前へ 1 2 3 4 5 6 7
63件中 1 - 10件表示
  • アジアンビューティー (お笑い芸人)

    アジアンビューティー (お笑い芸人)から見たアルパカアルパカ

    2008年9月頃より放送された、成海璃子出演のクラレのCMにおいて「ミラバケッソ」と話す白いアルパカの声の役で出演。物真似を芸風としているだけあり、多くの者が勘違いしたほど林原めぐみと声がよく似ている。林原も自身の番組で再三に亘って「アルパカの声を担当しているのは自分ではない」とコメントしている。アジアンビューティー (お笑い芸人) フレッシュアイペディアより)

  • ビクーニャ

    ビクーニャから見たアルパカアルパカ

    最も支持を集める説では、アルパカは本種が家畜化されたものと見なされている。しかし、アルパカを本種の家畜化されたものと見なさず、本種のみをもってビクーニャ属が形成されているとする説など(系統分類を参照)によれば、本種は人に懐かない(本種から家畜化された種は存在しない)。ビクーニャ フレッシュアイペディアより)

  • ペルー

    ペルーから見たアルパカアルパカ

    シエラはコスタの終わるアンデス山脈の西斜面の標高500m以上の地域から、東斜面の標高1,500m程までの地域を指し、その標高によってシエラ内でも幾つもの地域に細分化されている。標高2,000m以下の暑い地域をユンガといい、この地域ではコーヒー、果物などの亜熱帯作物が育つ。標高2,500mから3,500mまでの温暖な地域をケチュア(キチュア)といい、タワンティンスーユの中心だったクスコもこの範囲内にあった。この地域ではジャガイモが育つ。標高3,500mから4,100mの冷たく涼しい地域をスニといい、リャマやアルパカの放牧に適している。4,100m以上の人間の居住には適さないぐらい寒冷な地域をプーナと呼ぶ。ペルー フレッシュアイペディアより)

  • インカ帝国

    インカ帝国から見たアルパカアルパカ

    最初のインカの統治者(サパ・インカ)はマンコ・カパックであった。彼と続く7人のサパ・インカの在位期間は明確でないが、1250年から1438年頃と想定されている。インカは中央高原地帯のクスコで起こり、海岸部に広がっていった。インカによる征服の基盤は、彼らの組織であると信じられている。彼らの神の象徴は太陽神であり、官僚制度は11あった王のアイリュに所属する官僚による団体から成り立っており、家系は正皇后であるコヤとなった自らの姉妹との近親婚によって継続した。インカ帝国の拡張は、おそらくその気候条件の結果である。彼らの高地における資産は、リャマ、アルパカ、ビクーニャに限定されていた。インカ帝国 フレッシュアイペディアより)

  • ジュエルペット てぃんくる☆

    ジュエルペット てぃんくる☆から見たアルパカアルパカ

    エンジェライトの瞳をもつアルパカのジュエルペット。ジュエルパワーは「癒し」で、文末に「〜アルパカ」をつけて話す。ジュエルペット てぃんくる☆ フレッシュアイペディアより)

  • 農業

    農業から見たアルパカアルパカ

    アメリカ大陸では紀元前5200年ごろ、トウモロコシ、キャッサバ、クズウコンが農作物として栽培されるようになった。アメリカ大陸発祥の農作物としては他にジャガイモ、トマト、トウガラシ属、いくつかの豆類、タバコなどがある。南アメリカではアンデス山脈沿いの険しい斜面に段々畑が発達した。メソアメリカでは6000年以上前に野生のテオシントに人間が手を加えて現代のトウモロコシの原種を作った。それが徐々に北アメリカに広まっていき、ヨーロッパの人々が新大陸に到達したころにはアメリカ先住民の主食になっていた。メソアメリカ原産の作物としては他に数百種類のカボチャ類や豆類がある。カカオを作物としたのもメソアメリカである。食用に供される鳥であるシチメンチョウ属もメキシコからアメリカ南西部で家畜化された。南アメリカのアンデス山脈地域が発祥の重要な作物としてジャガイモがあり、5000年前ごろのこととされている。南アメリカでは様々な豆類も作物とされたが、リャマ、アルパカ、モルモットといった動物も家畜化された。アンデス地域発祥の作物としてはコカもあり、今も主要作物として栽培されている。農業 フレッシュアイペディアより)

  • アンデス文明

    アンデス文明から見たアルパカアルパカ

    ラクダ科動物のリャマが荷運び用の駄獣として、アルパカが毛を利用するために、また食用としてテンジクネズミ(クイ)が飼育されていた。しかしながら、旧大陸のそれとは異なり、ラクダ科動物の乳の利用(ラクダ科動物は乳が少ないため)はなかった。アンデス文明 フレッシュアイペディアより)

  • 五月山

    五月山から見たアルパカアルパカ

    五月山動物園 - ウォンバット、アルパカが居ることで知られる。五月山 フレッシュアイペディアより)

  • チョリータ

    チョリータから見たアルパカアルパカ

    寒冷な地域では、羊毛やアルパカの毛などで作ったショールを肩にかける人が多い。チョリータ フレッシュアイペディアより)

  • ワスカラン国立公園

    ワスカラン国立公園から見たアルパカアルパカ

    一方で、指定前から遊牧民が既に住んでおり、彼らはアルパカやヒツジなどの様々な家畜も放牧し、現在も続いている。しかし、家畜は公園内の草を食い荒らす為、公園レンジャーが見回って、住民の生活に影響を及ぼさない程度に規制を調整している。遊牧民は乾季の5月?10月まで公園内で生活することを許され、煮炊きには薪を使えず乾燥した牛の糞で対応している。また、地元の住民には古くから薬草を使用してきたことから、禁止されていても採取するので、薬草の絶滅が危惧されている。公園内に薬草実験栽培所を設け、採取から栽培への切り替えも試み、貴重な資源を守ろうとしている。ワスカラン国立公園 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7
63件中 1 - 10件表示

「アルパカ」のニューストピックワード