63件中 31 - 40件表示
  • ボリビアの国章

    ボリビアの国章から見たアルパカアルパカ

    中央のシールドの枠の下部にある10の星は、現在の9つの県と、かつてボリビア領土だったが1879年にチリに占領されたリトラル(沿岸部)を象徴している。シールドの枠の頂上部にはボリビアの国名が書かれている。枠の内側にはポトシ銀山(鉱山の入り口があるのが認められる)が描写され、その上部には日が昇り、アルパカが木と小麦の隣に立っている。アルパカが山とのコントラストをなす平野に立っているが、山と平野のコントラストはボリビアの地理を表示している。アルパカは国獣であり、その隣にある木(林業)と小麦(農業)は国家の資源を象徴している。ボリビアの国章 フレッシュアイペディアより)

  • 小笠原茉由

    小笠原茉由から見たアルパカアルパカ

    NMB48のオーディション当時からアルパカのぬいぐるみである「アルパ子」と一緒にいる。小笠原茉由 フレッシュアイペディアより)

  • 毛織物

    毛織物から見たアルパカアルパカ

    一般には羊の毛である「ウール」が知られているが、アンゴラヤギの「モヘヤ」、カシミアヤギの「カシミア」、ラクダの「キャメル」、アルパカの「アルパカ」などが知られている。毛織物 フレッシュアイペディアより)

  • 草泥馬

    草泥馬から見たアルパカアルパカ

    「草泥馬」はシマウマやアルパカの姿で表現され、2009年の初め頃から動画サイトなどに投稿され始めた。「草泥馬」は英語のfuck your motherに同じ意味の中国語の卑語「、cào nǐ mā、??? ??ˇ ??-」に類似する音(同音で声調違い)の漢字を当てて動物の名前のようにしたものである。草泥馬 フレッシュアイペディアより)

  • エボ・モラレス

    エボ・モラレスから見たアルパカアルパカ

    ノーネクタイの服装を貫くことを公言しており、実際に自身の大統領就任式(冒頭の写真参照)や外国訪問の際にも、トレードマークとなったアルパカのセーター(左上の写真参照)や革ジャンパーなどの服装が多く、ネクタイは着用しない。エボ・モラレス フレッシュアイペディアより)

  • 東武動物公園

    東武動物公園から見たアルパカアルパカ

    ウサギ、モルモット、ワオキツネザル、ビルマニシキヘビ、ネパールワシミミズク、アカカンガルー、パルマワラビー、ヤギ、コリデール、サフォーク、ポニー、アルパカ、アルダブラゾウガメ等東武動物公園 フレッシュアイペディアより)

  • ラパス

    ラパスから見たアルパカアルパカ

    市の中心部のやや北側にある聖フランシスコ教会(Iglesia de San Francisco)とそこから坂を上ってゆくサガルナガ通り('''')が観光の中心になっており、アルパカや羊の毛で作ったセーター、タペストリーのような民芸品、銀製品、ケーナやチャランゴなどの民族楽器などを売る店が多く集まっている。ラパス フレッシュアイペディアより)

  • 先コロンブス期

    先コロンブス期から見たアルパカアルパカ

    世界の他の地域(アジア、アフリカ、ヨーロッパ)ほど広く広まってはいないが、アメリカ・インディアンも家畜を飼った。北米で犬は運搬用に活用された。また七面鳥も飼われた。メキシコや中央アメリカではインディアンがシカを飼い馴らし、食肉にしたり、ミルクを取った可能性もある。アンデスの社会では荷物運搬などとともに食肉やミルクのためにリャマやアルパカを飼った。アンデス山脈では食用にモルモットが育てられた。メキシコ、中央アメリカおよび南アメリカの北部ではイグアナも食用にされた。先コロンブス期 フレッシュアイペディアより)

  • テディベア

    テディベアから見たアルパカアルパカ

    素材は手触りや質感を大きく左右するので、さまざまなものが使用されている。毛並みを再現するために、天然素材のモヘヤ、アルパカを使った本物指向や、フェイクファーやアクリルボアなど化学繊維を使用したものがある。また、タオルのような質感のパイル生地を使用したものなどがある。テディベア フレッシュアイペディアより)

  • セ・パ交流戦

    セ・パ交流戦から見たアルパカアルパカ

    2012年より、大会公式キャラクターとしてアルパカをモチーフにした「セカパカくん」が登場。野球が大好きな2人組で両リーグの連盟旗の色(セ・リーグは緑、パ・リーグは青)のユニフォームを着ており、セ・リーグの緑が「セカくん」、パ・リーグの青が「パカくん」である。セ・パ交流戦 フレッシュアイペディアより)

63件中 31 - 40件表示

「アルパカ」のニューストピックワード