105件中 21 - 30件表示
  • ラクダ科

    ラクダ科から見たアルパカアルパカ

    その後ラクダ科の生物は北アメリカ大陸で分化を続けた。2〜300万年前ごろにはラクダ科の生物が初めてアジアに現れ、パナマ地峡の形成とともに南アメリカ大陸にも移動した。北アメリカ大陸のラクダの仲間は、氷河期の終結する時期に最初のヒトが移住したのと同時に姿を消した。絶滅の理由は狩り尽くされたためとも環境の変化に適応できなかったためとも考えられる。ユーラシアではラクダ属の生物が分化を続け、南アメリカでは互いに近縁の4種、ラマ、アルパカ、グアナコ、ビクーニャが生き残った。ラクダ科 フレッシュアイペディアより)

  • 動物命名法国際審議会

    動物命名法国際審議会から見たアルパカアルパカ

    Vicugna vicugna :ビクーニャ(アルパカの祖先種)動物命名法国際審議会 フレッシュアイペディアより)

  • アルパカッソ

    アルパカッソから見たアルパカアルパカ

    アルパカッソは、株式会社アミューズオリジナルの、アルパカをモチーフにしたキャラクターである。アルパカッソ フレッシュアイペディアより)

  • ヘンリー・ブラッドリー

    ヘンリー・ブラッドリーから見たアルパカアルパカ

    ブラッドリーがジェームズ・マレーの注意を引くようになったのは、1884年2月に『Academy』誌上で、OEDの第1巻『A?Ant』の書評をしたのがきっかけだった。ブラッドリーの書評は、この辞書の明瞭なフォーマットとすっきりしたデザインを賞賛し、引用句の効率的な使い方を賞賛しつつも、マレーによる語源の記述には文句をつけ、それによって物議を醸した。当時のブラッドリーは無名のフリーランスの書き手に過ぎず、公的な学術的資格はもっていなかったが、この論評には、いくつもの言語についての深い知識を示すものであり、マレーの同僚たちが提起することができなかった批判の論点が盛り込まれていた。例えば、ギリシャ語の接尾辞が「父称としてのみ用いられる」わけでないのだから「Anemone」(アネモネ)は「風の娘」という意味にはならない、とか、「alpaca」(アルパカ)はマレーが記したアラビア語起源ではなく、スペイン語起源の可能性が高いことの指摘などである。ヘンリー・ブラッドリー フレッシュアイペディアより)

  • ヨコフリオウギビタキ

    ヨコフリオウギビタキから見たアルパカアルパカ

    巣は、草の茎、樹皮の細片、および他の繊維性の素材からなり、クモの網と一緒に結んで編まれている。ペットのイヌやネコの毛も使われることがある。また、ペットのヤギから毛を取ろうとするのが観察されている。ニューサウスウェールズ州マッジー地区のアルパカの飼育者は、ヨコフリオウギビタキの巣にアルパカの被毛を観察している(剪毛時に拾得したものでない被毛の小片による)。雌は2-4個の小さな乳白色に褐色がかった模様のある16×21mmの卵を産み、14日間抱卵する。すべてのスズメ目の鳥と同様、雛は晩成性で留巣性である。雛たちは裸で生まれ目は閉じて無力であり、その巣にとどまる。両方の親鳥が雛の給餌を行ない、給餌を続けている間にもう一方が抱卵に従事することもある。雛は羽毛が生え揃う前のおよそ14日間巣にとどまる。巣立つと、幼鳥は思い切ってより遠くに行く前の1、2日はすぐ近くにじっと隠れており、3日目までは20m以内にいる。親鳥は、2週目の末近くになると、幼鳥が次第に自身で餌を探すよう、巣立った幼鳥への給餌をやめるようになり、そして間もなく幼鳥を縄張りの外へと追いやる。ヨコフリオウギビタキ フレッシュアイペディアより)

  • セキトール

    セキトールから見たアルパカアルパカ

    気候は極めて乾燥しているが、住民は主に農業と牧畜を営んでいる。主な農業生産物は、リャマやアルパカ、馬、ロバ、羊、山羊などに与えるためのアルファルファやトウモロコシである。また、米に似たキノアと呼ばれる穀物も栽培される。セキトール フレッシュアイペディアより)

  • ベルセルク・ラマ症候群

    ベルセルク・ラマ症候群から見たアルパカアルパカ

    ベルセルク・ラマ症候群(ベルセルク・メール症候群とも)とは、人間によって飼いならされたラマやアルパカにおける、一種の心理的状態で、いずれも人間に対する攻撃行動を引き起こす可能性が高いものである。この用語は、かなり使い古されているが、しかしながら、実際に「凶暴(ベルセルク)」ではない性格を持つラマなどには、不適切に使われる場合もある。ベルセルク・ラマ症候群 フレッシュアイペディアより)

  • スアシ島

    スアシ島から見たアルパカアルパカ

    島内には多様な植物が群生しており、チチカカ湖でもっとも美しい島と言われている。アルパカ、ビクーニャが飼育・放牧されている他、ウサギや小型の齧歯類、ハチドリ等、多くの動物が生息している。また島内には一般的な住居が存在しない為、地上の輝度が低く天体観測に適している。スアシ島 フレッシュアイペディアより)

  • にごどる!

    にごどる!から見たアルパカアルパカ

    マスコット:ゆきちゃん(オコジョ)、アルベルト・パッカーノ3世、愛称はアルさん(アルパカにごどる! フレッシュアイペディアより)

  • Agnona

    Agnonaから見たアルパカアルパカ

    アニオナでは約5,000種類もの毛織物を生産している。アニオナで生産している毛織物には、カシミア、モヘア、キャメル、アルパカ、ビクーニャなどがある。1997年時点でアニオナの生地を使用しているブランドにはラルフ・ローレン、カルバン・クライン、シャネル、イブ・サン=ローラン、ヴェルサーチ、ジル・サンダー、エスカーダ、ヒューゴ・ボス、ディオール、エルメス、ヴァレンティノ、ジャンフランコ・フェレ、ジョイス、三陽商会、マーク・ジェイコブスなどがある。アニオナは国際アルパカ協会の一員で、ビクーニャやアルパカウールの販売、マーケティングの独占権を持っている。Agnona フレッシュアイペディアより)

105件中 21 - 30件表示

「アルパカ」のニューストピックワード