からレースを進めたが、最後の直線で伸び切れず6着に終わった。アルナスライン フレッシュアイペディアより)

  • アルナスライン

    アルナスラインから見たスクリーンヒーロー

    さらに本番の天皇賞・春に出走。日経賞の勝ち馬ながら重賞2連勝中のアサクサキングス、前年のジャパンカップ覇者スクリーンヒーロー、ダイヤモンドステークスを完勝したモンテクリスエスに次ぐ4番人気にとどまる。レースは中団7?8番手に控え、直線に入るとよく伸びたものの、先に内から抜け出したマイネルキッツを捉えきれずに2着に敗れた。しかし、前述の3頭にはいずれも先着した。続く6月28日の宝塚記念では中団からレースを進めたが、最後の直線で伸び切れず6着に終わった。アルナスライン フレッシュアイペディアより)

33件中 21 - 30件表示

「アルナスライン」のニューストピックワード